DSC02301_20141208.jpg

Bluetoothヘッドセット購入 … Jabra STORM

【この記事の所要時間: 74秒】

職場では各自のパソコンを使って電話(内外線)や会議(音声、映像、ファイル/デスクトップ共有)を行っています。
会話にはヘッドセットが必要なためシステム導入と併せてヘッドセットも支給されましたが…幾つかの理由から自分的には今一つ使い難い。
・理由1…オーバーヘッドなので装着の手間が掛かるし重い。
・理由2…オンイヤーなので長時間使っていると耳が暑くなる。(1) 
・理由3…有線接続(USB)なのでケーブルが邪魔。

そんなわけで早々にBluetoothヘッドセット(片耳装着)を自腹購入して使っていましたが…いつの頃からか相手からの音声が濁る(うがいをしながら喋っているようなゴボゴボ音になる)ようになってしまいました。 
会話が出来ないと仕事にならないので、やむを得ず支給品を使っていたものの…やっぱり不便。
思い切って、ヘッドセットを新調しました。

 

 

Jabra STORM

Jabra STORM … もちろんBluetooth接続の片耳装着タイプです。
ちなみに、スペックについては公式サイトの製品情報(上のリンク先)よりもAmazonの製品紹介のほうが遙かに詳しくて分かり易いです。 

 

DSC02304 20141208

やや長めのマイクブームが一体型になったスタイル。
スピーカー部分とイヤージェル(オレンジ色のパーツ)を各々回転することで、左右どちらの耳にも装着出来ます。(2) 

 

耳の後ろに当たる部分には操作系やポート類が有ります。
写真左から、充電用microUSBポート、スピーカー音量調整/マイクミュート、Bluetooth状態インジケーター 、電源スイッチ、バッテリー状態インジケーター。
写真には写っていませんが、マイクブームの先端には応答/終了ボタンが有り、応答/終了の他に着信拒否やリダイアル、音声ダイアルの有効/無効などの操作が出来ます。
尚、microUSBポートはカバーの開き具合が小さいため、余り大きなコネクタだと上手く挿せない場合が有ります。

 

内容物。
充電用USB-microUSBケーブル、交換用イヤージェル、 ウィンドソック。
ウィンドソックはマイクブームの先端に嵌めることで風切り音を軽減します。

 

使用感

Jabraの片耳装着ヘッドセットは有線(4極プラグ、USB)/無線(Bluetooth)合わせて5〜6機種を使ってきて、いずれも装着感に満足していましたが…このSTORMは正直言って今一つですね。
外耳に合わせるとスピーカーが浮き上がります。
ずり落ちたり外れる感じはありませんが…安定感は余り有りません。
ただ、軽い(約7.9g)おかげで長時間装着していても殆ど気にならないです。 

肝心の音質は…スピーカーの位置が耳孔からやや浮き上がっているものの相手からの音声はかなり明瞭に聞こえます。
また、こちらからの音声も良く通っているようで、iPhoneのSiriも場合によってはiPhone本体のマイクより良く認識してくれます。

最大通話時間:10時間/最大音楽再生時間:10時間とかなり長いのも嬉しいところ。
会議中のバッテリー切れは避けたいですから。

 

アプリケーション

JabraAssist(iOS)

ヘッドセットとデバイスとの接続、ヘッドセットの現在地探索、等の機能が有ります。
現在地探索ではヘッドセットを「最後に使った場所」が地図上に表示され、ヘッドセットからアラーム音を鳴らすことも出来ます。
但し…現在地についてはかなり怪しい印象ですね。
たとえば上の画像で表示されているエリア名と地図を開いた際に示される場所は自宅。
デバイス(iPhone5s)はココ(自宅)に有りますが、ヘッドセットは職場に置いていて最後に使ったのも職場です。 

 

Jabra ASSIST
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

 

 

Jawbone ICON

DSC02308 20141208

Jawbone ICON (ブラックドミノ)… 今まで使っていたBluetoothヘッドセットです。
耳孔と外耳内側に引っ掛けて装着するタイプで、一見不安定に見えますが意外とキッチリ装着出来ます。 

相手からの音声は独自のノイズキャンセリング機能もあって明瞭、こちらからの音声もマイクが口元から遠く離れているにも関わらず良く通っているようです。
冒頭に挙げたノイズ問題さえ無ければ非常にお気に入りなのですが…。

と、諦めていたのですが…試しにiPhone5sとペアリングし直して使ってみると全く問題無し。
結構長時間、ラジオや音楽を聴いてみても音声が乱れることなんて皆無で、Siriも良好な認識状態。
もしかして、不調は濡れ衣? 

再度、社給PCとペアリングし直してみるも…こちらでは暫くすると濁り声。
ということは、Bluetooth-USBアダプタが原因? 

 

 

Bluetooth-USBアダプタ

DSC02309 20141208

planex BT-Micro4 … 他に持っていなかったため急遽買い求めたアダプタです。

早速、社給PCに装着しているアダプタをハード/ソフト共にアンインストールして、この新しいアダプタをセットアップしました。
前のヘッドセット (Jawbone ICON)をペアリングし直して試してみたところ…おぉ!相手からの音が濁らない。
ということはアダプタの不調…ヘッドセットにはとんだ濡れ衣でした。
記事冒頭の新調したヘッドセット(Jabra STORM)の使用はこの新アダプタに交換した後です。

 

新調したヘッドセット(左)、前ヘッドセット(中)、Bluetooth-USBアダプタ(右)のサイズ比較。

前ヘッドセットは不調無しと分かったので、iPhone5sと組み合わせて自宅で使うことにしました。
VX-8D(ハンディトランシーバー)とも組み合わせてラジオを聴く際に使うのも良いかも。
(via;Bluetoothインイヤーホン購入 … Jabra ROX Wireless
(via;鉄道無線受信用アンテナ購入 … SRH150PRO

 

 

ハンドセット

DSC01146 20141209

NATIVE UNION POP PHONE The ‘Retro’ handset(ブラック)

会議や長引きそうな電話の場合はヘッドセットが当然楽ですが、それほど長引かない電話や掛かってきた電話に出る場合は昔ながらの受話器が楽。
やはり長年使われてきた形状には意味があるわけですね。

掛かってきた電話にはハンドセットで取り、長引きそうだったりパソコン操作等で手を空ける必要がありそうな場合にはヘッドセットに切り替えています。 

このヘッドセットにはBluetoothモデルもありますが、バッテリーの持ちや電源ON/OFFの手間があるため敢えて有線タイプを使っています。

 

 

3極プラグ-USBアダプタ

DSC01150 20141209

サンワサプライ 400-ADUSB002

ハンドセットは携帯電話やスマホ用の4極プラグのため、USB変換アダプタを介して社給PCに接続しています。
このアダプタは小型軽量、送受話音声も明瞭です。

 

 

  1. 自分は対象外ですが、眼鏡を使っている人からは眼鏡のツルで耳が痛くなる…という不満も有り。 []
  2. 一枚目の写真は右耳用、二枚目の写真は左耳用。 []