DSC01660_20140710.jpg

ANKER 40W/5ポート USB急速充電器 購入

【この記事の所要時間: 259秒】

Thunderbolt Displayが挙動不審に陥った際にいろいろ調べてみたところ、ディスプレイ背面のUSBポートを使っていると発症し易い…という報告を幾つか見掛けました。
(via;[Mac] Thunderbolt DisplayのUSB給電能力はどれくらい?
(via;[Mac] Thunderbolt Display … 突然の故障

繋いでいる機器や使用状況など傾向や因果関係がハッキリしないので、背面USBポートの使用が必ずしも良く無いとは言い切れませんが、不安要因になるとしたら出来るだけ回避するのが吉。

それまで繋いでいたApple Super Drive、iPhone 5s、iPad mini(初代)のうち、データ転送が必要なSuper Driveだけを残し、iPhone 5sとiPad mini(初代)は電力供給のみなのでAC⇒USBアダプタ(充電器)を使う事にしました。

 

USB充電器

そのAC⇒USBアダプタ(充電器)として選んだのが”ANKER 40W/5ポート USB急速充電器”です。

名称の通り、5つのUSBポートを持ち、合計で最大40Wの出力が可能。
各ポート当たりの出力電流は2.4Aでポート全体の最大出力電流は8A。

充電時に必要な最大電流は、iPhone 5sが最大1.1A・Pad mini(初代)が最大2.1Aなので両方同時もOK。
更にiPad mini Retina(最大2.1A)とモバイルWi-Fiルータ(最大2A)を合わせても許容範囲内に収まります。

かなり評判が高く以前から興味がありましたので、今回需要が出来て迷うこと無く即購入しました。

 

内容物

本体(91×58×26mm)、ACケーブル(2Pメガネコネクタ)、その他説明書類。
写真では少々黄色っぽい色合いになってしまいましたが、実際は艶有りの純白です。

ACケーブルは持ち回りを配慮してか、ベルクロ(マジックテープ)製のケーブル留めとACプラグカバーが付属しています。

 

PowerIQ

この製品の特長が”POWER IQ”テクノロジーの搭載。

USBポートの上に記されている”PowerIQ”のロゴ。

PowerIQテクノロジーとは…
ポートに接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送ります。PowerIQを搭載したAnkerのモバイルバッテリーや充電器をお使いいただければ、どんなUSB充電機器をお使いの場合でも、迷うことなくフルスピード充電が可能になります。
【ANKER|PowerIQ】

複数ポートを持つ高出力対応のUSB充電器は数多有りますが、iPadの充電が可能な高出力ポートは数や位置が限られていて、予め区別して繋ぐ必要が有ります。
また、高電流を必要としない機器を高出力ポートに繋いでも無駄になります。

その点、PowerIQ対応充電器はどのポートに繋いでも最適な電流で給電してくれるため、 ポートを選ぶ手間や無駄がありません。

 

サイズ、デザイン、使い勝手…いずれも満足。
職場用にも追加で欲しくなってきました。