AirPods ワイヤレス充電アダプタ

【この記事の所要時間: 412秒】

AirPodsは装着感がイマイチだけど、手持ちのiPhone/iPad mini/MacBookProの間でシームレスに使える便利さ、ケースに収納しておけば再充電される手軽さが気に入っている。
(via;[Mac/iPad/iPhone] AirPods到着♪

唯一惜しいのはケース自身の充電が有線(Lightning)接続のみということ。
Lightningはプラグの裏表が区別されていないのは良いけど、同じく両面OKのUSB-Cに比べて抜き差しがやや固いのが難点
Appleからワイヤレス充電に対応したAirPods後継モデルや、現行モデル用のワイヤレス充電対応ケースが出る…という噂を見聞きしたような気がするけれども現実には全く進展無し。

iPhone8でワイヤレス充電の手軽さがすっかり気に入って、手持ちの携帯機器(iPhone5S、Kindle)もサードパーティ製のワイヤレス充電レシーバーでワイヤレス充電対応にしたが、さすがにAirPodsで使えそうな充電レシーバーは出ていない様子。(1)
(via;[iPhone/Kindle] ワイヤレス充電が便利すぎて…5SとKindleも♪

 

さて、先日届いたHyperShop(海外のApple関連品ショップ)からのDMに、AirPods用のワイヤレス充電アダプタ「HyperJuice Wireless Charger Adapter for Apple AirPods」が掲載されていた。
早速発注、そして昨日届いた。
ちなみに、20%オフのクーポンを使って$9.99引きで送料が$10(一番安いプランだが一週間以内に到着)なので実質送料無料になった。

 

 

ワイヤレス充電アダプタ

パッケージ

写真の下には充電スペック(充電電力5W、Qi互換、最長充電時間1.5時間)が記されている。

 

裏面には装着方法と充電方法が簡単に記されている。
記載言語は英語とフランス語。

 

そしてアダプタ本体…中身はコレだけで他に付属品等は無し。(2) 
Apple製品(例えばACアダプタ)のように保護フィルムが貼られている。

 

アダプタ

アダプタやケースというよりもクレイドル的なデザイン。
底面には何も無くノッペリしている。
前面(写真では上面)の凹みは、AirPodsケースのセットアップ/リセットボタン操作用。

 

背面にはメーカー名や適合規格等がプリントされていて、これもApple純正品の様な感じ。
製品名とモデルナンバーはシール貼り。

 

内部の底部分にはケースに接続するLightningプラグが有る。

 

装着

裏表逆(蓋のヒンジが手前に見える状態)に装着する。
逆向きでも装着出来るが、蓋を開いた際に干渉するためAirPodsの出し入れ時に引っ掛かってしまい、また、セットアップ/リセットボタンも押せなくなるがこちらは殆ど実害無しか。
色合いや曲面形状は純正ケースと殆ど同じなので見た目の違和感は無い。

 

充電

Qi対応のモバイルバッテリーで充電。
AirPodsはステータスランプが内部に有るため充電状況が分かりにくい。
なんでケースの外部に付けなかったんだろう?

 

 

防水カバー

さて、せっかく入手したワイヤレス充電アダプタだけど、実は動作チェックを兼ねて一回充電しただけで使っていない。

AirPods(ケース)の半分程度だけを被う構造のため、保護(傷、汚れ、水濡れ)目的としては全く非力。
持ち回りの手軽さと、たまに充電する際のちょっとした手軽さのどちらを優先するか…やっぱり前者だよなぁ…というわけで、以前から使っている防水カバーを引き続き常用することにした。

 

ノーブランド製のAirPods専用防水カバー。
前面を完全に被い、IP68等級の防水性を有しているとのこと。
表面はシリコン素材だがサラサラした手触りで、ベタつきは無く埃も付着し難い。

 

TPE(熱可塑性エラストマー)製インナーシェルにシリコン製アウターシェルという二重構造のため、AirPod(ケース)に装着すると一回りほど大きくなる。
開口部は本体側/蓋側の凹凸が噛み合うようになっていて、閉じた際の防水性を高めている。
カバーの蓋を開けると本体の蓋も開く。

 

底部には充電ポートがあり、こちらも蓋と同じく凹凸による噛み合わせでしっかり閉まるようになっている。
カバーの厚みがあるためコネクタまで深いが、開口部が広めなので純正ケーブルはもちろんサードパーティ製ケーブルもほぼ使用出来ると思う。

 

ストラップホール。
商品にはカラビナが付属していた。

 

 

 

  1. 見た目を気にしなければiPhone用の充電レシーバーを使えば一応は対応出来るが…流石にそれはちょっとね。 []
  2. もちろん中はこのままではなくブリスターパック。 []