DSC01360_20140215.jpg

[CC110] カスタマイズパーツ到着…弁当キャリア、ブレーキペダルカバー

【この記事の所要時間: 240秒】

昨日届いていたクロスカブ用のカスタマイズパーツ二つ。
それぞれ別の発送者だが昨日早い時間帯に配達されていたものだろう。

 

弁当キャリア

アウトスタンディングモーターサイクル [AA04/JA10] スーパーカブ50・110専用弁当キャリア(1)

カブのレッグシールドとシートの間、センターカバーを跨ぐように装着するキャリアだ。

同様のキャリアとしては他にも、ベトナムキャリア(通称「ベトキャリ」(2)タイプ1タイプ2バンクキャリア(3) 等が有るが、荷物置きとして最も使い易そうでシンプルなこの「弁当キャリア」を選んだ。

荷物を置く面のサイズは横250×縦210mm(最大)。
横幅がやや広いため乗車時には足の接触が気になるが、実際に使っている人達によるとさほど邪魔にはならず、むしろ足の内側で挟み込むことにより姿勢が安定するという効果も有る様子。

遠出する際に、工具や雨具(レインウェア、レイングローブ)、必要であればガソリン携行缶を置くのに使う予定。
リアキャリアには大きな箱(65L)を載せるが、これらの濡れたり汚れたりし易い物は分けて置きたいし、箱に入れなければその分収納スペースに余裕が出来る。

余り良くないと言われているメッキや溶接、バリの存在については、ざっと見た感じでは特に問題無し。
棒材や板材も太く厚くしっかりしている。

取り付けはレッグシールドを固定しているボルトに共締めするため、電装周りのカスタマイズが完了した後になる。

 

ブレーキペダルカバー

クロスカブのリアブレーキペダルは従来のカブに比べてやや大きいらしく、このブレーキペダルカバーも結論から書くと『装着不可』でした。
ペダル側かカバー側を数mm削れば装着出来ますが、ひとまず保留しています。

キジマ スクエアー・ブレーキペダルカバー(213-149)(4)

クロスカブのリアブレーキは一般的なバイク同様にペダル型。
以前、店頭で実車を見た際に、踏む面が少々狭い上に突起が少なく滑り易いかな?という印象が有り。
実際に跨がって操作した(踏んだ)時も、ライディングブーツを履いていたが靴底が濡れていると滑りそうな感触だった。

更に、上述の弁当キャリアを装着すると足先がやや開きそうなので、ブレーキペダルの接触面を拡張し更に滑りにくくするためのカバーを装着することにした。

アルミ合金製で靴底が接する面には深い突起が付いたゴムが貼られている。
サイズは横70×縦53mm(最大)。
スクエアーといっても角は丸くて各辺も面取りがされているので、靴が滑っても傷付きにくい。

カブ用のブレーキペダルカバーは他にも色々出ているが、デザインや工作精度、靴への傷避けなどからコレを選んだ。
他社の製品は安価だけど造りが今一つなことと、角が尖っていて靴に傷がつきそうだったので…。


納車前にしてカスタマイズパーツばかり色々集まってきた。

  1. クロスカブにも装着可。 []
  2. 実は、弁当キャリア⇒ベントウキャリア⇒ベトキャリ…だと勘違いしていた(苦笑 []
  3. 銀行員が手提げバッグを置くのに使ったのが名前の由来? []
  4. ラベルに記されている価格は定価だが実売は二千円台半ば。 []