JOL

初渡航 … 立ち消え(笑)

【この記事の所要時間: 155秒】

さて、初渡航で初海外出張の話が急に舞い込んで、この数日はパスポート取得の準備や海外行きを想定した様々な旅行小物の準備などバタバタしていたわけだけど…今日、これまた急に立ち消えになった。
(via;[moblog] 初渡航は…かの国!?
(via;初渡航確定 … やはり、かの国
(via;旅行小物いろいろ新調

 

立ち消えのワケ

コスト削減のため、という単純かつ今の御時世では当たり前な理由。
最初は許可が出ていたのだが、週明けに急変したらしい。

そんなわけで二人で行く予定が一人だけになり、海外出張経験が無い自分が除外されることになったという次第。
もう一人は中国は初めてだけど欧米や東南アジアなど海外出張の経験が豊富で、英語にも不自由しない。
更に今回は通訳として現地駐在員(日本人)が終始同行するので言葉の心配は無い。
元々「その人+1名」みたいな扱いだったし。

また、予定が早まって、自分のパスポート取得が間に合わない可能性が高い…というのも除外の一因になった…とも聞いたけど、それはどうだろね。

 

準備の始末は?

そんなわけでパスポート取得関係は全て白紙化。
この機会に作っておけば?という話もあったけれど、取得に掛かる費用や申請と受け取りの際の出張扱いは海外出張が有ってこそ。
海外出張が無いのにパスポートを作ると、掛かる費用や時間は全て自腹になる。
この先、プライベートで使う可能性が無いものに自腹を切って金や時間を費やすなんて無駄なことはしたくない。

新調した小物類のうちパスポートカバーだけは他に使い途が無いけれど、その他の物は国内出張や旅行、普段使いに活かせるので無駄にならない。
パスポートカバー…ふと試してみたら「おくすり手帳」のカバーに良さそう。

 

そんなこんなで

結果オーライ。

今回の海外出張(というか渡航そのもの)に対する愚痴はもっぱらツイッターやブログにしか書いていないので、職場では「行けなくて残念だったね」的に思われている様子。
自分も表向きはそんな感じで接している。


但し、今後も極力ネットワークミーティングで進めることを主張していくつもり。
ネットワークミーティングでは埒があかない…ってことになってから直接会うことを考えれば良いと思う。
なんでもかんでも最初から膝詰め談判という考えは改めていきたい。