[CC110] 随分久しぶりのカブ弄り…のはずが

【この記事の所要時間: 233秒】

PC293202 20191229130015

 

帰省時限定のクロスカブ…今回はこれまた随分久しぶりにちょっと弄る予定があったのだが…。

 

 

SEAT BURENAR(シートブレナー)

クロスカブを含めてカブのシートは前方のヒンジでボディに固定され、やや後部の左右にある吸盤でタンクの上部に貼り付くのだが、ヒンジはやや遊びがあり、吸盤もまともに効くのは新品最初の頃だけ。
なので左右に横ブレしてしまう。
そんなシートの横ブレを抑えるパーツを見つけたので早速購入してみた。

 

PC293198 20191229130005

HK CRAFTWORKS の SEAT BURENAR(シートブレナー)。

 

PC293196 20191229130000

タンク上面の左右にあるボルトに共締めする金属製のブリッジで、中央にある突起がシート裏面に開いた穴に嵌まることで横ブレを抑える構造。
装着はこの日本のナットを外して、シートブレナーを装着し、付属のナットで固定するだけ。
シート裏面の穴に嵌まるよう微調整する。

 

PC293197 20191229130002

ミディシートの裏側にも同位置に同径の穴が開いているので問題無いだろう…と思っていたのだが、前後方向に5mmほど位置がズレていて、そのままでは装着出来なかった。
穴を前後方向に広げれば良さそうだし、樹脂素材なので難しい作業ではないけれど、ひとまず保留。

 

PC293199 20191229130008

ミディシートの後部左右にはこのような湾曲した突起が有る。

 

PC293200 20191229130010

PC293201 20191229130013

この湾曲した部分が後部サスペンション(左右)の上端に嵌まることで、荷重分散に加えて左右ブレの抑止にもなっている。
そういえば、ミディシートに換えてからは左右の横ブレを意識したことはなかったな。

というわけで、シートブレナーの装着は見送り。

 

 

カブ散歩

買い物ついでに軽く走ってきた。
天気が良く陽射しも暖かで、実に気持ちが良かった。
ただ、しっかり防寒していた上半身に比べて、ジーンズ一枚の下半身は少々寒かったかも。
思えば、3年以上も前に装着したグリップヒーターの出番が全く無いなぁ。
電圧計にしかなっていないや。

 

数ヶ月(今回は4ヶ月)放置していたせいかセル始動が出来なかったが、しばらく走った後は問題無し。
他にはギアの入りがちょっと硬かったかな…やはり長くほったらかしだといろいろ渋くなるようだ。

車載の電波時計が付属のお試し電池で丸二年以上も稼動を続けていることに感心。
ただし、ライト機能が使えなくなっていた…まぁ元々暗かったのでさして影響は無いかな。

 

他の電照系は大丈夫かな?

PC293203 20191229130018

PC293204 20191229130021

LEDフォグランプとタコメータの照明はOK。
ところで…納車(新車)から5年も経つのに総走行距離は1,200km…乗ってないな〜。

 

さて、今日の夜半から明日、明後日に掛けては雨交じりのあいにくの天気。
次に乗れるのは大晦日以降か。

[CC110] 初バッテリー交換

【この記事の所要時間: 433秒】

強大な台風21号の接近で昨夜から強い風が吹き続け、今朝早くから雨も降り始めてきた。
僅かながら進路が逸れそうなのが救いだけど、油断は禁物。
それにしても、日本直撃の台風が年々増えて勢力も強くなっているなぁ…嫌な傾向だ。

…とか書いていたら、市から緊急速報『避難準備・高齢者等避難開始』が届いた…突然の大きなチャイム音(iPhone)で何事かと吃驚したよ。
幸いに実家の地区は対象外だけど、気をつけなきゃ。

 

さて、昨日クロスカブ散歩に出掛けるつもりだった。
「つもりだった」というのは…。

 

P9032317 20180903

バッテリーのヘタリ。
これはグリップヒーターのコントローラーに表示されたバッテリー電圧だが6Vしかない。
(via;[CC110] カスタマイズ … グリップヒーター装着


エンジンを始動しても8Vに満たず、LEDヘッドライトやLEDフォグライトはもちろん、ウィンカーやストップランプ(ブレーキランプ、テールランプ)も明るい所では近くでもほぼ見えないほどの暗さ…これでは走行なんて無理。
他にメーターパネル(ウィンカー表示やニュートラル表示も)、タコメーター内の照明、シフトインジケーターも殆ど視認出来ない。
昨年末から既にセル始動が出来ないという兆候が見えていたものの、単に乗っていなかったから上がっただけだろうと思っていたが、納車から四年半も経つし、そろそろバッテリーを交換しないと駄目だろう。
(via;[CC110] さすがにお疲れか!?

急遽予定を取り止めてバッテリーを交換することにして、取り急ぎショップへ出掛けて対応バッテリーを購入。(1) 

 

 

交換用バッテリー購入

P9032319 20180903

カブ用とはいえ純正使用品(YUASA)は結構高額だったのでBOSCHの互換品(RBT4L/TX4L-N)を購入。

 

P9032320 20180903

充電済みなので即使える…購入時にも電圧を確認して戴いた。

 

 

交換作業

P9032321 20180903

先ずはベトナムキャリア(TypeⅡ)を外して、シート下前面パネルを開けられるようにする。
このパネルを開ければ直ぐにバッテリーへアクセス出来るので交換も簡単だろう。
(via;[CC110] カスタマイズ … ベトナムキャリア TypeⅡ へ換装、専用バッグも
(via;[CC110] カスタマイズ … シガーソケット装着

 

P9032322 20180903

考えが甘かった。

追加した電装品の配線がトグロを巻いていて、とてもこのまま取り出せるとは思えない。
というか、ノーマルのままでもこの狭い開口部だけで交換出来るのだろうか?
仮にバッテリー自体の出し入れは出来たとしても、途中あちこちにあるネジを脱着する際に手を添えるスペースが全く無いように見える。

前乗っていたバイクではシガーソケット(標準装備)からバッテリーを充電することが出来て非常に便利だった。
クロスカブでも同様に外部充電端子を装備出来るか調べてみよう。

 

P9032323 20180903

結局、シート下右パネルと前方上パネルを外し、前方左右パネルも大きくずらして開口部を拡げた。

この状態からの交換手順:

  1. マイナス側の配線を外す。※上の写真では既に外した状態。
  2. バッテリーカバーの左上と右下のビスを抜いて、カバーを取り外す。
  3. プラス側の配線を外す。
  4. バッテリーを入れ替える。
  5. プラス側の配線を繋ぐ。
  6. バッテリーカバーを装着する。
  7. マイナス側の配線を繋ぐ。

写真ではバッテリーカバーに取り付けられている車載工具のドライバー(柄と軸)を外しているが、そのままでも良さそう。

バッテリーへの配線は、
・外す時は マイナス 側から
・繋ぐ時は プラス 側から
が鉄則だが、クロスカブはカバーが有ることでこの順番でなければ外せない/繋げられない構造になっているので安心。
但し、そのためにバッテリーの脱着に少々手間が掛かる。 

 

 

P9032328 20180903

普段なかなか見ない部分なので一枚撮っておこう。

 

P9032329 20180903

もともと搭載されていたバッテリー(YTX4L-BS)…TIANJIN YUASA(天津ユアサ)製。
端子キャップはBOSCHのバッテリーに付属していた物。

 

P9032327 20180903

YUASA製は接続端子の横にナットのストッパー(出っ張り部分)があり、配線接続時のボルト留めが比較的楽。
BOSCH製にはこのストッパーが無いため、ナットが大きくズレてボルトが締め難かった。
こういう細かい配慮が大きな差になってくるんだな。

 

 

交換完了

P9032325 20180903

エンジン未始動状態で12V…OK。

 

P9032324 20180903

タコメータ内照明もこの通り。
メーターパネル内の照明や各種状態表示、シフトインジケーターの表示も全く問題無し。
(via;[CC110] カスタマイズ … タコメーターと電波時計を装着

 

P9032326 20180903

LEDヘッドライトとLEDフォグライトもこの通り。
ウィンカーとストップランプも正常に発光する。
(via;[CC110] カスタマイズ … LEDヘッドライトキット装着
(via;[CC110] カスタマイズ … LEDフォグライト装着

ここまではエンジン未始動状態。
始動もセル一発でOK♪

 

さて、これでまたいつでも乗り出せる♪

 

 

ついでに

P9032318 20180903

電波時計は使用開始から一年経ってもこの通り元気。
ガレージ内にもかかわらず、電波をバッチリ受信している。
(via;[CC110] カスタマイズ? … 電波時計実動開始

  1. Amazonなどの通販で買えばかなり安いけど、実家に居る間に交換して台風が過ぎたら早く乗りたかったので店頭購入。 []

[CC110] さすがにお疲れか!?

【この記事の所要時間: 221秒】

起きた時はどんより曇って底冷えのする朝だったけど、暫くすると陽射しが出てきて、気温も良い感じに上がってきた。
明日は天気が下り坂になるとの予報なので、買い物ついでに久しぶりのカブ散歩へ出掛けてきた。

PC301902 20171230

 

 

久しぶりの対面

前回は盆休み(八月中旬)だったので、四ヶ月ぶりの対面。
屋根付き&バイクカバーを掛けていたので、カバーこそ埃だらけだったもののクロスカブ自体は少し埃が付いているかな…程度。
一応埃払い。

 

PC301903 20171230

先の帰省時に装着したバイク用電波時計は変わりなく動いていた。
電波の入りも良くて、これなら時刻合わせの手間も掛からないしいいね。
(via;[CC110] カスタマイズ? … 電波時計実動開始

 

 

おやぁ?

では早速始動…セルスターターを押しても力弱く少し回っただけでセルモーター沈黙。

 

PC301904 20171230

グリップヒーターのコントローラーを見ると電圧が低い(1) …写真に撮ったときは暫く走った後なのでこれくらい有るが、最初は11Vを下回っていた。
(via;[CC110] カスタマイズ … グリップヒーター装着

これは間違いなくバッテリー上がり。
自宅に置いていた時でも一ヶ月乗らないのはザラだったし、実家置きにしてからは数ヶ月乗らないのが普通。
それでも先の帰省(今年八月中旬)まではセル一発で始動していたけれど、今回はついにお疲れ状態になってしまったか。
10km程度走った程度ではまだまだセルスタートは出来ず、結局今日はずっとキックで始動していた。
そういえばクロスカブを買ってから暫くはわざわざキックで始動していたっけ…前のバイクがセルオンリーだったので、キックが物珍しくて…なんて理由もあって。

始動後はいたって快調でいつも通り。
加速・減速、シフトの入り…クロスカブは快調…そう、クロスカブはね。
自分自身は加速も減速もぎこちなく、シフトに至ってはアップ/ダウンはどっちだったっけ?と一瞬戸惑ったり。
年間通してトータルしても一週間程度くらいしか乗らないし、それも数ヶ月おきだしなぁ…。

そういえば、以前は始動後最初の減速(回転数↓)では結構な高確率でアフターファイヤーが一発起きることがあったが(2) 、いつの頃からか起きなくなった。
タイミング的には…そうだなぁ…ビッグスロットルボディに換装した頃だろうか。
(via;[CC110] カスタマイズ … ビッグスロットルボディへ換装、リコール対処

 

 

お散歩

コースは、書店⇒薬局⇒バイク用品店…といういつもの流れ。
年末ということでどこも結構混んでたね。
ただ、脇道ばかり選んでいたので流れはスムーズだった。

 

PC301906 20171230

いまだに出番が無いフォグライト(^^ゞ
(via;[CC110] カスタマイズ … LEDフォグライト装着

  1. グリップヒーターは未使用。 []
  2. エンジンを切っても再始動までの間隔が短いと発生しない。 []

[CC110] カスタマイズ? … 電波時計実動開始

【この記事の所要時間: 144秒】

クロスカブに電波時計を装着したものの…時計の電池蓋を開けるための精密ドライバーが手持ちに無く、また調達に時間が掛かってしまい(単に寄った店に無かっただけ)、数日放置状態。
昨日、精密ドライバーを調達して電池を装着…ようやく実動状態になった。
(via;[CC110] カスタマイズ … タコメーターと電波時計を装着

 

P8201631 120170820

装着はベースを横向きに取り付けて、ウィンドシールドのステー固定ボルトで共締め。
位置的に見易く、直射日光や雨も割りと遮ってくれる。
このベースを貼り付ける両面テープの粘着性が非常に強くて、一度貼り直した際には剥がすのが大変だった。
そもそも一度貼ったら剥がさず、電池交換はベース毎取り外して行う。
(via;[CC110] カスタマイズ … ウィンドシールド装着

 

 

電池装着

P8191625 120170820

この三箇所のネジを外す。

 

P8191626 120170820

調達した精密ドライバーセット…一番大きな#0サイズがピッタリだった。
精密ドライバーは自宅に2セット、職場にも1セット有るので、コレは実家置きにしよう。

 

P8191628 120170820

この手の製品では樹脂の穴にビス(木ネジ)を直接ネジ込む物が多く、何度も開け閉めしているとネジ穴がバカになり易い。
それを危惧していたのだが意外としっかりした作りで、金属製のネジベースが埋め込まれておりネジも一般的な物が用いられている。
ただ、やはり手軽にコインで開閉出来るものにして欲しいかな。 

 

P8191629 120170820

電池を装着すると無事動作開始。
日時合わせは日に四回自動的に行われるが、右下のRECEIVEボタンを長押し(2秒程度)することで行うことも出来る。
左下のLIGHTボタンを押すとバックライトが数秒間点灯する。
明るい所では辛うじて判る程度の光量だが、夜間なら使えるだろう。 

 

P8191630 120170820

暫くすると日時合わせ完了。
秒表示の上にある電波強度は最高レベルを示している。
ちなみに自宅では電波の入りが今一つ良く無くて、インターネット上の時刻(NTP)サイトと連動して電波を発信する機器を使って電波時計の時刻合わせをしている。
(via;電波時計信号送信機能付きNTP対応時計

 

[CC110] 暑い中でのクロスカブ散歩…やはり途中で挫折

【この記事の所要時間: 324秒】

この数日で施した様々なカスタマイズとオイル交換の効果確認を兼ねて、近場を軽く散歩してきた。
(via;[CC110] カスタマイズ … タコメーターと電波時計を装着
(via;[CC110] カスタマイズ … エンジンガード装着とメッキパーツの点錆落とし
(via;[CC110] カスタマイズ … エコオイルチェンジャーJET装着と初めて自分でオイル交換


快晴で最高気温は35℃まで上がるとの予報…朝から陽射しが強くて既にかなり暑い。
上:メッシュロングTシャツの上にフルメッシュライディングジャケット、下:ジーンズの格好だったが、走行中で風を受けている時はそれなりに快適なものの、停車時など風が無い時は結構蒸し暑い。
路面や前走車後部の照り返しなどもあって、結局遠出は見送って予定を切り上げて帰宅した。
熱中症も怖いしね。 

 

P8191620 120170819

帰宅した時の写真。
少しロー&ロングっぽく見えるこのアングルもいいね。
近場ということでGPSナビを用意していなかったことも遠出を見送った理由。
実家地元とはいえ道についてはそれほど詳しくないので、やっぱりナビが欲しい。 

 

P8191621 120170819

こちらは割りとよく撮るアングル。

 

 

カスタマイズとオイル交換の効果

タコメーター

走行中は殆ど見ない…というか位置が低い&結構手前になったため見られないというべきか。
ただ、視野の隅で振れ具合が感覚的に判るので、とりあえず現状でいこう。
シフトタイミングは今まで通り速度とエンジン音で判断すればいい。
頻繁に見るので有れば位置的にはメーターの上部か斜め上辺りが良いだろう。 

 

電波時計

未だに電池蓋を開けられないため実動ならず。
今回のカブ散歩では、電池蓋を止めている小ビスに使える精密ドライバーの購入も目的の一つだったが…寄った店(家電量販店、バイク用品店)では取り扱い無し。
ホームセンターなら有ると思うが、ちょっと遠くなるため見送り。

 

エンジンガード

乗り始めて暫くはライディングシューズの側面に当たる違和感を僅かに感じていたが、暫くすると気にならなくなった。
シフトやリアブレーキのペダル操作への影響は無し。

 

オイル交換

エコオイルチェンジャーJETに交換後、一晩置いておいたがオイル漏れは一切無かった。
走ってみると、エンジン音が静かで滑らかになった感じで、シフトも以前に比べて更にサクサク入るようになった気がする。
ただ、今日帰宅してオイル量を量ったところ、オイルゲージの範囲内下限に近い位置。
昨日給油した際はオイルゲージの上限に達していたので、実際にエンジンを動かしたことで各部へ回り油面が下がったわけだ。
後で補充しておこう。 

 

 

用品の使用具合

新調したライディングショートブーツやメッシュジャケット用チェストパッドも効果確認。
(via;[CC110] 用品購入 … ショートブーツ、チェストパッド、タコメーター関連品、などなど

 

ライディングショートブーツ

P8191622 120170819
サイズ感はキツくも無く緩くも無くでちょうど良く、フィット感にも満足。
足を着いた際に安定し、バイクを降りて歩く際には通常のショートブーツと変わりない感覚で楽。
ただ、合皮製で防水性が影響するのか結構蒸れる感じ。
この辺りを求めるのならゴアテックス製かな。

 

チェストパッド

P8191623 120170819

薄手のソフトタイプとはいえ一枚入っていると安心感が違うね。
メッシュ状のワッフル構造なので風が結構通る。
ちなみに商品説明にはジャケットのポケットサイズに合わせてカットする必要もあるとのことだったが、ジャケットが大きい(XL)おかげで無加工で入った。

 

買い物

予定していた精密ドライバーは見当たらず。

P8191624 120170819

代わりに、昨日エコオイルチェンジャーJETを装着する際にアンダーガードの固定ボルトの一本(頭の六角穴縁)をナメ掛けたので、予備のボルト(フランジ付きボタンキャップボルト)を買ってきた。
その場で購入を思い付いたため、サイズがM6だったかM5だったかウロ覚えだったので両方購入。
もし交換するなら左右まとめて…というわけで二本ずつ。