[Mac] MBP/13用小物いろいろ … SNAPNATOR、USBハブ、メモリカードリーダー

【この記事の所要時間: 528秒】

MacBookPro/13の外部インタフェースは電源給電用も含めてUSB-C(USB Type C)に統一され、手持ちのUSB機器を使うためにはUSB-A(USB Type A)からの変換が必要になった。
スマートなのは本体に密着する変換アダプタだが、MacBookPro/13のUSB-Cポート(TouchBar搭載モデルなので左右にそれぞれ二つ有る)同士の間隔が狭いため、他方を塞いだり幅が狭いプラグしか挿せなくなってしまう。

また、複数機器を使用する場合にMacBookPro/13への接続を減らしたい(一本化したい)ということもあって、複数のUSB-Aポートとメモリカードリーダー/ライターの機能を持つUSB-Cハブが有ると便利そう。

というわけで、幾つか小物を購入してみた。
(via;[Mac] ようこそ♪ 新しいMBP/13

 

 

P7291535 120170729

 

 

USB-Cハブ

P7291536 120170729

LENTON USB-Cハブ

MacBookにUSB-Cが採用されてから一気に増えた感があるUSB-Cハブ。
HDMIやEthernetなどのインタフェースを持った多機能な物も多いが、今回はUSB-A(3.0)が3ポートとSD/microSDカードリーダー/ライターを持つシンプルな物を選択。
もちろんMacBookProでの使用実績があり評価が高いことも選択の大きな理由。

 

P7291537 120170729

安価(Amazon価格で三千円未満)だがシンプルながらしっかりしたパッケージ。
本体の下には日本語でのトラブル対応カードも入っている。

 

P7291538 120170729

アルミ削り出し製(左右のパーツを除く)。
サイズは幅108×奥行40×厚12mm、重さは67g。
左から、SD/microSDカード(同時使用不可)、USB3.0×3ポート。 

 

P7291539 120170729

底面に脚などは特に無く、裏表逆に置いても違和感は無し。

 

P7291540 120170729

ケーブル(約30cm長)は直出し。
太さはφ5mmほどあるが割と容易に曲がるので引き回しはし易いと思う。

 

P7291558 120170729

MacBookPro/13に接続すると内部のLEDが点灯する。
ケーブル引き回しの関係で裏表逆にして使用。

 

 

スティック型メモリカードリーダー/ライター

P7291541 120170729

ノーブランドのUSB-C/USB-A/microUSB対応メモリカードリーダー/ライター。

コンパクトとはいえUSB-Cハブは持ち回りには嵩張るため、出先ではスティック型メモリカードリーダー/ライターを使う。

 

P7291542 120170729

アルミ(削り出し?)製。
サイズは幅75×奥行22×厚11mm、重さは30g。
SD/microSDカードに対応(同時使用不可)。

 

P7291543 120170729

左右のキャップを外すと接続コネクタが現れる。

 

P7291544 120170729

USB-C側。
ベース部分は樹脂製。

 

P7291545 120170729

USB-A(3.0)側。
こちらもベース部分は樹脂製。

 

P7291546 120170729

USB-Aプラグ内にはmicroUSBプラグが収納されており、引き出すことでロックされ使用出来る。

 

P7291559 120170729

横幅があるため、MacBookPro/13に装着すると隣のポートはほぼ使用不可になってしまう。

 

 

USB-C MagSafe風変換アダプタ

P7291547 120170729

SNAPNATOR

MacBookの給電ポートもUSB-Cに統一されて最も不安&不満を感じたのが、万が一電源ケーブルを引っ掛けた際に従来のMagSafe/MagSafe2のように容易に外れないため、本体が引き摺られて最悪の場合落下する恐れがあること。

以前、LightningやmicroUSBの磁力吸着式コネクタ(アダプタ)を購入したので、もしかするとUSB-C用も有るかも…と調べてみると、MacBookProでも使用出来る…というかMacBookPro対応を謳った SNAPNATOR なる物を見付けた。
MacBookPro/13をAppleStoreで発注した直後にこのSNAPNATORも直販サイトで注文していたが…それがやっと届いた。
電脳小物 … マグネットケーブル(磁力吸着式ケーブル)購入

 

P7291548 120170729

左から、SNAPNATOR本体、USB-A⇒USB-C変換アダプタ、ギターのピックみたいな物、透明なステッカーみたいな物。
変換アダプタは発送が遅くなったお詫びのオマケだろうか?

 

P7291550 120170729

外装はアルミ製だが、表面や樹脂部分に数ヶ所傷が有り、作りはイマイチ。

 

P7291552 120170729

上段はMacBookPro/13に装着する側、下段はUSB-Cプラグを挿す側。
下段の樹脂部分縁には成形時に付いたと思われる削れ(欠け?)が有る。

 

P7291551 120170729

磁力吸着する部分が結構しっかり作られている印象。
MagSafe/MagSafe2と似ているが、当然ながら互換は全く無い。

 

P7291553 120170729

サイズはこんな感じ…割と大きい。

 

P7291549 120170729

オマケ?のUSB-A⇒USB-C変換アダプタ。
特筆するような点は無いが、一応メタルボディ。

 

P7291554 120170729

MacBookPro/13に接続した感じ…結構出っ張る。
見ての通り、ボディとの間に広めの隙間が空くこともあってケーブルの重さで下に引っ張られてしまう。
また差し込みがさほど強くないことと磁力がかなり強いこともあって、ケーブルを引っ張るとSNAPNATOR自体が丸ごと抜けてしまう。
引っ掛けた際の対処としては一応有効だけどさ…。 

 

P7291555 120170729

ギターのピックみたいな物はSNAPNATORを抜くのが難しい(硬い)場合に使うが…上述の通り結構隙間が空いているし容易に抜けるため出番は無さそう。

 

P7291556 120170729

隣のポートへの干渉はこの程度。
一般的なコネクタなら問題無く同時使用出来るだろう。 
写真はApple純正のUSB-A⇒USB-C変換ケーブル。

 

P7291557 120170729

オマケ?のUSB-A⇒USB-C変換アダプタを試用。
こちらもUSB-C側に加えてUSB-A側も大きく隙間が空き、動作自体は問題無いものの装着感はやや不安定。

 

かなり待たされて届いたSNAPNATORだけど、たぶん使わず仕舞いかな。

 

 

 

[CC110] 用品購入 … ショートブーツ、チェストパッド、タコメーター関連品、などなど

【この記事の所要時間: 635秒】

昨年春にクロスカブを実家に送って以来、乗ったり触れたり出来るのは当然帰省時のみ。
そのせいもあってか、毎回結構弄っている。(1) 
(via;[CC110] カスタマイズ … ミディシート&専用キャリア
(via;[CC110] カスタマイズ … サブタンク装着
(via;[CC110] カスタマイズ … ベトナムキャリア TypeⅡ へ換装、専用バッグも
(via;[CC110] カスタマイズ … グリップヒーター装着
(via;[CC110] カスタマイズ … ビッグスロットルボディへ換装、リコール対処
(via;[CC110] カスタマイズ … LEDフォグライト装着
(via;[CC110] カスタマイズ … LEDヘッドライトキット装着

 

さて今回の弄り予定は以前から気になっていたタコメーターの装着。
エンジン周りを割と換えているため(BRDエアクリーナーへ交換、ボアアップ、ビッグスロットル化、マフラー交換)、回転数を意識したいというのが一番の理由、もう一つはやっぱり付いていると嬉しいかな…と。

そして車載時計の装着。
ライディングジャケットやグローブとの兼ね合いもあって腕時計は使わない。
ナビを装着している場合はそちらで判るが近場ではナビを使わないことが殆ど…なので専用の時計が欲しい。

他にもタコメーター装着に必要な部材やライディングブーツ、チェストパッドなど、事前に送付する物をまとめて購入した。

 

P7231532 120170723

 

 

 

ライディング・ショートブーツ

P7231524 120170723

ゴールドウィン Gベクターショートブーツ(GSM1043)

帰省時は身軽なスニーカーやトレッキングシューズ(主に冬)を履いていて、クロスカブに乗る場合も同じ靴だけど、スニーカーは足首の保護が無いしトレッキングシューズは足先部分がやや硬いため今一つな感じ。
またどちらも履いたり脱いだりする際に紐を締めたり緩める手間が掛かる。
実家に専用のライディングシューズを置いておけばこれらの問題が解決する⇒乗る頻度が上がるかも…というわけで。

足首を保護しつつ動かしやすい・履き脱ぎが容易・或る程度の防水性・手入れが容易な合皮製…という条件で選んだのがこのブーツ。
試着はしていないが、普段履いているサイズ+0.5〜1.0cm辺りが適正…ということなので試しに+0.5cmの27cmにしてみたところ、届いて早速履いてみたらまさにちょうど良い感じだった。

 

P7231525 120170723

サイドはファスナー&ベルクロ留めで、大きく開くので履き脱ぎし易い。

 

P7231527 120170723

爪先はシフトガードで保護され、またスポンジが入っていることでシフトチェンジ時のタッチが穏やかになる。
まぁ、クロスカブの場合は踏み込み式なので恩恵は少ないかな。

 

P7231526 120170723

上下逆だけども…踵の上辺りには再起反射素材が使われていて、後方からの視認性を高めている。

 

P7231528 120170723

靴底はこんな感じ。
土踏まず部分にはスチールシャンクが内蔵され、ステップからの突き上げを緩和するとのこと。
ステップへの食い込みはどうだろう?…クロスカブに装着しているアルミステップが結構滑り易いため、気になるところ。 

 

 

チェストパッド

P7231529 120170723

ラフ&ロード エアスルーチェストパッド(RR10063)

万が一追突した際に胸部の保護性を高めるため、別売りオプションのチェストパッドを購入。
フルメッシュジャケットなのでチェストパッドも風通しの良いワッフルメッシュの物を選んだ。
サイズが大きいので実際の装着時には現物合わせでカットが必要かも。

 

 

タコメーターと関連部材

P7231530 120170723 

上段左から
・デイトナ 電気式タコメーター ベローナ(91675)
・デイトナ ベローナ用パルスジェネレーター(92333)
・デイトナ 電気式タコメーター用パルスハーネス(64230)

 下段左から
・タナックス ステーホルダー ブラック(SA-18)
・ナポレオン M10正キャップボルト ブラック(NP-002)
・六角穴付ボルト(8×40)、丸座金(8×16)、ゆるみ止めナット(M8)
・Oリング

タコメーターはクロスカブへの装着事例が有り、コンパクト(φ48)&シンプルなデザインで選んだ。
最高回転数は9000rpmだが、カブ系へのタコメーター装着事例を幾つか見てこれくらい有れば充分だろうと。

パルスジェネレーターとパルスハーネスはどちらか一方しか使わない。
イグニッションコイルからパルスを取り出せるならパルスハーネスを使ってシンプルに結線出来るが、クロスカブでは不可という情報もあり、念のためパルスジェネレーターも用意。
パルスハーネスといっても単なる分岐ケーブルなので、何かに流用出来るだろう。

 

 

車載時計

P7231533 120170723

タナックス 電波クロック ブラック(MF-4672)

バイク用なので最低限の防水(防雨)性能が有り、時刻合わせの手間を省ける電波時計が絶対条件。
走行中に見易いやや大きめの表示で夜間用にバックライトも欲しいな…というわけで定番のコレ。

ベースへの固定が両面テープ貼り付けのため、電池交換時の着脱を繰り返した際に粘着性が落ちたり、駐車時の盗難がちょっと気になるかな。

 

 

アースポイント増設ターミナル

P7231534 120170723

エーモン アースポイント増設ターミナル(2833)

クロスカブのバッテリーエリアは狭くバッテリーの端子(特にアース側)も小さくて、いろいろ電装品を追加していると結線がかなり難しい。
フレームを介して繋ぐ方法もあるが、今一つ良いポイントが無い。
今回、タコメーター用の部材を調べている際に良さそうな物を見つけたので併せて購入した。 

 

 

さて、これで用品と部材は揃った。
今度の帰省が待ち遠しい。

 

 

 

  1. 特に昨年秋は…ちょっと現実逃避したい出来事もあり…下の「サブタンク装着」から「LEDフォグライト装着」まで立て続けにカスタマイズをした。 []

スマートリモコン購入 … eRemote mini

【この記事の所要時間: 59秒】

それにしても暑い。
いつの頃からか夏が暑いだけではなく苦痛に感じるようになったのは、体力気力の低下というよりも温暖化(自分的には過熱化)の影響だろう。 

仕事から帰宅すると部屋の中は温室というよりも高温環境試験室…外の方が涼しく感じられる。
部屋に入るしばらく前からエアコンを稼動して冷やしておけば良いが、使っているエアコンのタイマー設定は「現時点から○時間後にOn/Off」という大雑把なもの。

帰り着く前に自宅外からOnに出来れば良い、外気温の変化で温度設定や風力設定も変更出来れば尚良し。 
ついでに照明もコントロール出来れば、明るい部屋が迎えてくれるだろう。

というわけで、最近よく見聞きするスマートリモコンを購入してみた。

 

 

P7161520 120170716

 

 

eRemote mini

P7161512 120170716

幾つか有る中で選んだのは Link Japan eRemote mini

 

 

P7161513 120170716

内容物は本体の他に給電用ケーブル(USB-A⇔microUSB、約1m長)、説明書。
USB電源アダプタは付属していないので5V/1A以上の出力が可能な物が別途必要になる。

 

P7161516 120170716

ちょうどiPhoneの付属品(5V/1A出力)が余っていたので転用しよう。

 

P7161514 120170716

サイズは直径φ53×高65mmでかなりコンパクト。
隣はサイズ比較の単一乾電池。 

 

P7161515 120170716

背面にはリセットホール(中にスイッチ有り)と給電用microUSBポートが有る。

 

 

使用前準備

eRemote miniには電源スイッチは無く、給電すると即使用状態になる。

初期設定は簡単なので付属の説明書記載の手順で充分だがWi-Fi APの接続先設定が注意点かな。
本機のWi-Fiは2.4GHz帯(IEEE802.11b/IEEE802.11g)にしか対応していないため、専用アプリ(e-Control)での接続先には必ず2.4GHz帯のAPを指定する。
自分の場合はiPhone5Sでは5GHz帯を使っており、アプリの接続先には最初5GHz帯のAPが表示されていたので手動で入力し直した。 

 

 

リモコン登録

自宅で登録したリモコンはエアコンと天井灯の二つ。
他にテレビが有るが付属リモコンの方が扱い易いので登録はせず、また全録レコーダーは電波式のため登録不可。 

 

P7161517 120170716

まずはエアコン。

比較的新しい機種だと、リモコン側のボタンをどれか一つ押せば自動的に他の機能も登録される。
但し、全ての機能が移行出来るわけでは無く、例えば風向や電力カットは省かれている。(1)
尚、当然だがe-Control側で設定を変更してもリモコンの表示は一切変わらないため、リモコンを操作する際に戸惑う。

 

P7161518 120170716

続いて天井灯。

こちらの方が製造年は新しいのだが一発登録は出来ず、機能毎に個別登録した。
ちなみに、アプリ側に表示されている「寒色」「暖色」は機能的に対応していないため無効。 

 

 

端末間共有

複数の家電品を操作出来るので、次は複数の端末から操作したい。

 

P7161519 120170716

というわけで、今は現役(通話)から引退してベッドサイド多用途端末になっているiPhone3GSでも使えるようにした。

専用アプリ(e-Contol)には複数の端末間で登録内容を共有する機能が有る。
・共有元: メニュー ⇒ 端末間共有 ⇒ アウトプット 
・共有先: メニュー ⇒ 端末間共有 ⇒ インプット

また、登録内容をクラウドにバックアップすることも可能。
・ メニュー ⇒ バックアップ ⇒ クラウドにバックアップ 

 

早速iPhone3GSにアプリをインストールしようと思ったら対応OSはiOS7以上…iPhone3GSはこれ以上重くなるのが嫌なのでiOS6で止めている。
仕方が無いのでiOS6でも使える旧バージョンをインストール。
そしてiPhone5S側でアウトプット設定をしたところ「共有は同じバージョンのアプリ同士じゃないと出来ない」みたいなメッセージが表示された。
ダメ元でiPhone3GS側でインプット設定を進めて…特に何事も無く共有完了し実際に操作も出来た。

これでiPhone3GSの活用範囲がまた広がった。

 

 

使い勝手

まだ屋内(LAN内)でしか試していないが、反応は結構速く誤動作は全く無い。
古い iPhone3GSでも充分実用になっているのが良いね。

スマホアプリのメリットとして、

・付属リモコンに依存せずタイマー機能を大幅に改善してくれる。(2) 
 また、このタイマー設定はクラウド上に保存されるため、スマホの電源がOffだったり圏外でも影響しない。
・複数の機器を続けて操作出来る。

等など。

これらを組み合わせることで 、起床時や就寝時、出掛ける際に複数の機器をまとめてOn/Offしたり、例えば起床時間に合わせて暖房を入れて部屋を暖めつつ部屋の照明を徐々に明るくしていくことで、寒い冬の朝にもスッキリ目覚めさせてくれるだろう。

オプションのeSensorと組み合わせれば、温度・湿度・照度・音・空気質といった室内の環境状況による自動操作が出来、更なるスマート化が実現する。

 

気になる点としては…一部の機器(たとえば自宅では天井灯)はリモコン側では実機の状態が判らないためアプリでも同様に不明。
たとえば照明が本当に点灯しているのかどうかは実機を見るしか確認手段が無い。
長期不在時に防犯のため天井灯を点灯したりする場合、On/Offがトグル式になっている機器では運が悪いと状態が逆転して長時間点灯/短時間消灯になってしまう恐れも。
照明が点灯/消灯して誰か居るように見せかけるという用途的には問題無いだろうけれども…。 

 

 

 

 

 

  1. 風速は風量に置き換えられ、運転モードは電源ボタンの下(写真では【冷房】)に選択式になっている。 []
  2. 時/分が細かく設定出来、リピートも「一回のみ/毎日/曜日別」を選択可。 []

[Mac] MBP/13の小型ACアダプタ … Anker PowerPort Speed 1 PD30

【この記事の所要時間: 314秒】

MacBookPro/13のACアダプタはサイズが結構大きい。
今まで使ってきたMacBookAir/11用のACアダプタと比べるとほぼ一回り大きく(厚さはほぼ同じ)、ACアダプタを含めて普段持ち回り小物を入れているポーチに入らなくなってしまった。

出力電力の違い(MacBookAir/11:45W、MacBookPro/13:61W)を考えれば仕方が無いが、そもそも本当にそこまでの出力が必要なのだろうか?極端に重い処理をしなければ使用中の給電程度ならもう少し低い出力=小型のACアダプタが使えるのでは無いか?
給電ポートがUSB-Cになったことで汎用のACアダプタを使用出来るし。

いろいろ調べてみたところ、実際にMacBookPro/13でより低出力/小型のACアダプタを使用している事例が幾つか見つかったので、早速購入してみた。

 

P7151495 120170715

 

 

AC⇒USB-CアダプタとUSB-C⇔USB-Cケーブル

P7151497 120170715

購入したのは、予てから様々な電源機器(ACアダプタ、モバイルバッテリー、ケーブル)で好印象を持っているAnkerの製品。
このメーカーは製品自体もだけどパッケージも綺麗&しっかりしていて好感が持てるね。

 

 

AC⇒USB-Cアダプタ

P7151502 120170715

PowerPort Speed 1 PD30

Power Deliveryに対応し出力は30W。
サイズ(実測)は横56×縦60×厚29mmで、MacBookPro/13付属ACアダプタ(横74×縦74×厚28mm)と比べて厚さは同等だが二回りくらいコンパクト。
尚、ケーブルは付属しない。 

 

P7151503 120170715

ACプラグは折り畳み式。

 

P7151504 120170715

前面には通電ランプ(通電時に青く光る)とUSB-Cの出力ポートが一つ。
出力ポートはもう一つ有ると便利かも。

 

P7151505 120170715

サイズ比較。
左から、MacBookPro/13付属品、MacBookAir/11付属品、PD30。

 

 

USB-C⇔USB-Cケーブル

P7151498 120170715 

PowerLine+ USB-C & USB-C(1.8m/グレー)

付属しているフェルト製ポーチが結構良い。

 

P7151499 120170715

中にはケーブルがベルクロテープで固定されている。

 

P7151500 120170715

写真では分からないが、蓋側の裏(左右隅)に入っている磁石で留められる。

 

P7151501 120170715

しなやかで丈夫なケーブル。
長さは1.8mでMacBookPro/13付属ケーブル(2m)に比べてやや短いが、自分の使用範囲では全く問題無し。

 

 

使用(試用)

P7151509 120170715

グレーのケーブル/ブラックのプラグが、MacBookPro/13のスペースグレー/カバーのブラックに似合ってる♪
ケーブル(被覆)は他にレッドも有り、そちらも鮮やかで良さそう。

 

MBP SS 2017 07 15 9 37 53

肝心の給電状況は…この通り充電中。
さほど重い処理はしていないため給電能力がどれほどあるか不明だけど、ユーザーインプレを見るとMacBookPro/15でそこそこ重い処理をしても充電出来ていたとのことなので大丈夫だろう。

ちなみに、より低出力/小型のACアダプタ(Anker PowerPort +1 USB-C Quick Charger 3.0/24W)もMacBookProで使えるそうだが、個体差なのか充電はおろか使用中の給電すら出来ない(バッテリーが消費される)という事例も有るため見送った。

 

 

[Mac] MBP/13のスタンド … Bluelounge Kickflip

【この記事の所要時間: 124秒】

MacBookPro/13用に購入していた中で納期がやや掛かったオプション品が届いた。
(via;[Mac] ようこそ♪ 新しいMBP/13

 

P7091489 120170709

Bluelounge Kickflip 13インチモデル用

MacBookAir/11にちょっと加工(粘着シートの左右を少し切除)して装着し、キーボードの打ちやすさが格段に向上したこともあって、MacBookPro/13でも是非使いたい…と。
(via;[Mac] MBA/11のスタンド … Bluelounge Kickflip

 

 

P7091490 120170709

今回は対応機種なので加工は不要、そのまま貼り付けるだけ。
PUレザーへの貼り付き具合は特に問題無く、カバー共々黒色なので違和感も無し。
持ち回りの際にはちょうど良い指掛かりにもなる。 

 

P7091491 120170709

スタンドを立てた状態では奥側の開口部が完全に開く。
この風通しの良さもスタンドを装着する理由。

 

 

P7091493 120170709

スタンドを畳んだ状態でも後部が少し持ち上がる。
キーボード位置が低い場合はこの状態がちょうど良い。

 

P7091494 120170709

立てた状態ではこんな感じ。

 

 

本体カバーや折り畳みスタンドの装着で、MacBookPro/13の薄さがスポイルされたかも?だけど、実際には自分にとって程良い厚さになった感じ。
余り薄いと持ち回りの際に保持しにくい。