PB261806_120171126.jpg

通勤&小旅行バッグ … ホグロフス コーカー ラージ

【この記事の所要時間: 629秒】

通勤はバックパック派。
割りと長めの距離(4km超)&時間(40分程度)を歩き、時には荷物が嵩張ったり重かったりするため身体に掛かる負担が最も少ない形状としては背負うのが一番。
また、両手が空くことも重要。

通勤で使っているバックパックの唯一且つ小さくない不満点は、元々そう厚くないメインコンパートメント(内寸8cmほど)の内部が縦三層に仕切られていて、書類やノートPC/タブレットを入れるには都合が良いが、厚みが有る物…たとえば最近持ち回るようになったRX100M3…だと結構窮屈で圧迫が気になる。
(via;[RX100M3] ケース新調&ストラップ変更

併せて帰省や短期の出張にも使えるようなバックパックが欲しい。
用途に応じて適したバックパックを使い分けるのも良いが、中身を移す手間や使っていない方の置き場所を考えると一つで済ませたい。

他に細かい点では…ノートPC用を安全に収納出来るスリーブが有り、こまごました物を整理出来て容易に出し入れ可能で、外に折り畳み傘やボトルを入れるポケットが有り、高さはある程度妥協するけれども横幅と厚さは可能な限りスリムな方が良い…チェストベルトやウェストベルトが有れば安定するし、床置きした際に自立して欲しい、他者と余り被らないと嬉しいかな…などなど。
この結構欲張りな希望を満たす物ということで、探し当てたのが今回新調したこのバックパック。

 

ホグロフス コーカー ラージ(ブラック)

他にブルー(ハリケーンブルー)があり、鮮やかな色合いが良かったけれども、通勤に使うことを考えればブラックが無難かな。
それに黒系の色は合わせやすく飽きが来にくいし。

 

 

前面

左右が僅かに窄まった特徴的な形状。
サイズは高50×幅37×厚13cm…丸味を帯びていることもあって数値ほどには大きく感じない。
重量は約900gで軽め。(容量20L)

 

ロゴ

上部にはブランド名とロゴ、斜め下にモデル名がある。
モデル名のタブは文字を彫りだしたゴム製というなかなか凝ったもの。
また、このブランドロゴはバックパネルやショルダーベルト、バックル、ジッパータブなど他の場所にも見られる。

 

バンジーコード 

下部にはバンジーコードが張られていて、小物を挟んでおける。

 

左下のコードストップでテンションを変えることが出来、中央のバックルを外せば一気に緩められる。

 

左右には各一個ずつフックが付いていて、コード同士を繋いで網状にしたり、挟んだ物にストラップなど有れば引っ掛けて落下防止としても使える。 

 

 

上面

真っ平ら…やや硬めのシートが入っていて、こちらを底にして立てても自立する。

 

トップポケット

ジッパー(シングル)を開けると収納ポケットが現れる。
他の荷物に圧迫される心配が少なく、メガネやサングラスなどを入れるのに良さそう。
但し、容易に開けられるため貴重品を入れるのはちょっと心配か。
また、やや浅めなので分厚い物を入れるのには向かない。
中に入れているのはバンパー付きのiPhone5S。 

 

グラブハンドル

丸棒形状で持ちやすいグラブハンドル。

 

 

左側面

外部

折り畳み傘やペットボトルが入る伸縮素材製のポケットが有る。
中に入れている折り畳み傘のサイズは長25×径5cm。

 

内部 

ジッパー(ダブル)を開けると本体寄りに収納ポケットが二つ有る。
上段に入れているのはカバーを装着したKindle PaperWhite(32GBモデル)。 

 

 

右側面

外部

左側面と同じ容量の伸縮素材製ポケットが有る。

 

内部 

ジッパー(ダブル)を開けると蓋寄りにポケットが並んでいる。
一番上はジッパー付き、 その下は左からペン差し×2とポケット、そして一番下は大きめのメッシュポケット。
メッシュポケットのサイズは左側面と同等。

 

メッシュポケット内にはキーフックが有る。

 

 

内部

メインコンパートメント

右側面を開けると内部(メインコンパートメント)にアクセス出来る。
開口部が大きく、側面からなので底が浅いため内部の見通しが良い。
側面を除いた四面が硬めのシートやパッドに覆われていて型崩れし難い。
ところで、ビジネスバッグの収納性判定基準として「A4ファイルが曲がらずに入るか?」というものがあるらしいが、まったく問題無し。 

ソフトインナーボックスを追加すれば、ノートPCが収納出来るカメラバッグとしても使い易そうだ。
以前購入したノートPC収納可のカメラ用バックパックは、MacBookAir/11からMacBookPro/13に買い換えたらかなり窮屈になって、カメラとの干渉(相互圧迫)が心配なため、カメラ器材専用にしている。
(via;[Photo] バックパック新調 … マンフロット Street バックパック

 

ノートPC用スリーブ

背中側には15インチサイズまで対応しているノートPC用のスリーブがある。
開口部を除いて厚めのパッドが入っていて保護性が高い。
飛び出し防止のためベルクロ留めのベルトが付いている。

 

ケースを装着したMacBookPro/13(2017)を入れた様子。
まったく余裕♪
(via;[Mac] MBP/13のケース買い換え … メッシュケース

 

15インチノートPCと同等サイズ(横36.5×縦25×厚1.5cm…突出部分を除く)のトレーを入れた様子。
かなり目一杯に見えるが無理矢理感は無い。
ただ、一部(写真では上側4〜5cm幅)が露出するため、同梱品次第では保護が必要かも。
(via;[Mac] 外付けキーボード&トラックパッドの一体化トレー

 

 

背面

熱成型のバックパネルは適度な硬さと撓りがあって、背負った際の背中当たりが絶妙。
但し、メーカー名やロゴを除いて凹凸が一切無いため、暑い時期は蒸れが気になるところ。
ショルダーベルトはやや薄い作りなものの、S字形状と素材のおかげか身体への密着性が良い。

 

チェストベルト

チェストベルトは上下の結構広い範囲で位置調整が可能。

 

一般的なバックルとは違う、爪で引っ掛ける構造…初めて見た。
強度的な不安が残るけれども…万が一壊れたら一般的なバックルに付け換えればいいか。

 

ウェストベルト

こちらは一般的なバックルが使用されている。
余ったベルト端をまとめておくゴムバンド付き。 

 

ウェストベルトはバックパック本体とバックルで接続されており、使わない場合は根元から外しておける。
使用しない際にそのまま垂らしていると、物や人に引っ掛けたりぶつけたりして危険だし、まとめておいても結構邪魔なので、 取り外せるのは非常に嬉しい配慮だ。

 

外すとこんな感じでスッキリした印象。

 

 

底面

上面と同じく真っ平らで硬めのシートが入っているため安定して自立する。

 

 

 

防水加工

撥水性は割りと高そうだけど、比較的長く歩くことを考えると雨対策を強化しておきたい。
出来ればバックパック用レインカバーを使いたいが、ショルダーベルトの上側付け根がバックカバーの上面とほぼ同じなため、一般的なバックパック用レインカバーでは上側が保持されない。
とりあえず防水スプレーを塗布して対策しておこう。

この防水スプレー(コロニル ナノプロ) は普段からバッグや靴を新調すると最初に必ず塗布していて、効果の高さを実感している。