[AIR] カスタマイズ … ワンタッチ・レベラー装着

【この記事の所要時間: 33秒】

変わり種デジカメ OLYMPUS AIRを再購入して一週間弱…自分的には非常に珍しいことだが通勤時にも文字通り持ち回って、時々気が向いたら通りすがりに写真を撮っている。
通りすがりなのでノーファインダー(ノールック)撮影オンリー…これがなかなか面白い。
装着しているレンズがフィッシュアイ・ボディキャップレンズなので画角の面白さが有るし、どんな光景が写っているのか後で画像を見るまで分からない面白さもある。

反面、水平を出すのが難しい。
ノーファインダー撮影なので水平を出すのが難しいのは最初から判っていたことだし斜めになっているのも面白さのうち、風景なら少々傾いていようと問題無し…と思ってはいたのだが、使い勝手の良さから風景だけではなく建物や置物などを撮る機会が増えてからは、やはり水平を出したい時もある。

何か良い小物は無いものか…と探していて見つけたのが、AIR用のワンタッチ・レベラー。
AIRに装着するため一体感が有り、見た目的にもシンプルなデザインが気に入って早速注文した。 

 

 PC291264 120161229

 

 

購入品

PC291258 120161229

右から
ワンタッチ・レベラー
エビス 4本線円柱気泡管L25(L25-4L)

 

ワンタッチ・レベラー

PC291259 120161229

PC291260 120161229

3Dプリンタで作成され(受注生産)、素材はナイロン系。
カラーはこのブラックを含めて全9色が用意されている。

OLYMPUS AIRはメーカーにより各部の形状や寸法などの詳細なデータが公開されており、このようなオプションパーツを自ら設計・製作することが出来る。
ちなみに、購入先のDMM.makeでは3Dデータを送付し指定した素材で製作してもらうことも出来る。 

 

気泡管

PC291261 120161229

液体内の泡を用いて水平・垂直を確認するお馴染みの小物。
機器等への組み込み用として単品販売されている。
ワンタッチ・レベラーには付属していないので別途用意する必要がある。
尚、通常使用で水平出しをするのであれば一本でも事足りる。

 

 

組み立て

PC291262 120161229

PC291263 120161229

組み立てといっても裏側からパチンパチンと嵌め込むだけ。
気泡管の向きは特に無し。

 

 

装着

PC291265 120161229

本レベラーはAIRの後部に装着するため、スマホアダプターとの併用は出来ない。(1) 
通常使用であれば上側(縦になっている方)の気泡管は不要、こちらはAIRを90度傾けて撮影する際の水平出しに使う。 
レベラーの装着向きは90°単位で変えられる。
空の写真などやや上向きで使う場合にはこの並びでは気泡管を確認し難いことに気付いたので、左に90°回転して左右並び(持った手で陰にならないように水平用の気泡管を左)に変更した。 

尚、レベラーにはストラップホール等は無いため、ストラップを装着したい場合には自分で穴を開けるなどの追加工が必要になる。
このため、三脚のネジ穴にストラップマウントを装着しておいた。
(via;[AIR] 変わり種デジカメ購入 … OLYMPUS AIR 再び

 

 

アプリで傾き補正

実は、iOSに標準実装されている「写真アプリ」には傾きを容易に補正出来る機能が有る。

 

IMG 3119 120161229

写真を表示して、最下段にあるメニューバーに右から二番目の三本のスライダーが並んだアイコンをタップすると編集モードへ。

 

IMG 3115 120161229

最下段にあるメニューバーの左端のアイコン(上の写真で反転している)をタップすると回転処理へ。
この事例のように水平が判りやすい写真であれば、タップした時点で自動的に補正される。
また、トリミングもこのモードで行える。 

 

 

  1. スマホを使うならアプリで水平確認出来るしね。 []

[AIR] 変わり種デジカメ購入 … OLYMPUS AIR 再び

【この記事の所要時間: 634秒】

OLYMPUSの変わり種デジカメ AIR …昨年秋に購入して暫く遊んだものの上手く活かせる用途を見出せず、その後写真関連も含めた大規模な断捨離(ミニマム化)の中で手放してしまった。
(via;変わり種デジカメ購入 … OLYMPUS AIR
(via;OLYMPUS AIR … 試し撮り
(via;OLYMPUS AIR … ボディキャップレンズ

それが最近、通勤中や休日の早朝散歩中に撮った写真をInstagramやTwitterに投稿するようになってから、もっと画質を良く・もう少し広角寄りで・手軽に撮りたい!との思いが強くなってきた。
iPhone5Sでも好条件では結構綺麗に撮れるがデジカメには及ばないし単体での広角撮影も難しい。
それにスマホを掲げるのはカメラを構えるよりも気恥ずかしい(苦笑…あくまでも個人的感想。

高画質で広角といえば先日X-Pro2に超広角ズームレンズを新調したが、早朝散歩はともかく通勤時に剥き出しで持ち回るのは少々気恥ずかしい(苦笑…あくまでも個人的感想。
(via;[X-Pro2] 念願の超広角ズームレンズを手に入れた♪ … XF10-24mm/F4 R OIS

一見するとカメラらしくなくて剥き出しでも違和感が無いデザインとサイズ、広角寄りのレンズが使えて基本的な画質が良い…となると、やっぱりアレしかないよなぁ…というわけで、またAIRを手にすることになった次第。
実は…オリンパス・オンラインショップで年内無効になるポイントがかなりあるため、その使い途としてという理由もあり。 

 

PC241245 120161224

OLYMPUS AIR & フィッシュアイボディキャップレンズ。

 

 

購入品

PC241241 120161224

前回と同じ構成では芸が無いので、当時購入後に気になった点を踏まえて色々変えてみた。

・ボディ … OLYMPUS AIR A01
・ズームレンズ … LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・自動開閉式レンズキャップ … OLYMPUS LC-37C
・フィッシュアイボディキャップレンズ … BCL-0980
・携帯用ケース … aosta レンズケース100

キットレンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm/F3.5-5.6 EZ) よりも広角寄りで画質も良いという評価のレンズを選択、このためAIR自体はボディ単体で購入した。
このレンズは光学手ぶれ補正機能が搭載されており、またズーム操作が手動なのも選んだ大きな理由。
キットレンズは電源投入時にレンズが伸びるため、前回はAIR内の画像を閲覧したり転送する際の起動時にレンズの動きを妨げないよう気を遣う必要があり、少々面倒に感じていた。
手動ズームのレンズならバッグやポケットに入れたままでも気にせず起動出来る。

自動開閉式レンズキャップは前回もその利便性が気に入っていて、このレンズにも流用出来ることを知り同時購入した。
広角端(<14mm)では四隅が僅かにケラれる(暗くなる)とのことだが、作例を見る限りでは殆ど気にならないレベルかな。

ボディキャップレンズは前回も購入し、サイズがコンパクトで、扱いが楽(パンフォーカス、レンズキャップ内蔵)な点が気に入っていた。
今回は超広角(9mm/F8)になったフィッシュアイモデルを選択。 

ケースも前回購入した物の色違い…ただ、使わず仕舞いになりそう。

 

 

AIRとLUMIX G VARIO 12-32mm

PC241251 120161224

このレンズもキットレンズと同程度に薄く、全体的な雰囲気は色がホワイト/シルバーからブラックに変わっただけ。
ただ、膨張色のホワイトに対してブラックは収縮色なのでちょっと締まった感じがする。

 

PC241252 120161224

レンズを撮影状態(広角端までズームリングを少し回す)にするとレンズキャップが自動で開く。
尚、広角端(12mm)と望遠端(32mm)で鏡筒の長さは変わらない。

 

PC241248 120161224
PC241249 120161224
PC241250 120161224

フィッシュアイボディキャップレンズ、12-32mm(短縮時)、12-32mm(伸張時)の比較。

 

 

ストラップマウント

AIRのボディにはストラップホール等は無く、後端に装着するスマホホルダーにストラップを取り付ける。
このホルダー自体が樹脂製でボディとの結合も簡単に言えば爪(樹脂製)で引っ掛けるだけ、またストラップホール自体の作りも少々華奢で…大丈夫だと思うけれど不安が拭えない。
また、ちょっと思案していることがあり、実行の際にはスマホホルダーは外してしまうため、ストラップを取り付けられない。
幸いにボディには三脚用のネジ穴があるので、ここを活用することにした。 

 

PC241246 120161224

以前、E-M1で使っていて今は余剰になっていたC-Loopの回転ストラップマウントを装着。
ストラップはAIRの付属品だが、長さがちょうど良く手触りも良いので気に入っている。

 

PC241247 120161224

この出っ張り具合と形状が、ボディを握った際の指掛かりに良くて結構安定して持つことが出来る。 

 

PC241253 120161224

超簡易一脚としても…ってのは少々コジツケか(苦笑
でも、C-Loopの平面部分が広いので、手摺りなどに載せた際に割と安定するよ。

 

 

携帯ポーチ

PC241257 120161224

このC-Loopを装着したことで購入した携帯用ケースには収まらなくなったため、 手持ちのポーチに入れることにした。
クリーニングクロスと同じ生地なので傷が付きにくく汚れ拭きにも使えるけれど、保護性は殆ど無いため落下や打撃には要注意。

 

 

オマケ

PC241254 120161224

手持ちのマイクロフォーサーズといえば、この組み合わせも。
(via;Lumix DMC-GX7 … マイクロフォーサーズでツァイスレンズを使いたい!

 

PC241255 120161224

当分の間、AIRはフィッシュアイボディキャップレンズとの組み合わせで使いそうなので、12-32mmはGX7に装着。
同じLUMIXシリーズなのでレンズキットのようにシックリ合うね。
実際に使い勝手も良し。

 

PC241256 120161224

で、CONTAX G Planar 2/45をAIRに…見た目の面白さはあるけれど、使い勝手(フォーカス)はちょっと…。
絞りを手動で変えられる(絞りリングが有る)ので、F8固定にしてパンフォーカス的に使うはどうだろう。 

 

 

試写

早朝散歩中にブラブラと、ノーファインダー(ノールック)で撮ってみた。

 

 

全てフィッシュアイボディキャップレンズ(9mm/F8)で撮影。
水平を出すのが難しい(苦笑 

 

 

OLYMPUS AIR … ボディキャップレンズ

【この記事の所要時間: 244秒】

半ば衝動的に購入したOLYMPUS AIRの活用方法を日々思案中。
(via;変わり種デジカメ購入 … OLYMPUS AIR
(via;OLYMPUS AIR … 試し撮り

コンパクトでカメラらしくないデザインを活かして散歩写真的な使い方なんて良いんじゃないかな。

そこで課題になるのがノーファインダー撮影。
実は今までスマートフォンやコンパクトデジカメでさえノーファインダー撮影を試したことはありません。
見易いファインダーが標準装備されていれば当然そちらを活かしたいわけですし。
ところがAIRにはファインダーなんて無し。
単体で撮るなら是非マスターしたいところです。
 

次の課題はレンズ。
キットレンズはこの焦点距離や明るさ、コンパクトさなど、このクラスでは結構良いレンズです。
ただ、使用時には鏡胴が伸びるためAIRと合わせるとそこそこの大きさになってしまいますし、不意に電源をONにした際に伸びたレンズが何かに当たる・触れる恐れもあります。
また、ピント合わせやズーム調節などAIR単体ではやや難しい操作も…。

それなら、オリンパスから出ているボディキャップレンズを使えば良いのでは?
薄くて邪魔にならないし、ワンタッチでパンフォーカス設定が出来るためピント合わせを殆ど意識しなくても良いし。
なによりも安いのが嬉しい♪

そんなわけで購入しました。

 

PB280355 120151128

 

 

ボディキャップレンズ

PB280346 120151128PB280347 120151128

オリンパス ボディキャップレンズ BCL-1580

焦点距離15mm(35mm換算で30mm相当)/F8
色はAIRに合わせてホワイトを選びました。

 

PB280348 120151128

操作系は焦点距離調節のレバーだけです。
左から、レンズキャップ閉 – ∞(無限遠)- ・(パンフォーカス)- 0.3m。
写真はパンフォーカスの位置に設定。

 

PB280349 120151128

当然ながら電気的接点は無く、至ってシンプルな背面。 

 

PB280350 120151128

ボディキャップと比べると、その薄さを実感出来ます。
この薄い中に3群3枚のオールガラスレンズが入っているのは驚きですね。

 

PB280352 120151128

AIRに装着。
一件するとビデオカメラの電動ズームレンズっぽいかも。

 

PB280353 120151128

薄いですね。
これなら持ち回りが更に楽になります。

 

PB280354 120151128

キットレンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ)と比べると、半分くらいの高さでしょうか。

 

PB280351 120151128

レンズ交換ついでにAIRのセンサー部をパチリ。

 

IMG 1913 120151128

試し撮り。

AIRの試し撮りでも被写体にしたミニカーですが、今回はやや光が少なく、レンズの差以上に暗くなってしまいました。
また、焦点距離設定0.3mよりも短い距離になってしまい、ピントが甘いです。

 

ボディキャップレンズには他にフィッシュアイボディキャップレンズ BCL0980(9mm/F8)も出ているので、いずれ欲しいですね。

 

 

OLYMPUS AIR … 試し撮り

【この記事の所要時間: 150秒】

入手したOLYMPUS AIRで早速試し撮り。
(via;変わり種デジカメ購入 … OLYMPUS AIR

 

PB210316 120151121

 

 

撮影スタイル

PB210315 120151121

iPhone5Sと合体。
AIRを手に持って撮影するならこのスタイルですが…。

 

PB210317 120151121

AIRを三脚に固定した場合は、操作やプレビュー確認がし易く、シャッター操作時の振動が伝わらないこの別持ちスタイルが圧倒的に使い易いですね。
いわば、ビューファインダー付きリモコンです。

 

 

試し撮り

 PB210318 120151121

缶珈琲のオマケに付いていたミニカー(全長6cmほど)を撮ってみました。

 

IMG 1900 120151121

完全オート(iAUTO)で撮影してリサイズのみです。

 

IMG 1904 120151121

上の写真と同じアングルですが、フォーカス位置を変えてズームアップしてみました。
フロントグリルのエンブレム(「R」の文字)がクッキリ判ります。

 

IMG 1903 120151121

今度はワイド側して、撮影時にエフェクトを施してみました。
フォーカスが合っているフロントタイヤ/ホイールの質感が実際のゴム/メタルっぽくてなかなか良いかな…と自賛。
ちなみに、このパーツは樹脂の一体成型です。 

AIRの撮像センサーと映像処理エンジンはOM-D同等ですし、レンズも廉価版とはいえM.Zuikoですから、 写りとしては充分でしょう。

 

 

ミニ三脚

PB210319 120151121

使用したのはマンフロット MODOPOCKET 797 …現在は既に廃番。
正確には三脚ではなくカメラスタビライザーというカテゴリです。 
折り畳むと、このように小さく薄くなりますので、カメラに装着したままでもさほど邪魔にはなりません…が、AIRではハミ出すため流石に邪魔です。

 

PB210320 120151121

三つ折りになっていて、展開するとこんな感じになります。
前後のプレートの角度を変えることで、カメラの前傾角度を変化出来ます。
ヒンジは結構硬く、前後のプレートがワイヤーで繋がっているため、多少重い機材でも重さに負けて傾いたり畳まれる心配は無さそうです。

 

PB210321 120151121

マンフロット PIXI EVO との比較。

 

 

 

変わり種デジカメ購入 … OLYMPUS AIR

【この記事の所要時間: 450秒】

唐突ですが、オープンプラットフォーム OLYMPUS AIR A01 を購入しました。

 

PB200306 120151120

 

キッカケはオリンパスからの一通のメール。

オリンパスのオンラインショップで使える割引ポイントが結構貯まっていたのですが、その殆どが今年いっぱいで有効期限切れになるとのこと。
欲しいレンズが無いわけではないものの、この割引ポイントは購入金額の15%が利用上限…逆算するとポイントを使い切ろうとすると結構高額な商品になりますし、そのクラスでは直ぐに欲しい物はありません。
このまま失効待ちかな…。

と思いつつ、オリンパスのオンラインショップへアクセスしてみたところ、 一部の商品を対象にポイント利用の上限が20%に上がっていました。
そして対象商品の中に、 以前からちょっと気になっていた OLYMPUS AIR も含まれていることを知り、それなら!と購入した次第です。

 

OLYMPUS AIR A01 レンズキット

PB200295 120151120

さすがにパッケージもコンパクトですね。
写真では判り難いですが、標準レンズのパッケージ程度のサイズです。 

購入したのはレンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ)がセットになったレンズキットモデル。
倍率3倍の電動式ズームで、非伸張時22.5mmと世界最薄のパンケーキレンズ… 以前から薄くてコンパクトな標準域(本レンズは35mm換算で28-84mm)のズームレンズに興味がありましたので、これも良い機会かと。

オリンパスオンラインショップでのAIRの価格はボディ単体モデルが36,504円・レンズキットモデルが53,784円で差額は17,280円。
レンズ単体の価格相場を調べると安い所で大体二万円台前半… レンズも買うのなら当然ながらレンズキットでしょう。
しかも、専用の自動開閉式レンズキャップ LC-37C(こちらの価格相場は大体三千円半ば)が付属品に含まれています。

さて、気になる購入額は…オリンパスプレミア会員割引(5%)・オリンパスフォトパス割引(7%)・割引ポイント(20%)・購入ポイント付与(5%)でオンラインショップの販売価格から更に三割引以上になりました♪(1) 

 

構成品

PB200296 120151120

上:マニュアルと取扱注意書。
中:左から、AIRボディ、レンズ、レンズキャップ
下:左から、ハンドストラップ、USB-microUSBケーブル

マニュアルは多国語対応にも関わらず一枚の簡単なものですが、記載されているアプリをスマートフォンへインストールして使用することにより、AIRとの接続(Bluetooth、Wi-Fi)や他の関連アプリインストールなど全てアプリ上で詳しく説明されます。

 

サイズ比較

PB200297 120151120

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROと並べてみました。

 

PB210314 120151121

使用状態でレンズが伸張すると、200g缶とほぼ同じ長さになります。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZと同程度のサイズ感でしょうか。

 

PB200299 120151120PB200300 120151120

E-M1Nokton 25/F0.95と並べてみると…ほぼ同じくらいに見えますね。
マイクロフォーサーズシステムは全体にコンパクトなので、この写真では余り小ささを感じないかもしれません。

 

自動開閉式レンズキャップ

PB200298 120151120PB210312 120151121PB210313 120151121

コンパクトデジカメではお馴染みですが、電源のON/OFFに連動してシャッターが開閉します。
通常のレンズキャップでは着脱の手間が掛かることや、撮影中のキャップの扱いが面倒といった問題が有りますが、このレンズキャップは装着したままで良いので非常に使い易いですね。
尚、レンズフィルターとの併用は出来ません。

 

 

細部の紹介やセットアップ、使用方法については公式サイト、様々なインプレサイトで詳細に紹介されていますので割愛します。

 

 

アクセサリー

PB200301 120151120

AIR用にミニ三脚と携帯ポーチを購入しました。

 

ミニ三脚

PB200302 120151120

マンフロット PIXI EVO

 

PB200303 120151120PB200304 120151120PB200305 120151120

開脚角度を2段階(55°/80°)に設定出来、最低高10.5cmのローアングル撮影が可能です。
脚は5段階の長さに調節出来ます。
耐荷重は2.5kgですのでE-M1でも充分使用出来ますね。 

 

携帯ポーチ

PB200311 120151120

ケンコー・トキナ aosta レンズケース 100

 

PB200309 120151120

EVA製のセミハードタイプで、かなり頑丈なケースです。
内側には傷が付きにくい柔らかな素材が貼られていて、直径66mm×長さ100mmまでのサイズのレンズが収納可能です。
中の仕切り板は着脱出来ます。 

 

PB200310 120151120

AIR+レンズを入れたところ。
ハンドストラップ用のスペースもあり、ジャストフィットです。

 

 

 

 

  1. 到着後、製品登録とアンケートへの回答で更にポイントが付与されました。 []