M-65 Field Jacket

【この記事の所要時間: 339秒】

ミリタリー小物は地味で無骨だけど丈夫で使い勝手が良いから好き。
特に衣類とバッグは普段でも結構使っている。

ミリタリー物の衣類では、MA-1(フライトジャケット)やM-51(フィールドコート)、M-65(フィールドジャケット)を昔から愛用してきた。
その中から、現在持っているM-65を簡単に紹介してみよう。

 

 

M-65 フィールドジャケット

P4100729 120160410

オリーブドラブとカーキの二色。
サイズはどちらもSMALL-REGULAR…カーキの方はMEDIUM-REGULARも持っているが、自分には少々大きいため(本来の用途としてはこちらのほうが向いているが)実家に送っている。
このサイズは中に厚手のオープンシャツを着て程良く、着丈はヒップが半分程度隠れる感じかな。
腰と裾に紐(ドロウコード)が通っていて、絞ることでフィット感を調整出来る。 

 

 

官給品(2ndモデル)

P4100730 120160410P4100736 120160410

割と古い物だけど破れや解れ、目立つ汚れは無く、全体になかなか良い状態。
色落ちも良い感じになってきている。
生地はナイロンとコットンの混紡(比率は不明)。 

 

P4100733 120160410

裏地はグレー…いわゆるグレーライニング(グレーライナー)。
極短い期間に・極一部の製造業者(1) で作られたM-65のみがこのグレーライニング仕様になっている。 
このグレーライニングは比較的弱い生地らしく、破れたり縫い目が解れ易いとのこと…手持ち品はノーダメージ。
更に青味掛かっているブルーグレーのライニングも有るとか。

 

P4100744 120160410

袖の部分はベルクロ(マジックテープ、面ファスナー)で絞ることが出来る。
また、袖口には手の甲を覆う三角形の布が折り込まれている。

 

P4100731 120160410P4100732 120160410

前面と襟部分のジッパーはアルミ製(両方ともSCOVILL)。(2) 
アルミ製は腐食や駒抜けが起き易いためか、後継の3rdモデルでは真鍮製に変わっている。
手持ちの物は引き手に少々錆が見られるものの全体に綺麗で、駒抜けや前面ジッパー差し込み口の傷みは見られず、動きも滑らか。
立て襟で、マジックテープで前を留めることで保温性を高められる。
尚、襟から背中部分に掛けて簡易フードが内蔵されており、このジッパーを開けて引き出す。 

 

P4100734 120160410P4100735 120160410

襟下と脇腹辺りの二箇所にラベルが装着されている。
コントラクトナンバー『DSA 100-68-C-1974』の「68」は製造年(西暦)の下二桁…つまり1968年製。
実に50年近く前に作られたもの。
末尾の「1974」はシリアル番号。
一番下には製造業者名『ALPHA INDUSTRIES, INC.』が記されている。 

 

 

民生品(3rdモデル)

P4100737 120160410P4100742 120160410

市販品といっても色と生地が異なるだけで構造は全く同じ。
生地は「ナイロン:50%、コットン:50%」で、前述の官給品(2ndモデル)に比べて若干厚手に感じるけど、経年の違いかもしれない。 

 

P4100740 120160410

ライニング(ライナー)は表地と同じカーキ。

 

P4100743 120160410P4100745 120160410

袖口をマジックテープで調節したり三角形の布が折り畳まれているのは同じ。
但し、2ndモデルでは袖の部分に付けられている三角形の別布が、3rdモデルでは省略されている。
この別布も割と傷み易い生地らしいが、 手持ち品は今のところノーダメージ。

 

P4100738 120160410P4100739 120160410

前面と襟のジッパーは真鍮製(両方ともSCOVILL)。(3) 
手持ち品はまだ余り馴染んでいないせいか少々固い感じ。
尚、後継の4thモデルではプラスティック製ジッパーに変わっており、過渡期には一方が真鍮製・もう一方がプラスティック製という複合タイプも見られる。
襟の構造は同じ。

 

P4100741 120160410

ラベルは襟下の一枚にまとめられている。
民生用のためコントラクトナンバーの記載は無く、メーカーの一般向けタグが付いている。
製造業者は『ALPHA INDUSTRIES, INC.』でアメリカ製。(4) 

 

 

気軽に着られて、大きめの四つのポケットが使い易く、夏と真冬以外はほぼ常用している。
内側にキルティングライナーを装着すれば保温性が一気に上がり真冬でも実用になるが、SMALL-REGULARのサイズではタイトになり過ぎてちょっとキツいかな。
カーキ色の方は傍目には一般的なジャケットやハーフコートと大きく違わないため、通勤用に使う事もある。
 

  1. 軍用品は通常複数の製造業者から納入されている。 []
  2. 複数のメーカー製が採用されている。 []
  3. これも複数のメーカー製が採用されている。 []
  4. 最近はアジア製造にシフトしてしまっている。 []

冬はやっぱりコレだね … ハクキンカイロBM

【この記事の所要時間: 40秒】

今年もあと半月ほどになりました。
日々寒さが増し、特に早朝の通勤時は結構冷えます。
重ね着の組み合わせは、風を通さないアウターと暖かい空気を保つインナーですが、熱源が体温だけだと少々心許ないことも有ります。
そんなときに有ると嬉しいのが強力な熱源…懐炉(カイロ)です。

 

 

ハクキンカイロBM

DSC02311 20141214

愛用のハクキンカイロBM(廃番)と付属のポーチ。

使い捨て懐炉ならホームセンターやディスカウントショップで格安に入手出来ますし、最近は電池式の物も色々出ていますが、 これらよりも暖かくて長時間使用出来、廃棄物を出さない昔ながらのハクキンカイロがお気に入りです。
実は、以前は電池式の物を使っていましたが…通常使用では発熱が弱く・発熱を強くすると電池の持ちが一気に短くなるため、電池交換の手間や使用済み電池の処理からハクキンカイロへ乗り換えました。

 

着火機構

DSC02315 20141214

ハクキンカイロで難しく思われるのが着火ですが、このBMモデルではオイルライターと同じ着火機構が装備されていて、別途発火具(マッチやライター等)を使うこと無く簡単に着火出来ます。
交換用の発火石(フリント)と芯(ウィック)は一般的なオイルライター用の物が使用出来るようです。
残念ながら、このBMモデルは既に廃番になっていて、単独着火出来るハクキンカイロは現行には有りません。

他には、電熱線(ニクロム線)が内蔵されていて乾電池を使った点火器具で着火出来るモデルも有ります。

 

注油と着火

DSC02316 20141214

燃料は上部の火口(突出した部分)を外し、付属の定量カップを使って注ぎ入れます。
注油を完了したら火口を元の通り装着し、着火した後、カイロを立てたまま5〜7秒待って蓋を嵌めます。
本体を傾けて炎を直接火口に当てるのは厳禁ですし、そもそも不要です。

 

定量カップ

DSC02317 20141214

BMモデル専用の定量カップ。
側面に目盛が有り、一杯で18cc/半分程度で9cc入ります。
1ccで約1時間燃焼しますので、最大で約18時間連続使用出来ます。
尚、もし途中で消火する場合は、懐炉全体を難燃性の密閉容器に入れるか、火傷に注意して火口を取り外します。 

 

燃料

DSC02318 20141214

ハクキンカイロで使用出来る燃料は、ベンジン(カイロ用)、オイルライター用オイル、ホワイトガソリン…等。
入手性と(燃料の)携行性が良く、ベンジンに比べて匂いも少ないためジッポーライターのオイルを使う人も多いようですが、電池着火式のモデルでは着火し難いという話もあるようですね。

私は専用ベンジン(写真・左)ばかりです。
確かに少し匂いが有りますが、実のところ割と好きなんですよね、この匂い。

 

ハクキンカイロについて非常に広範囲で詳しい情報が網羅されているサイトがこちら。
ハクキンカイロ非公式ファンサイト

 

 

カイロポケット付きネックウォーマー

さて、カイロを持ち回る際に悩むのがどこに入れるか…ということ。
上着のポケットだと身体に暖かさが伝わりにくいですし、冷たい外気の影響も承けやすいです。
胸ポケットがあるシャツならひとまずそこに入れられますが、胸からは身体の一部しか暖かく感じないのが惜しい。

お腹の辺りや首筋を温めると全身が暖かくなると言います。
とはいえ、どちらもカイロを当てておくには難しい場所…と思ったら、こんな物を見付けました。

 

DSC02323 20141214

日曜発明ギャラリー 暖か朗Ⅱ(あたたかろう ツー)

 

DSC02319 20141214DSC02322 20141214

赤ちゃんの前掛けみたいなデザインですが、装着の向きは前後逆。
垂れ部分がうなじに当たるように掛けます。
ベルトはマジックテープで固定出来、首に巻けばネックウォーマーになり、巻かずにVネック風にすれば上着の下に隠れて目立ちません。
全面はフリース素材で肌触りが良く、垂れの裏地は熱が伝わりやすい遠赤外線放射性生地が使用されています。

 

DSC02321 20141214DSC02320 20141214

垂れの部分にはポケット(スナップ留め)が有り、ミニタイプの使い捨てカイロが入ります。
ハクキンカイロBMも問題無し。
伸縮性の有る生地ですので、一回り大きな一般的なハクキンカイロも入りそうです。
ちなみに写真のミニタイプ使い捨てカイロは暖か朗Ⅱのオマケです。

これなら寒い時期のバイク乗りにも良いかも。

 

 

冬物アウター新調 … ALPHA N-3B タイト スリムフィットジャケット

【この記事の所要時間: 332秒】

12月に入って一週間。
冬にしては雨が多いですが、その一雨毎に寒さが増してくる感じ。
寒くなると冬物のアウター(一番外に着る上着)が欲しくなってきます。

休日はもちろん通勤時にも着たい、中には余り着込まないので割と薄着の上に羽織る感じ、出来れば少々の雨や雪にも強い方がいいな、良いのは欲しいけれど高いのは無理…。
というわけで選んだ一着です。

 

ALPHA N-3B タイト スリムフィットジャケット

DSC02295 20141207DSC02296 20141207

軍物好きなのでN-3Bもかなり以前から知っていたものの、実際に買ったのは今回が初めて。
ほぼ同じ体格の同僚が持っていて試しに着させて貰った際に「ちょっと重い」「袖丈と肩幅は合うのに全体にブカブカ感が強い」「街中で着るにはちょっと暑い&厚い(中綿)」ということで今一つな印象が有り、今回も選択肢からはとっくに外していました。 

それが、オンラインショップを眺めていて、「タイト スリムフィット」という中綿の量を少し減らして全体に細身のシルエットにしたモデルが有ることを知り、購入者レビューでも上に挙げた「今一つな印象」を覆してくれるようなコメントが多いことに興味が出ました。
シーズン直前ということで価格も安かったので(1) 、それなら試しに一着買ってみようかと…。 

サイズで結構迷いましたが、購入者レビューの中から体格(178cm×67kg)が近い人達の購入サイズを見て「M」に決定。
USサイズなので日本サイズでは「L」相当のはずですが、N-3Bは元々大きめに作られているモデルなので日本サイズの「LL」相当かな。
実際に着てみると、肩幅と袖丈はピッタリで裾丈は若干長め、Tシャツ&オープンシャツを着た上に重ねて少し余裕が有る着心地になります。
内側でウェスト部分を絞れるので多少大きいのは問題無し。 

色はレプリカブルーというネイビー系。
定番のODは如何にも軍物っぽいので通勤スタイルに合わせ難く、ブラックは通勤時に黒ずくめになる(スラックスと靴が黒色なので) 、他の色はちょっと合わせにくそう…というわけで。
まぁ、ネイビー系が好きだからってのが一番の理由だけどね。

ポケットは外側左右上下に計四つ、内側に一つ。
サイズは…
・左右下はiPad mini(7.9インチタブレット)は入らないけどKindle(6インチ)は入る程度。 
・左右上は意外と大きくて文庫本が入る程度。
・内側はiPhone5s(4インチスマートホン)が入る程度。
…といった感じです。
個人的にはハンドウォーマーとして後ろから手をスポッと入れられるポケットが欲しいところ。
下ポケットは上からなので入れにくいし、上ポケットは中途半端に高い位置なので窮屈。

フードのファーは当然フェイク。
リアルは動物愛護が云々という高尚な想いが有るわけでは無くて、リアルファーは手入れが大変だし、それだけで倍以上の価格になるのがね…所詮普段使いのミリジャケだから悪くなければ安い方が良いです。
尚、ファーは保管時についた癖を取ってフカフカ感を出すために、取り外してシャンプー&リンスをしました。 

 

 

その他のミリジャケ

ついでに他の手持ちミリジャケ(ナイロン系)の写真も撮ってみました。

 

バズリクソンズ MA-1(初期タイプ)

DSC02297 20141207DSC02298 20141207

10年ほど前に、今は無き東京ファントム・相模原店で購入した物。 
一般的に見掛けるMA-1とは細部が異なる初期タイプ。
・裏地がセージグリーン。
・ジッパー裏風除けの上が角張っている。
・胸元にマイクのクリップを挟むタグ、左右脇下にケーブルホルダーが有る。 
・左右ポケットにフラップ(蓋)が無い。
・アルミ製ジッパースライダー。 

ドッシリした中綿が入った密度感の有る作りで、結構重いですが着た感じはカッチリして良いです。
襟や裾、袖口のニット部分も下に紹介している物に比べてシッカリした作りです。

 

ALPHA MA-1(リアルパッチモデル)

DSC02299 20141207DSC02300 20141207

20年ほど前にとある雑誌(MONOマガジンだったような…)で限定販売されていた、実在部隊を再現したパッチ構成のMA-1です。 
古い物ですが、中綿の片寄りや、ニット(襟・裾・袖口)の破れや虫食いも無く良好です。
とはいえ今着るにはちょっと派手なので、実際に着ることは多分無いでしょう。 

  1. 税、送料込みで諭吉一人をちょっと超える程度 []