DSC01693_20140717.jpg

[iPad] iPad miniをアームスタンドで空中設置

【この記事の所要時間: 50秒】

ロケフリ視聴やミュージックプレーヤーとして常用している初代iPad mini…普段は保護ケースの簡易スタンドを使って机の上に置いています。
比較的フットプリントが狭いiPad miniとはいえ、やはり場所を取りますし、なによりも正対した目線よりもやや高い位置にあるThunderbolt Displayとの間で視線が行き来するのは結構疲れますね。
もう少し高い位置に置きたい、出来ればThunderbolt Displayの横並びにしたい…。

というわけで、iPad miniに対応したフレキシブルアームスタンドを購入しました。

 

フレキシブルアームスタンド

サンワサプライ iPad・タブレットPCアームスタンド(100-MR060)

 

クランプ

横に有るのは、サイズ比較用の単三乾電池。

金属製の頑丈な造りなのでカッチリ固定出来そうです。
厚さ15~60mm、奥行き約45mm以上の天板や柱に装着可能。
設置部分が比較的小型のため、場所を占め難いのが良いですね。
挟み込む際に接する面にはそれぞれ滑り止めが貼られていて、接触面の傷つきとズレを防いでいます。

 

フレキシブルアーム

こちらも金属製で、長さ450mm、太さΦ17mm。
曲げる際には少々力が要りますが(1) 、無理なく位置合わせ出来て操作時には容易に曲がらない、ちょうど良い感じの硬さです。

曲がる範囲は結構狭くて、全体の中央寄り1/2程度でしょうか。
もしかすると、これが曲げにくいと言われる理由かもしれません。
最小曲げ半径は上の写真程度です。

 

ホルダー

DSC01696 20140717

アームとの接続は、アーム先端のベースに有る四つの爪を引っ掛けることで固定しますが、ホルダーとベース(爪も)は全て樹脂製のため強度への過信は禁物。

タブレットを上下四ヶ所の突起で挟み、ホルダー後部のレバーを押し下げて保持します。
ホルダーの前面や突起の内側などタブレットに接する箇所にはクッション素材の保護シートが貼られていて、傷防止と滑り止めになっています。

保持用突起の左右間隔は上110mm/下150mmに固定ですが、上下間隔は105~200mmで調整出来、7~10.1インチサイズのタブレットに対応しています。
また、タブレットの厚さも最大で23mmまで対応していますので、カバーやケースを装着した状態でもほぼ大丈夫でしょう。

今回この製品を選んだ理由がこの広範囲な厚さ対応です。
iPad miniには保護ケース(Otterbox Defender for iPad mini)を装着し厚さが16mmほどになっていますが、他の製品ではそこまでの厚さに対応出来る物は見当たりませんでした。
(via;[iPad] iPad mini用保護ケース Otterbox Defender for iPad mini

DSC01699 20140717

全く問題無し、というよりもジャストフィットといった感じで保持出来ました。

保護ケース込みで500gを超えている重量の点でも、最大1.5kgまでの荷重に耐えられるとのことですので問題無しです。

 

注意

この保持用の突起は前後(手前⇔奥)に可動しますが、その場合の固定は樹脂同士の引っ掛かりだけに頼っていますので、タブレットが下を向くように設置した場合は重さで外れて落下する恐れがあり、上もしくは前に向けて使用するように注記されています。

また 上下の突起のみで保持するため斜めに傾けたり縦にした状態での使用は不可で、画面は横向き限定です。

 

装着と設置

フレキシブルアーム単体で大まかな形状合わせ(曲げ)をおこなった後、クランプで固定します。
アームを固定したら、iPad miniを装着したホルダーを取り付けます。
アームを曲げる際には、ホルダーを持って動かすと外れて落下したり破損する恐れも有るため、必ずアームを持っておこなうよう指示されています。

 

出来上がり

DSC01703 20140717

Before:一枚目 ⇒ After:二枚目 … ちょっと(いや、かなり?)ゴチャゴチャしてますね〜。
写真(室内)が薄暗いのは単に好み…普段から机上のデスクランプのみ灯しています。(2)

上にも書きましたが、フレキシブルアームの曲がる範囲が思ったよりも狭くて最小半径も大きいため、取り回しには少々苦労しましたが、なんとか考えていた通りの配置に出来ました。

写真では、まだ少し低い位置に感じられますが、実際に椅子に座って作業をしていると程良い感じの高さになりました。
机の上も広くなりましたが、タップ操作(特にキーボード入力)をする場合は前の(机上に置いた)状態の方が使い易かったですね。

 

Lightningケーブル

iPad mini&ケースとフレキシブルアームが共に黒なので、Lightningケーブルも黒にすれば目立ちにくい。
あいにく、手持ちには黒色のLightningケーブルが無かったため併せて購入しました。

DSC01701 20140717

オウルテック ストロング lightning ケーブル

AppleのMFI認証取得で2.4Aの高出力対応、ナイロンメッシュ被覆で高耐久性…ということで選びました。
安売りケーブルに比べると確かにしっかりしていて、且つ、取り回しが良いですね。

 

 

  1. 購入者レビューでは女性や力の弱い人は厳しいかも…というコメント有り。 []
  2. 二枚目の写真は天井灯を弱く点けたので少しだけ明るいですが。 []
  • 残念なお知らせなのですが、reeder2で全文表示ができなくなっています。
    テンプレ構成のせいでしょうか…

    ではでは!

    • こんにちは♪ 

      返信が遅くなりました。

      テーマを変えた際に表示系のテンプレートに少し手を加えましたが、その際にRSS出力部分にも影響してしまったようです。
      意図していなかったため問題箇所を突き止めるのに時間が掛かってしまいました。
      今は復旧出来ていると思います。