DSC02525_20150412.jpg

[CC110] カスタマイズパーツ到着 … SP武川 強化ブレーキアーム関連

【この記事の所要時間: 247秒】

クロスカブのカスタマイズはほぼ完了…なんて書いておきながら、直後にはサイドスタンドをパワースタンドへ交換し、そして今度は前後ブレーキアームを強化タイプへ交換することに…。
(via;[CC110] 一周年♪
(via;[CC110] カスタマイズ … パワースタンドに交換

まぁ、いずれも「ほぼ完了宣言」をした際には未だ出ていなかったり存在を知らなかったものの、現物が入手出来れば「いずれ」換えたいと思っていたカスタマイズパーツなので、一応想定内ということですね。(言い訳)

 

 

ブレーキの強化思案

実際のところ、自分のペースでは飛ばして走る気にはならないのですが、幹線道路など流れの速い道ではどうしてもハイペースになってしまう場合も少なくありません。
そんな際に気になるのはやはりきっちり停まれるかどうか。
また、逆に渋滞などのローペースでは加減速の頻度が高いためブレーキのコントロール性が気になるところ。

クロスカブのブレーキは…実のところ不慣れもあって、そのいずれも満足点には達していません。
ダメというわけではないのですが、どうしても直前に乗っていたバイク(前後ディスクブレーキ)と比べてしまいます。

クロスカブが納車されてショップからの帰り道、ふと前のバイクと同じような感覚でブレーキングしたところ後輪がロック…。
それに懲りて今度は少し弱めにブレーキングしたら停まらない…もはや不慣れを通り越してヘタなのかも(苦笑
さすがに最近はありませんが。 

ブレーキアームを長い物に換えることで、レバー比が変わってノーマル(純正品)よりも軽い力でブレーキング出来る(つまり効きが良くなる) 、レバーを引く距離(作動角度)が増すためコントロールの幅が広がる…といった効果が期待出来るとか。(1) 

自分が感じている不満点(不安点)が多少でも改善するのなら、と考えて交換することにしました。 

 

 

強化ブレーキアームと関連小物

というわけで、注文しておいた強化ブレーキアームとその関連小物が届きました。

上段左:SP武川 アルミ鍛造強化フロントブレーキアームキット(No.06-08-0076)
上段右:SP武川 アルミ鍛造強化リアブレーキアームキット(No.06-08-0077)
下段左:SP武川 ステンレス製ブレーキアームジョイント(No.06-08-0059)×2個
下段右:SP武川 3Pブレーキアジャストナット(No.06-08-0043)×2個

最初はブレーキアームだけの交換で良いかな…と考えていたのですが、情報収集していると「純正のブレーキアームジョイントは仕上げが粗いのでブレーキアームを削る」というコメントを見かけて、仕上げの良いSP武川製へ交換することにしました。
それならアジャストナットも、仕上げが良くて回しやすい3Pにしよう…と、同じくSP武川製を選択。
全体がシルバーなので、この部分だけちょっと色を変えてガンメタにしました。 

フロントはノーマルに比べて27mm延長し30%軽量化、リアは10mm延長し60%軽量化。 

 

 

今度の休日にでも交換することにしましょう。

交換そのものはさほど難しい作業ではありませんが、直接安全に関わる部分なので、危険の少ない所での試走と確認が必要ですね。

  1. ディスクブレーキのようなコントロール性、というユーザーインプレも有りました。 []