[X-Pro3] カスタマイズ … Lensmate フォールディングサムレスト装着

【この記事の所要時間: 222秒】

 

グリップ付きカメラベースを装着してグリップ性が大幅に向上したが、まだ親指の置き場所が定まらない。
ボディ背面には親指を掛けられるような出っ張りがあるが小さくて滑り易い上に機能ボタンを押してしまう。
上の方に当てれば露出補正ダイヤルに触れてしまい、ダイヤルがやや軽いためうっかり回してしまうことも…。

 

X-Pro2ではLensmateのフォールディングサムレストを装着して、これらの不満点は全て解消していた。
当然X-Pro3に流用するつもりだったけど…ボディ上部の形状が少し変わったことで接触する恐れがあると分かり諦めた。(1) 

 

X-Pro3用は2月発売予定とのことで、こまめにメーカーのオンラインショップサイトをチェックしていたら、1月末に販売開始になったので早速注文…2月に入った早々に届いた。

 

 

Lensmate フォールディングサムレスト

パッケージ

紙製の小さな箱ながら、蓋は磁石留めで高級感のある物。

 

型抜きされたビロード張りの台地にサムレストが鎮座している。

 

サムレスト

見た目的にはX-Pro2用とほぼ変わらず。
親指が当たる部分には滑り止めのシリコンゴムシートが貼られている。

 

ホットーシューに挿入する部分(写真左側)とサムレスト後ろ(写真右側)のボディに接触する部分にもシリコンゴムシートが貼られている。

 

装着

ブラック(のみのカラー展開)だけど、ボディ背面はブラック部分が多いこともあって違和感は無く、却ってまとまる感じ。

 

通常状態はこんな感じ。
グリップ付きカメラベースの張り出しもあるので、さほど張り出す感じは無し。

 

手前に折り曲げられる(フォールディング)ため、陰になるダイヤルやボタンの操作がし易い。
二段階の角度にクリックが有る。

 

この角度で見るとチタンカラーの方が良いかな…とか思ったり。

 

 

ついでに

最近の常用レンズ FLEKTOGON 35mm/f2.4 に装着しているフードとレンズキャップはいずれも他社製だが、前面の刻印が少々煩いので、艶消し黒シート(カーラッピング用)でマスキングした。
X-Pro3自体が前面にはメーカーロゴや機種名が一切入っていないので、この雰囲気がとても気に入っている。

 

 

 

created by Rinker
エヌティー
¥1,149 (2020/03/29 13:13:03時点 Amazon調べ-詳細)
  1. X-Pro1には使用可。 []