P9270134_20150927.jpg

旅行小物 … スーツケース新調

【この記事の所要時間: 513秒】

さて、以前突然沸き上がって、これまた突然に立ち消えになった海外出張がいよいよ本決まりになりました。
(via;[moblog] 初渡航は…かの国!?
(via;初渡航確定 … やはり、かの国
(via;初渡航 … 立ち消え(笑)

 

その際に様々な旅行小物を買い揃えたわけですが、一番必要になスーツケースに関しては本決まりになってから買おう…と思っているうちに出張が立ち消えになり、結局買わず仕舞い。
今回海外出張が確定し今後は国内出張も増えそうですし、帰省用としても以前から欲しいと感じていた…というわけで思い切って新調することにしました。

選定条件は、まずは機内持ち込み可能なサイズ(1) …このサイズに収まれば新幹線の荷物棚にも置けますし、新幹線の場合は前席後ろと自席の間に置いておくことも出来ます…足元がかなり窮屈になりますが。

次の条件は四輪タイプで各車輪軸の向きが自由に回転すること。
四輪なら身体の横や前に置いて移動出来ますし、二輪タイプの様に身体の後ろに引いて運ぶ場合でも縦にすることで幅を抑えられ邪魔になり難いです。
反面、傾斜した場所や電車内などの揺れる場所では勝手に動く恐れがありますので車輪止め機能が欲しいところ。

他の条件は、ABSなど耐久性がある樹脂素材を使ったセミハードシェルタイプで、保証がしっかりしたメーカー(国内外問わず)の製品…というところでした。

 

そして選んだのが、コレです。

 

スーツケース(PROTECA MAXPASS H)

PROTECA(プロテカ…エースのブランド) MAXPASS H(02551)です。

サイズは高さ50×幅40×奥行き25cm(内寸:高さ46×幅38×奥行き23cm)で機内持ち込み可のサイズ、容量は40Lで概ね2〜3日程度の旅行向けです。
カラーはプライベートでも使えて好きな色でもあるネイビーを選びました。 

安心と信頼の日本製3年間の製品保証が有り、通常使用での破損に加えて航空会社による移動時の破損も無償修理の対象という点も大きな選択理由になりました。

ホイールは内容量確保を優先して小径のため荒れた路面や段差越えは少々不利な感じ。
転がり感は非常に滑らかで静かです。 
これでホイールストッパー(車輪止め)が有れば言うこと無しでしたが…。 

 

フロントポケット 

そして、これも大きな選択理由のフロントポケット。

スーツケースの難点は内容物の出し入れがし難いところ。
チケットや書類、文庫本、荷物チェックの際にはノートPCやタブレット、スマホなどスマートに出し入れしたい。
適当なバッグを別持ちすれば良いけれど、もしスーツケースだけに収めたいのなら…と考えていると、前面にポケットや内部へのアクセスが出来る蓋を設けたスーツケースも有ることを知りました。
その中で、このMAXPASS Hのフロントポケットが結構使い易そうに感じました。

内部にはA4クラスまでのノートPCが入るポケットが一つ、大小のオープンポケットが各一つ、ペン差しが二つあります。
尚、左右のマチはマジックテープで留められており、剥がすと完全に開くことが出来ます。
ちなみに、メインコンパートメントには繋がっておらず独立しており、比較的堅い隔壁で囲まれています。

 

ノートPCポケットにMacBookAir/11を、手前のポケットにKIndle Paperwhiteを入れた様子です。
それぞれハードカバーを装着していますが、無理なく収まります。
但し、ACアダプタやモバイルルーター、厚めのモバイルバッテリー等を一緒に入れるのは無理でした。

 

メインコンパートメント

P9270139 20150927

上側のコンパートメント。

三辺ファスナー(ダブル)で仕切られていて、向かって右側にフロントポケットの出っ張りがあります。

 

下側のコンパートメント

こちらは中央で左右に分かれるクロスの押さえベルトが有ります。
底部にはハンドルの出っ張りがありますね。

想定は2〜3日程度の旅行向けですが、男性ですし冬物衣類では無いので、4泊5日の今回の出張にも充分でしょう。

 

 

関連小物(ロック、ベルト)

ロック

メインコンパートメントのファスナーにはTSAロック(ナンバーロック式)が装備されていますが、フロントポケットにはロックがありません。
そのため、ワイヤータイプのTSAロック(ナンバーロック式)を購入しました。
行き先はアメリカでは無いのでTSAである必要はありませんが、値段の差が無いのでついでに…と。
色はスーツケースに合わせて青系統にしましたが…水色のように明るくて少々合わないかも。

出張先へは別持ちのショルダーバッグのみを持参し、スーツケースはホテルへ置いておきます。
貴重品(ノートPC含む)は必ず携行しますのでフロントポケット内には何も残さないつもりですが、一応年のためということで。 

 

ベルト

別持ちのショルダーバッグは薄い物なので中に適当な荷物を入れてスーツケースの中に入れる予定です。
また、土産物(双方向)も極力嵩張らない物を選んでスーツケースの中に…。
荷物の複数持ちは余りしたくないんですよね。
とはいえ、どうしても収まりきらない場合はスーツケースの外へ出さざるを得ないわけで、そんな時にスーツケースの上に固定出来る様に…とバッグ留め用のベルトを購入しました。
長さの調節が可能なベルトの両端に丈夫なゴムループがあり、それをハンドルに通して荷物を固定します。 

 

 

  1. 高さ55cm以内・幅40cm以内・奥行き25cm以内で三編の和が115cm以内、中身込みの総重量は10kg以内 ※国際線もしくは国内線100席以上の座席数の場合。 []