P5201358_120170520.jpg

電脳小物 … マグネットケーブル(磁力吸着式ケーブル)購入

【この記事の所要時間: 457秒】

先日のこと、いつものように就寝中に充電しておいたiPad mini 4を通勤バッグに入れようとして何気に持ち上げたら、充電ケーブルが繋がったままだったため引っ張られて危うく落としてしまうところだった。
他にもケーブルを引っ掛けてしまうことも度々有り。

ケーブルを引っ掛ける件はMacBookAir/11でも稀にやらかすが、こちらはプラグ(MagSafe、MagSafe2)が磁力吸着式のため簡単に外れて事無きを得た。
Lightningケーブルにもサードパーティから磁力で吸着する製品が出ているので、不意の落下防止のため購入してみた。 
併せて、モバイルルーターやKindle Paperwhite用にmicroUSBタイプも購入。

機器のコネクタ保護のために使っている人も多いようだ。

 

 

Zinx マグネットケーブル(Lightning用2本、microUSB用2本)

マグネットケーブルは様々な(そして大半は知らない)メーカーから結構出ているが、OEMだろうか同じ物も多い。
その中からユーザー評価が高く、LightningとmicroUSBでケーブルを共有出来る本製品を選択。
尚、ユーザー評価は優劣だけではなく全体数の多さも重要…幾ら良くても数が余りにも少ないと判断し難い。

 

 

Lightning用

ケーブルと子端子(機器に装着するプラグ)。
子端子と吸着する磁力は結構強力で、この写真の距離が離して置ける最短。
プラグ根元(ケーブル側)の白い部分を除くとほぼ金属製でシッカリ作られている。 

 

吸着部分の端子は凹凸両方とも金メッキ。
サイズは、子端子側が幅10×高4×奥行2mm、プラグ側は外周が+1mmほど大きい。
対象機器にカバーやバンパーを装着している場合は、周囲に幅12×高6mmほどの余裕が必要。

 

 

装着(iPhone5S、iPad mini 4⇒AirPods)

iPhone5Sに装着。

結構突出するがメタルバンパーに囲まれているためさほど気にならず、Lightning側を下にして立てることも出来る。
 

マグネットケーブルに通電するとプラグ(片面)に内蔵されたLEDが緑色に点灯する。

 

機器に接続して充電が始まるとLEDが青色点灯する。
ちなみに、他の製品ではプラグと子端子の接続向きが固定(一方が逆だと充電不可)な物が有るが、本製品はどちらの向きで装着してもOKだった。(1) 
プラグを抜く際には多少傾けるようにすると外しやすいが、真っ直ぐ引き抜いても子端子が引かれて抜け出てくることは無い。 

 

続いてiPad mini 4に装着。

カバーを装着しているが縁が曲面になっていることもあって出っ張りがかなり気になる。

 

まぁ、出っ張りを気にする以前に充電出来なかったわけだが…。
本製品を含めて調べた限りではサードパーティ製マグネットケーブルは流せる電流量が最大1A。
一応、仕様ではiPad AirとiPad miniも対応機種に入ってはいたが、使えたらラッキー程度に考えておいたほうが良いだろう。
仕方が無いので従来通り純正Lightningケーブルを使う事にして、持ち上げる際には充分気をつけよう。

 

というわけで、iPad mini 4に使う予定だった子端子はAirPodsへ転用。

出っ張りが気にならないといえば嘘になるが、厚みのあるシリコンケースなので多少は目立たなくなるかな。
ただ、立てて置けなくなってしまったのが残念。
(via;[Mac/iPad/iPhone] AirPods到着♪

  

 

microUSB用

子端子とプラグ部分のサイズはLightning用と同じ。
ケーブルは共有可能。

 

 

装着(WX03、Kindle Paperwhite)

WiMAX2+モバイルルーター NEC/WX03

子端子の縁が出っ張るというよりもmicroUSBプラグが奥まで入りきっていない感じ。
とりあえず給電は出来ているようなので問題無いだろう。
出っ張りは装着しているボディケース多少は補えるかな。

 

そしてKindle Paperwhite 32GBモデル。

こちらもmicroUSBプラグが奥まで差し込めていない。
ケーブルの商品説明には、固い場合があるのでしっかり奥まで差し込むように…との記載があるが、無理をすると機器側のコネクタを壊しそうで思い切れない。 

 

 

共通点

ケーブルはシルクっぽい光沢の編糸で被覆されていて結構しなやか。
長さは約1m。 

 

Lightning用の説明でも書いたが、子端子に繋ぐプラグの片面にはLEDが内蔵されていて、通電時と充電完了時は緑色/充電中は青色に点灯する。

 

 

片手で機器を持って充電ケーブルも外せるのはかなり便利。
もちろん、繋がっていることを忘れて機器を持ち上げてもあっさり外れるので、引っ張られて落下させる恐れも無し。
iPad mini 4で使えなかったのはつくづく残念。 

ケーブルと子端子がバラ売りされていると良いかな。
ケーブル4本のうち、2本は自宅用、1本は職場用、残る1本は帰省などで持ち回っているセット(MBA/11を含めた手持ちモバイル機器全てに対応した給電・充電・通信小物をまとめている)に入れておこう。 

 

 

 

 

 

  1. microUSB用ではデータ通信を行う場合は向きが固定される様子。Lightning用でのデータ通信時は不明。 []