P9120094_20150912.jpg

[CC110] 今週もカブ散歩(横浜の高尾山)

【この記事の所要時間: 312秒】

長くて鬱陶しい秋雨や大迷惑な台風が一段落して、この週末は好天気。
今日も朝早くは少々薄曇りでしたが、だんだんと晴れ間が広がって爽やかな秋空になりました。
こんな日はクロスカブで散歩してこよう…と近場を走ってきました。

先週は所用メインでしたので、今日は特に目的を定めずにノンビリ・ウロウロ…ガソリンの浪費?時間の無駄?…まぁいいじゃん(笑)。

 

 

実は二つほど目的がありました。

一つは、散歩の定番になっている宮ヶ瀬湖までのルート探索。
前のバイクでは国道16号⇒国道246の幹線道路を使ってサクッと行っていましたが、クロスカブでは余裕が無く走っていても楽しくありません。
なので、幹線道路を避けてノンビリ走れるルートを探そうと。

もう一つは、以前Googleマップを眺めていて見つけたとある場所「横浜の高尾山」を訪れること。
今回のルート探索からさほど遠くない場所なので寄ってみることにしました。 

ちなみに「横浜の高尾山」については、サーチエンジンで調べると由来や景色など様々な紹介サイトが有るようです。

 

 

飯綱神社

高尾山(横浜)にある神社。
東工大すずかけ台キャンパス敷地の南西辺りです。  

 

冒頭の写真にも写っていますが、道路脇にひっそりと佇む「飯綱神社(高尾さま)入口」の立て杭。
反対車線側に有ったこともあって余り目立たず、気付かずに一度通り過ぎてしまいました。

この矢印の方向を見ると…

軽四でも厳しいくらい幅が狭く、かなりの急傾斜。
クロスカブなら登れるかもしれませんが、手前の路肩に駐めて歩いて登ることにしました。
地図を見ると、登った先は神社の参道になっていて真っ直ぐ進むだけの様子です。

 

と、思うと…地主名で「立ち入り禁止」の札が下がった張り綱がしてありました。
残念。
直前に近所の人に尋ねた際には特に立ち入り禁止の話は聞かなかったんですけどね…。
他にルートもあるようですが、結構大回りになりそうなので今回は見送りました。

そんなわけで、高尾山頂も次回順延です。

 

 

雑感

暑い…。

天気が良いこともあって夏がぶり返したかのような陽射しの強さでした。
ちょっと停めて置いただけでシートはかなり熱くなり、その後乗っているとジワジワと熱さが…。
箱の中にはメッシュシートカバーを入れていたので出して装着すれば良かったのですが、いざ走っていると面倒で(苦笑
尚、服装はジーンズ、ポロシャツ、フルメッシュジャケットでちょうど良かったです。 

 

空腹感?渇水感?

走行中には空腹になることは殆どありません。
なのでプチツーでは自宅を出る前に食事を済ませたら帰宅するまで殆ど食べず、もう少し距離があるツーリングでも軽く昼食をとる程度です。
ましてや散歩程度では間食すら無いですね。
ただ、今日は暑いこともあって水分はこまめに補給していました。
ペットボトルのお茶をボトルホルダーに入れて置いて、長い信号待ちや路肩での小休止で飲む感じ。
ペットボトルを手にとってキャップを開け閉めするのが結構手間なので、背中に背負うようなハイドレーションシステムが欲しいかも。
(via;[CC110] カスタマイズ … ボトルケージ再装着

 

ノンビリ穏やかに

クロスカブに乗り換えてから常々思うのが、ノンビリ感が有り、周囲との距離感が縮まったな…ということ。
ふと気になる景色や場所、店を見掛けたら気軽に停められる(もちろん後方など周りに気をつけて)、道に迷ったり交差点で(気付くのが遅れて)曲がり損ねたりしてもリカバリが気になりません。

道に迷ったり何か知りたい時に気楽に周りの人に尋ねられるようにもなったかな。
前の大型バイクに比べるとクロスカブは威圧感が少ないためか相手の反応も違う気がします。
これは、路地裏などを走っている際の周りの歩行者が見せる反応でも感じますね。
ノーマルのカブなら更に違うのでしょうね。