P7300921_120160730.jpg

[CC110] 久しぶりの再会♪

【この記事の所要時間: 153秒】

今日から夏休み♪
というわけで、恒例の帰省で今日実家へ帰着。

ちなみにウチの会社では固定した休暇ではなく、八月中の任意の 五日間を休むという仕組みのため、殆どの人は前後の土日を繋げて九連休にしている。(1) 
一昨年までは休暇を取れる期間が九月末まであったため、 九月の連休と組み合わせて取ることも出来た。
個人的には九月のほうが季節的に良いので、今の仕組み(八月末までに短縮)は非常に残念だったりする。

 

それはさておき、五月に実家宛へ陸送したクロスカブと久しぶりに再会した。
(via;[CC110] しばしの別れ

 

P7300923 120160730

まずは外観チェック。
実家ではガレージに格納し、別送しておいたバイクカバーを被せておいてくれたので、若干埃が付着しているのを除けば特に気になる箇所は見当たらず。
傷なども自分で転倒した際に付いたもののみ。

続けて始動チェック。
キーON、セル一発で始動。
これまた全く問題無し。
最後に乗ってから陸送で発送時に始動チェックするまで八ヶ月ほど、実家に届いてから二ヶ月ほど…計十ヶ月ほど放置していたにも関わらず。
これにはバイク乗りだった父親も感心していた。

これで終わるつもりだったけど…いざエンジンを掛けてしまうと、どうしても動かしたくなっちゃうんだよね。
でも、免許証とヘルメットは自室だから取りに戻るのはちょっと面倒だし、Tシャツ&短パンでサンダル履きの超軽装だし。
これでは軽く一走りとはいかず、とりあえず私有地内を10mほど数往復したのみ。
シフトもブレーキも全く異常なく、シフトインジケーターもOK。 
シフトの入りがアップ/ダウンとも快調なのも一安心。

 

今回の陸送では、リアボックスに大量の物を詰め込んでいたため、車重がかなり重くなった。

入れていた物たち。
左下の工具一式、右上の多関節ロック(×2)、右下の多関節ロック(KITACO HD-4)が大重量増の正体。

これらを取り出すとかなり軽さを実感したものの、まだリアボックス自体の重さを感じるかな。
また、跨がるとやはり窮屈感が有る。
明日予定しているミディシート&ミディシート専用キャリアへの交換(それに伴ってリアボックスは撤去)で、この辺りの改善を期待している。 

 

  1. 中には土日を挟んで…という変則的な取り方も。 []