[CC110] ドリブンスプロケット交換(37T⇒35T)

【この記事の所要時間: 49秒】

概ね満足しているクロスカブとはいえ、少なからず不満を感じているのが走行感かな。

都市圏の幹線道路での巡航速度(流れに乗れる速さ)は大体60〜70km/hですが、ちょうどこの速度域に入るとエンジン音と振動が大きく増してきます。
エンジンに無理をさせている感が大きくて走っていて疲れますし、アクセルを結構捻っているのに速度が乗らないのは、特に後続車が居る時には気疲れの要因にもなります。

調べてみると、クロスカブは従来のカブに比べてかなりローギアードなギア比設定になっているため同速度ではエンジンの回転数が高い、つまり音や騒音が大きい。
それなら、ギア比をハイギアードに変更すれば改善するのではないか…と着手することにしました。

 

ちなみにクロスカブのギアはドライブ(フロント):14T/ドリブン(リア):37Tでギア比は2.642。
JA10のノーマルカブはドライブ:14T/ドリブン35Tでギア比は2.500。
というわけで、ノーマルカブと同程度のギア比へ換えてみることにしました。

手軽なのはドライブ側の変更(14T⇒15T)…というわけで、先日ボアアップキットと一緒に購入しました。
(via;[CC110] ボアアップキット&フロントスプロケット 購入

ですが、スプロケットの径が若干大きくなることでチェーンラインが上下に広がり(上側:上がる/下側:下がる)、チェーンケース内(の金具)に接触する場合も有ると知り、暫し保留。

結局、ドリブン側を変更(37T⇒35T)することにしました。(1)
スプロケットの径が若干小さくなるため接触の心配は有りませんね。
但し、ドリブンスプロケットの交換はリアホイールを外す必要が有り、手持ちの工具では無理なためショップへ依頼することにしました。

 

交換用スプロケット

KITACO(キタコ) ドリブンスプロケット 35T(535-1424035)

 

出荷時スプロケット

HONDA(ホンダ) スプロケット・ファイナル・ドリブン 37T(41201-KWW-640)

見るからに鉄の塊で、KITACO製に比べてかなり重いです。

ちなみに、チェーンのコマ数(クロスカブは102コマ)調整は不要でしたが、調整範囲内ギリギリのため今後伸びたらカットする必要がある…とのことでした。
ということは、ノーマルカブと同じ100コマが適正かな。 

 

交換後の変化

ショップから自宅までの十数km(幹線道路…国道1号、比較的急なアップダウンの連続…綱島街道)を走ってみての感想です。

まず、各ギアが全般的に使い易くなりました。
1速や2速が滑らかになり、3速と4速の快走範囲(気持ち良く走れる速度域)が広がりましたね。 

・エンジン音、振動
幹線道路の巡航速度域(60-70km/h)でのエンジン音や振動が大幅に低下し、殆ど気にならなくなりました。
また、街中で流す程度の速度域(40-60km/h)での振動は元々余り有りませんでしたが、エンジン音と併せて更に穏やかになって、まるでスクーターのような…と言っても過言では無いほど。

・発進性
以前と比べても低下したという感じは無く、幹線道路や登坂でも無理なく発進出来ます。

・加速性
こちらも低下は特に感じないですね。
幹線道路で巡航している状態からの+αの加速も以前に比べてスムーズです。

走っていて気持ち良く、総じて今回のドリブンスプロケット交換(ハイギアード化)は大正解でした。 

 

さて、ボアアップは?

ギア比を変更する前、 速度が乗らないのはエンジンが非力なのかも…と(短絡的に)思い、いきなりボアアップを考えたわけですが、購入店では当然断られて近くにも作業してくれるショップは無し。
その後、ちょっと遠い(バイクで片道一時間弱)ですが請け負ってくれるショップを見つけたものの、かなり多忙な状況のようで暫く予定がつかず保留になっています。

今回のハイギアード化の効果が良好なので、ボアアップへの気持ちがかなり薄れてきました。
+15ccのパワーアップを求めるような走り方/用途ではありませんし(2) 、普段使いの足として考えれば機関部分はノーマルのままが良いかな…と。
万が一不調になった際にも購入店はもちろん、普通のバイクショップへ作業を依頼出来ますしね。

もしボアアップしていたら、そのことを指摘されて場合によっては門前払いされる恐れも充分考えられますから。(3) 
作業を請け負って貰えそうなショップも自宅から遠いため、何かの際に出掛けるのは大変そうです。 

 

  1. ドリブン側2T下げはドライブ側1T上げとほぼ同等です。 []
  2. 制動性能や剛性を考えると飛ばす気になれない。 []
  3. 購入店を含めて幾つかのショップでは、ボアアップ化はもちろんボアアップした車両のエンジン作業も一切請け負えない…と言われました。 []