P1061272-original_120170106.jpg

[CC110] メンテナンス

【この記事の所要時間: 228秒】

クロスカブは実家置きにしているため乗れる・弄れるのは帰省した時のみ。
この年末・年始帰省では昨年大晦日に買い物ついでに軽くカブ散歩へ出掛け、そして今日も同じく買い物ついでに軽くカブ散歩をして、おしまい。
次に乗るのは多分G.W.休暇になるため、今回の乗り納めとして掃除と注油をした。

 

 

 

 

 

メンテナンス

今回は余り乗っていないので、全体的な掃除とチェーンや稼動部分の注油という軽メンテナンス。
カバーなど樹脂部分はさほど汚れていなかったので埃払いの乾拭きのみ。 

 

 

アルマガード

アルミリム(アルマイト処理)やフォーク、前後ハブ、などアルミ素材の清掃・保護・艶出しに効果があるという「アルマガード」を試してみた。
適量をスポンジ等に取り、軽く拭くだけで、汚れが綺麗に落ちて(元々大して汚れてはいなかったけれども)艶が出てくる。
塗布しておくと汚れが付着し難く、付着しても落ち易くなり、また日焼けや錆に対する保護にもなるというので期待している。
尚、不快な匂いは無く、甘いジュースのような薄い香りがある。 

ネットで知り、昨年末に実家近くのバイクショップやカーショップ、ホームセンターなどを巡ってみたものの見当たらず(そもそも取り扱いが無い)、急遽通販で発注したものの年末年始休業で発送は1/5以降。
間に合わなければ次の帰省時に使えばいいや…と思っていたら、早くも今朝届いた。 

 

ピカピカになったアルミリム、フォーク、ハブ。

 

 

チェーン注油

カブ系はカバーで覆われているためチェーンの油切れや汚れ付着がし難いが、乗らない期間が割と長いので軽く注油(チェーンルブ)しておく。
若干伸びが気になってきたので(オリジナルのチェーンは伸び易いらしい)、次の帰省時には交換しよう。

 

 

携行工具セット

以前のカブには結構充実した携行工具セットが付属していたらしいけれども…クロスカブに付属している工具はドライバー一本だけという寂しさ。
なので、自前で容易したのがこのセット。 
旧カブ(年式不明)のケースに、これまた旧カブ(年式不明)の付属工具をベースにしたセットを携行している。

 

 

 

軽メンテナンス完了…隅々までピッカピカ♪ 

 

 

グローブ

愛用のグローブ(グリップスワニー ライディングモデル G-2)。

夏も冬もコレひとつ。
大型(自動二輪)教習から使い始め、時にはアウトドア作業にも使っているため随分草臥れてきた。
でも、革の破れや縫糸の解れは全くなく、見た目に反してしなやかで装着具合が実に良い。
これからも長い付き合いになるだろう。