遅い夏休みも終わり

【この記事の所要時間: 439秒】

巷より半月ほど遅れて取った夏休み(秋休み?)も今日で終わり。
長いようで短かった九日間…今回もいつものように帰省だったけど、とりあえずノンビリは出来たかな。

 

P9092341 20180909

 

旅の相棒

G.W.に続いて今回もリモワ・パイロットトローリーと袖形かばんが旅の相棒。
(via;これからの旅の相棒 … リモワ・パイロットトローリー
(via;簡便肩掛袋(サコッシュ)… 袖形かばん

パイロットトローリー…立てた状態で上が開く「箱」ってのは本当に使い勝手が良いね。
携行品はノートPCやタブレット、モバイルセット(電源アダプタやケーブル類一式)など平たい物や細長い物が多いので、収納性を考えると立てた方が入れやすい。
横長なので深さ(高さ)が程良い点も使い易さに貢献している。
傍らに立てて置いた際に中身の出し入れが容易なのも良し…一般的なスーツケースやトランク、キャリーケース/バッグでは平置きして大きく開かなきゃならないのでそれなりに場所を選ぶしね。
また、頑丈で防水性が高いため、モバイル機器などを安心して持ち運べるのも良し。
自宅に置いている時には普段使わない機器の保管庫としても活用している。

新幹線の網棚にはスッポリ収まり、座席足元に置いてもグリーン席なら全く余裕・一般席で若干狭いかな?と感じる程度のコンパクトさ。
コンパクトながら収納性は高く、帰省先で購入した雑誌を五冊ほど持ち帰ってきたが、元々けして少なくない携行品に加えても余裕で収まった。
トローリーなので少々重くなっても引いて歩けば楽…但し階段など提げなければならないケースも考えておかないとね。

袖形かばん…いわゆるサコッシュだけど、これもまた使い勝手が良い。
iPhone、Kindle、サイフ、キーケース、ヘッドホン(インイヤーホン)、ハンカチ、ティッシュ、チケット類など直ぐに使う物を入れておけば、パイロットトローリーは仕舞ったままでOK。
伸縮容易なショルダーベルト(ジェットグライド)のおかげで、中身を出し入れしない時は身体に密着させておけば軽く感じるし、屈んだ際の邪魔にならない。

ところで、上の写真のうち下側の小さいシエラカップ二個は今回購入した雑誌「BE-PAL」の付録。
購入先の大型書店ではこうした付録付き雑誌のバックナンバーが豊富で、左下のシエラカップが付いた号も結構前の発刊だが在庫があった(ラストだったけど)。
右下のシエラカップが付いた号は最新刊なのか山積みだった。
他にも、ディアゴスティーニなどの「組み立てる系」雑誌?のバックナンバーも結構揃っていたり、オーディオ系雑誌の大型付録(アンプ、DAC、スピーカー、エンクロージャーキット、ケーブル類、等)が付いた号も割と残っていたりする。

 

 

クロスカブ

今回の帰省では試走(後述)を除くと一度も乗れなかった。 
最初はバッテリー不調のため見送り、次は天候不順、体調不良、実家用事のため見送り。
(via;[CC110] 初バッテリー交換

まぁ、バッテリーの不調はあったものの経年劣化(納車から四年半一度も交換していなかった)だし、他には特に問題になるような箇所も無し…とはいえ実際に走ったのはバッテリー交換後の試走で10mほどだけども。(1) 

汚れや錆については、完全に覆うカバーを掛けてガレージ奥に置いていたので、カバーには細かい砂埃が付いていたものの、クロスカブ自体はほぼ埃程度で済んだ。

次は年末年始…今度は乗れるかな。
今度は珈琲(プチ)ツーに行こう。
(via;[CC110] 気分だけでも珈琲ツー(笑)

 

 

ブログ弄り

先日、ブログの見やすさや表示速度の向上を図っていろいろ見直しを行ったが、肝心のWordpress自身には手を付けなかった。
使用していたバージョンは3.9.x(末尾失念)…最新は4.9.8なので随分古い。
手を付けなかった理由は、これほどの差分を一気にアップデートするとテーマやプラグインなどで互換性の問題が出るのではないか?という心配から。
(via;RYO.NET 20周年♪

先日の見直しでプラグインを整理して全て最新版にしたし、テーマも自分で手を加えた部分があるが一応オリジナルは最新版なので大丈夫だろう…という見切り発車でWordpressを最新版(4.9.8)にしてみた。

結果はとりあえず問題無し。
ただ、プラグインは事前に全て最新版にしていたにも関わらず十数個に更新有りを通知された。
おそらく使っていた古いWordpressに対応しているものとしては最新だったが、Wordpressをアップデートしたことで更に新しい物が見えてきた…ということだろう。

あと、「とりあえず」というのは、JetpackをアップデートしたところWordPress.comとの連携やAkismetのアクティベートが再度行う必要が有ったため。

これでWordpressシステムとプラグインは全て最新版になったので、PHP 7.1への移行を考えてみてもいいかな…と考えてみたものの、改めて互換性をチェックしてみるとプラグインの幾つかが非互換。
いずれも欠かせないため、移行のメリットとデメリットを考えた結果デメリットが多いと判断して見送り。

ところで、この作業の際にうっかり使っていなかったプラグイン(記事投稿時にSNS…設定はTwitterのみ…へ自動通知する)を有効にしてしまい、先の記事を投稿した際にTwitterに投稿してしまった。
暫くして気付いて、プラグインを無効化するとともにTwitter投稿の方も削除しておいた。

  1. ヘルメットと免許証が手元になかったので…一応私道だよ。 []

モブログについて考えてみる

【この記事の所要時間: 330秒】

IMG 0261 20141104

三連休も終わり、今日は11月最初の平日。
なんだかんだと今月は忙しくなりそうな予感…今朝も早めに出勤して一週間の作業予定を整理して、一部は前倒しで着手。
完全に朝型人間なので早めの出勤と仕事開始は苦じゃない。
むしろ、通勤路も電車も更には職場も人が少なくて 気分が良いし、静かで仕事が捗る。
そして早く仕事を始めれば割り込みが入っても影響が少ないので、早めに終えてスッキリ帰宅出来るというメリットも有り。 

 

モブログ環境を作ったワケ

さて、昨日までの三連休の間にiPad mini Retinaを使ったモブログ(モバイル・ブログ)環境を整えてみた。
(via;[moblog] iPad miniでブログの作成〜投稿(Blogsy)
(via;[moblog] iPad miniでブログの作成〜投稿(PressSync、他)

そんなに活発なブロガー(笑)じゃないし、MacBookAir/11でMarsEditを使った環境に満足しているのに、改めて新たな環境を作った理由は…こんな感じ。

いつでもどこでもネタ書き

前のブログでは毎日欠かさずその日の出来事に絡めた記事を投稿していたのに、今のブログへ移行してからは週に1〜2回(主に休日)しかも過去の出来事を振り返ったり書き溜めておいたネタを投稿するばかり。
極普通の会社に勤めて、通勤の行き帰りも極平凡な一般人だけど、見方を変えれば意外と日々何か有るわけで、そのネタが記憶にあるうちに書き留めておけば、ブログの記事に出来るんじゃないかな…とね。

携行品減らし

帰省はもちろん一泊程度の出張でもMacBookAir/11を持ち回っている。
その大きな目的はブログ書き。
他の用途も有るけれど、ネットアクセス程度なのでiPad mini Retinaなら充分に補える。
それならブログ作成〜投稿環境も整えれば、短期であればMacBookAir/11を持ち出さずに済むのでは…と考えた次第。
MacBookAir/11を持ち回る時はiPad mini Retinaも漏れなく持ち回っているため、単純に携行品を減らすことが出来る。

 

しかし実際は…

そんなこんなで、今日から早速モブログ!と意気込んだわけだけど、実際はアイキャッチ用の画像を用意しただけ。
それが冒頭の写真。
職場の自席をiPhone5sで撮影してiPad mini Retinaで加工したところで保留。
帰宅後にMacBookAir/11へ転送し、MacBookAir/11のMarsEditで作成&投稿したのがこの記事というわけ。 

いつ書くか?

通勤中、電車に乗っている時間は5分少々、その他は駅ホームで電車を待っているか徒歩移動なので、iPad mini Retinaを開いて物書きをする時間は無し。
短い時間でもスマホでブログを書いている人も居るが、自分はまだまだその域には達しないし、多分無理。

職場では、始業前は冒頭にも書いたようにその日の作業内容をチェックして予定を組み直したり作業の前倒しをしている。
昼休みは読書をしたり時には昼寝をしたり。
業務中は当然不可…まぁ実を言うとこっそりツイッターをしていたりするので、テキストエディタを開いてブログのネタ書きをしていても傍目には仕事をしているように見えるだろうけれども(笑

気軽さの違い

前のブログはテキスト主体だったので比較的気軽に記事が書けた。
今のブログは冒頭にアイキャッチ画像を置くようになったので、何か画像が無いと落ち着かない⇒画像を用意(撮影、加工)する手間が掛かるようになった。
ブログに掲載する画像はアイキャッチや記事内、タイトルイメージなど、極力自分で撮影した写真を使いたい。
稚拙な写真だけど、ちょっとした自分なりのこだわり。

文体

今のブログでは「です・ます」調で書いていて、これが意外と悩ましい。
ストレスが溜まるというほどじゃないけれど、自分の考えや想いを表現する際に、文体を整えるという「ワンクッション」が挟まって 、いまひとつ文章がスムーズに出てこない感じ。
なので、この記事みたいな雑記系では前のブログで通していた文体で書くことにした。
もちろん乱暴な印象にならないように気を付けたいと思っている。

 

[moblog] iPad miniでブログの作成〜投稿(PressSync、他)

【この記事の所要時間: 717秒】

BlogsyでiPad mini Retinaでのモブログ環境を作ってみたものの、たった一つの記事を作成〜投稿しただけで感じた幾つかの不満点が気になって、他のブログクライアントアプリ”PressSync”へ乗り換えることにしました。
今回は作成から投稿までを一つのアプリで作業することに拘らず、適材適所でアプリを組み合わせて使うことにして、併せて写真撮影〜調整/加工〜掲載の流れも改めて検討しました。

 

 

[moblog] iPad miniでブログの作成〜投稿(Blogsy) | PRO’LOGUE
ブログはもっぱらMacBookAir/11(MarsEdit)で作成から校正、投稿まで行なっています。iPad miniやiPhoneで下書きやネタの覚え書きを書くことはありますが、投稿はもちろん記事…

 

 

記事作成の流れ

様々な組み合わせを試行してみて、ひとまず
【ATOK Pad】⇔【Textwell(w/TextExpander)】⇒【PressSync】
という流れに落ち着きました。

 

PressSync

Blogsyでの不満点のうち「不要な改行付与と追加した改行タグの無効化」「日本語入力&外部キーボードでの範囲指定誤動作」(1) には遭遇しなくなりました。
HTML編集モード(タグ打ち)のみでリッチテキスト編集モードは有りませんが、慣れればタグ打ちのほうが早いので特に問題は有りません。

内蔵エディタ機能も結構使い易いのですが、ATOK for iOSが外部キーボードに対応していないため今一つ変換効率が悪い純正IMEを使わざるを得ず、また、TextExpanderが使えないため入力効率が落ちる…という惜しい点が有ります。
PressSync自身にもTextExpander相当の機能がありますが、MacBookAir/11やiPhone5sでも使っていてスニペットを共有できるTextExpanderがやっぱり使い易いです。

但し、PressSyncは強力なHTML入力支援機能が有りますので、通常のタグであれば入力効率は良いですね。
他には、各種リンク(参照サイト、AmazonやiTunes、AppStore、等)の作成が少々手間な点も惜しいかな。

PressSync – WordPress Blogging App 1.5.1
分類: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
価格: 無料 (Hiroaki Hayase)
PressSync Pro – WordPress Blogging App 1.5.5
分類: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
価格: ¥500 (Hiroaki Hayase)

 

Textwell

一見すると非常にシンプルなエディタですが、「アクション」と称する拡張機能の多彩さが最大の特長でしょう。
様々なアプリやサービスに対するテキストのインポート/エキスポートが出来、もちろんPressSyncへの出力もアクション(Open in…)で可能です。
同様に、Dropboxへの保存や読み込みもアクション(Save(Dropbox)、Open(Dropbox))で出来ます。
Dropboxを介することでバックアップだけではなく他のデバイスでの更新も出来て活用の幅が広がりますね。

テキストエディタですが、アクション(BlogView)を使うことで、HTMLのプレビューを表示して更にはプレビュー状態での編集というリッチテキストエディタ的な機能も使えるようになります。
各種のリンク挿入も豊富でユーザー作成のアクションが数多く公開されていて、この記事内に貼っている参照リンクやアプリリンクもTextwellのアクション(BlogQuote、AppHtmlWeb)を使って生成・挿入しました。
TextExpanderに対応している点も大きな選択理由です。

Textwell 1.3
分類: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥300 (Sociomedia, Inc.)
TextExpander 3 + custom keyboard 3.2
分類: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥500 (SmileOnMyMac, LLC)

 

TextwellのDropbox連携がさらに便利に Open(Dropbox)
Directモード誕生。新しいTコマンド”dropbox”。TextwellからDropboxに保存します。ただ、そのまま使うとタイムスタンプの味気ないファイル名なので、一行目がファイル名になるよう改…
Textwellでプレビューしながら編集する BlogView(スイート版)
甘く仕上げてみました。DraftPadからの移植、再開しました。Textwellを使っていると「まだ作ってなかったっけ?」なアクションがあります。たとえばBlogView。ブログの下書きをプレビューす…
Textwellでブログの紹介リンクを作成する BlogQuote(STYLE版)
スクリプトが長すぎて、どこを弄れば良いのやら。まずは反省。盛り過ぎた。上みたいにリンクプレートを作るアクションですけど、パソコンで見ると色合いが違う。背景のivoryがどぎつく見えます。嫌ですね。配色…

 

ATOK Pad

Textwellでも外部キーボードでATOK for iOSを使うことは出来ません…これはiOS自身の制約ですから。
幸いに、Textwellのアクション(Edit with ATOK Pad)を使ってATOK Pad との間を簡単に行き来して編集することが可能になりますので、外部キーボード使用時にもATOKの恩恵を受けられます。
PressSyncやTextwell内でiOS純正のIMEを使っていても、外部キーボードとの相性が今一つ良くないのか挙動不審になることがあるため、それを回避したい…という目的もあります。
※ATOK Padのみ使用する場合は、ATOK for iOSは不要です。

ATOK Pad 5.0.2
分類: 仕事効率化, ビジネス
価格: ¥1,300 (JustSystems Corporation)
ATOK for iOS 1.0.3
分類: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥1,500 (JustSystems Corporation)

 

文章の入力と修正はATOK Pad、各種リンク挿入や小修正はTextwell、画像の貼り込みや記事情報(カテゴリ、タグ、アイキャッチ画像、他)の設定と投稿はPressSyncという流れになります。

 

画像貼り込みの流れ

iPhone5sで撮影し、AirDropでiPad mini Retinaへ転送後、Photogene4でレタッチとリサイズをして、PressSyncで貼り込みます。

尚、撮影用のカメラアプリはOneCamを使っています。
高画質に加えて、フリック動作で様々なアプリやサービスとの連携が出来るなど使い勝手が良いです。
それになによりも、あの大きなお世話極まりないシャッター音がしないのも大きな利点。
スマホのシャッター音やデジカメの操作音(往々にして出荷時設定で音有りになっていたりしますが…)は、大抵の場合周りに対する大きな迷惑になりますし、撮る側にとっても不快なものですから。

OneCam(マナー・連写) 〜フリックで簡単シェア〜 5.2.1
分類: 写真/ビデオ
価格: ¥200 (masahiro seto)
Photogene ⁴ 4.3
分類: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: ¥300 (Omer Shoor)

 

AirDrop を使ってワイヤレスでコンテンツを共有する – Apple サポート
AirDrop を使うと、近くで Apple 製デバイスを使用している人と、写真、ビデオ、Web サイト、位置情報などを共有できます。AirDrop でコンテンツを共有するには、自分と共有相手の双方で…

 

というわけで、この記事も下書きの作成から投稿までの一連の作業をすべてiPad mini Retinaで行いました。
冒頭の写真(アイキャッチ画像兼用)はiPhone5sで撮影し、iPad mini Retinaで加工(モノクロ化、リサイズ)して、PressSyncで貼り込みました。

写真は一枚だけですが、文章の量としては普段MacBookAir/11で作成している記事より多いかも。
それだけ文章入力がし易いということですね。

  1. これはBlogsyに限らず試した全てのテキストエディタ系アプリで多かれ少なかれ遭遇しました。 []

[moblog] iPad miniでブログの作成〜投稿(Blogsy)

【この記事の所要時間: 42秒】

ブログはもっぱらMacBookAir/11(MarsEdit)で作成から校正、投稿まで行なっています。iPad miniやiPhoneで下書きやネタの覚え書きを書くことはありますが、投稿はもちろん記事としての作成までには活用していませんでした。

ソフトキーボードによる文字入力の制約が一番の理由。それと、自他サイトへのリンク設定、デジカメ画像の取り込み〜加工(軽い調整)〜貼り付け…などの付随作業がiPad miniやiPhoneではかなり煩雑になる事も大きな理由ですね。

また、前のブログではブログシステムが古い(MovableType Ver.2.x)こともあって、iOS用のブログクライアントアプリとの相性が悪く、使えなかったり不安定だったことも積極的に活用してこなかった理由です。

 

環境構築

文字入力改善(外部キーボード)

iPad mini Retinaに外部キーボード一体型ケースを装着したことにより、文字入力が大幅に改善しました。
それまでの「ネタの覚え書き」はもちろん「下書き」でも長い文章の入力や校正が大幅に楽になり、これならそのまま記事作成に使えるのではないか?と。

[iPad] キーボード一体型ケース … ClamCase Pro for iPad mini【使用編】 | PRO’LOGUE

 

ブログクライアントアプリ

となると次はブログクライアントアプリの再確認です。 前のブログと相性が悪くてお蔵入りしていたアプリ(複数)を試してみたところ、全て問題無し。
その中から機能や使い勝手、見た目で”Blogsy”というアプリを選択しました。

Blogsy
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥500

“TextExpander”に対応していることも必須条件です。MarsEditでもTextExpanderを常用していますし、スニペットが共有できるため非常に効率が良いです。

TextExpander 3 + custom keyboard
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥500

 

画像掲載(撮影から貼り込みまで)

写真散歩など写真が主体の記事では今まで通りMacBookAir/11を使いますが、ちょっとした写真入りの記事ならiPad mini Retinaでも作成し投稿したい。

普段使っているデジカメ(SONY DSC-TX5)を使うとなると別に持ち回る必要が有り、取り込む手段も必要になります。
モブログレベルならスマホでも十分…iPhone5sなら常に持ち回っているし画質も悪くない…というわけ撮影はiPhone5sにお任せ。
iPad mini Retinaへの転送はApple純正機能の”AirDrop”を使用。画像共有サービスと違ってインターネットに繋がっていなくても転送出来るのが便利ですね。

AirDrop を使ってワイヤレスでコンテンツを共有する

他に、画像のリサイズや簡単な調整で以前から”Photogene4“というアプリを使っています。
シンプルながら画質調整としてはかなり多機能で、RAW現像も可能なのでE-M1で撮影した写真をその場で取り込んで現像する…なんてことも出来ます。
取り込み手段(Lightning to SD Card Camera Reader等)が必要になりますが、さほど嵩張る物では有りません。

Photogene ⁴
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥300

 

モブログお試し

というわけで、この記事はiPad mini Retinaで作成して下書き投稿したものを、Wordpressのエディタで微調整&AppStoreへのリンク追加後に公開しました。

外部キーボードとTextExpanderのおかげで、MacBookAir/11で作成しているのと遜色無い感じ。自ブログ内や外部サイトへのリンクも、多少勝手は違いますがBlogsyの機能で結構容易ですね。

冒頭の写真は、iPhone5sで撮影してAirDrop経由でiPad mini Retinaに転送し、Photogene4で少しだけ画質を変えてみたものです。

 

残念な点

全体的にはまぁまぁ満足していますが、幾つか不満も有ります。

・改行時に空行が入る。(HTML編集モードで直接タグ打ちすれば回避出来ますが、少々手間。)
・HTML編集モードで改行タグを追加するとその時の投稿には反映されるが、再度読み込むと消去されてしまう。
・その他にも幾つかのタグが投稿⇒再読み込み時に無効化される。
・日本語入力時に外部キーボードを使うとshiftカーソルでの範囲選択が誤動作する。 
・記事内の最初の画像をキャッチ画像にするWordpressプラグインが機能しない。 

写真主体でなくても凝った記事の場合は、今まで通りMacBookAir/11で整形⇒投稿することになりそうです。

[Mac] Power Mac G4 Cube … システム的にも復活したかな?

【この記事の所要時間: 421秒】

一ヶ月少々前に自宅サーバ(PowerMacG4Cube)で処理が著しく遅くなる現象に見舞われ、以来ブログへの記事の投稿や更新にかなり時間が掛かるようになり、更新が反映されないケースも頻発してきました。
更には、一部アプリで起動に大幅な時間が掛かる・操作中に固まる・そもそも起動しない、や、 システム(OSX)自体の挙動不審にも遭遇するようになってきました。

ハードディスクのメンテナンスや交換、バックアップファイルからリカバリをしても特に改善がみられず、恐らく何らかの原因でハードディスクが不調に陥った状態のまま使い続けた結果、ソフトウェア環境(システム、ブログ、等)が異常に陥った可能性が高いです。
バックアップ自体もそうした不調状態で取ってしまい、異常を抱えたままリカバリしてしまった恐れも有ります。

その後、ブログはサブドメインの保持用に契約していたレンタルサーバで再開していますが、10年以上に渡って蓄積してきた旧ブログの記事は自分自身の覚え書きとしても貴重な記録です。
アクセス状況を見ると、今も見に来て下さっている方々が居ます。

旧ブログの再開は無理としても、せめて閲覧だけでも出来るように…と運用を続けていますが、アクセスにかなり時間が掛かり、使い勝手は大幅に落ちてしまいました。 
(via;ブログ移転のご挨拶

 

CubeImage

そういえば、ハードディスクのメンテナンスやファイル構造の修復はおこなったものの、システム自体の修復は試みていなかったことを思い出しました。

 

修復作業その1…Drive Genius 2

DSC01753 20140727

ちょうど書斎の書棚に置いていたので、まずはこちらを使ってみます。
このCDから起動して、システムドライブの検証と修復を試みることにしました。

ところが…CDを挿入してもCubeから認識されません。
取り出そうにもCDが認識されないためコマンドでは無理、キーコンボ操作でも駄目。

DSC01752 20140727

通常、こういう場合は強制排出用ボタンやピンホール(1) を使って取り出すのですが…Cubeにはボタンもピンホールも無し。
それに、現在は変換アダプタを使って汎用の光学ドライブに換装していますので、仮にピンホール用の孔が開いていたとしても位置が合わなかったでしょう。

CDを取り出すにはCubeのシャーシ本体を露出させる必要があります。
幸いに開腹は非常に簡単ですが、接続ケーブルの脱着などが手間なのでひとまず後回しにしましょう。

 

修復作業その2…Tech Tool Pro 4

こちらは、持っていることは覚えていたものの肝心のメディアが行方不明。
尤も、メディアが見つかっても、上述の通り光学ドライブにはDrive Genius 2のCDが詰まっているため使用不可。

やはりCDの取り出しをしなきゃならないかなぁ…と半ば諦めていましたが、Cubeのアプリケーションフォルダーを覗くと、インストールしておいたTech Tool Pro4が有りました。
システムやアプリの不調が続く中で、このアプリが正常に使用出来るかどうかは分かりませんが、とりあえず起動。

普通に起動完了し、メニュー間の移動なども特に遅くはありません。
これは使えるかも…と、早速全ての検証を実施しました。(2)

結構時間が掛かりましたが、ハードウェア、ファイル構成、ドライブの異常は検出されず。
但し、Finderに大量の異常が見つかりました。
Finderの検証と修復を実施 したところ無事に修復完了。

DSC01754 20140727

修復作業後に見つけたマニュアルとメディア(CD)。
嵩張るため箱を処分して、他のアプリと一緒にまとめていたため見つかり難かったらしい。

 

たぶん復活?

再起動後は、システムや常駐アプリの起動、その他アプリの起動も修復前に比べると明らかに速くなり、正常稼動していた頃と(たぶん)変わりないほどです。

自宅サーバのWebサイトへアクセスすると、こちらも以前通りのアクセス感覚。
ブログで閲覧や検索を一通り試してみて、やはり速くなった(以前通りになった)と実感出来ました。
これなら、実用的に閲覧出来ると思います。

 

DSC01750 20140727

Cubeと、先日空中設置した小型ディスプレイ。
(via;[Mac] 小型ディスプレイをクランプマウントで空中設置

 

オマケ

ブログの速度チェックサイト(GTmetrix)で修復後の旧ブログを測定してみました。

MBA11 SS2014 07 27 10 37 43

”Page Speed Grade”はまさかのA判定、”YSlow Grade”もC判定に収まっています。

 

ついでに現ブログも測定してみました。

MBA11 SS2014 07 27 10 45 32

それぞれ1ランク下の判定です。

旧ブログはローパワーとはいえ占有サーバ、 現サーバはレンタルサーバという寄り合い所帯(しかも月額利用料数百円という廉価)。
また、 ページサイズも大きな差(旧ブログ:600KB余、現ブログ:2MB余)が有りますので単純な比較は出来ませんが。
尚、自宅サーバを修復する前に測定した際には遅すぎる(タイムアウト)ということで門前払いでした。

  1. 細い棒を差し込んで突き出す。 []
  2. 対象が起動ドライブなのでドライブの直接修復は出来ません。 []