[E-M1] ファームウェアアップデート(⇒ Ver.4.0)

【この記事の所要時間: 312秒】

先日、OLYMPUS E-M1ファームウェアVer.4.0へアップデートされました。
今回のアップデートでは機能追加が7項目・操作性改善が17項目と大幅な変更が有ります。

●新機能(7項目)
・フォーカスブラケット撮影
・深度合成撮影
・静音撮影
・OVFシミュレーション
・インターバル撮影のタイムラプス動画設定に4Kを追加
・リニアPCMレコーダー(LS-100)を使用したムービー録音の開始・停止の同期対応
・スレートトーン発生機能(LS-100対応)
動画撮影はしないため、下位三項目は余り関係無いかな。

操作性改善は既存設定を他のメニューへ移動したり他の項目との統合が多く、個人的には今までのメニューに慣れていたこともあって却って判り難くなり、果たして改善なのか?とやや疑問を感じています。
また、追加設定の殆どが動画撮影関係のため、こちらも自分には余り関係無いですね。

 

[warning][ ファームウェアアップデート時のご注意 ]

ファームウェアを Ver.4.0 にアップデートすると、AF微調節以外のカメラの設定がリセットされます。[/warning]

Ver.2.0からVer.3.0へのアップデートでは設定が引き継がれましたが、今回はVer.2.0へのアップデート時と同じく殆ど初期化されてしまいますので、予め設定をメモしておくことをお勧めします。
(via;[E-M1] ファームウェアアップデート(⇒ Ver.2.0)
(via;[E-M1] 設定の再カスタマイズ
(via;[E-M1] ファームウェアアップデート(⇒ Ver.3.0)

判り難いメニューと使い難い(小さなボタン)操作系で再設定をするのは結構面倒…。 
ユーザーの利便性をもう少し考えて、既存設定をバックアップ⇒レストア出来る様にして欲しいものです。 

ちなみに、アップデータアプリも最新版へアップデートする必要がありますが、アプリを更新する際にMacの再起動を要求されます。
これも改善して欲しいですね。 

 

PB290357 120151129

今回のアップデート対象は、E-M1とM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの二つ。

アップデート自体は特に問題無く完了。
その後の再設定は、メニュー構成(配置や表記)が一部変わったこともあって少々手間取りましたが、とりあえず以前の操作系になったかな。

 

新機能の中で特に興味があったのが「深度合成撮影とフォーカスブラケット撮影」です。
特にマクロ撮影で被写体の手前から奥までピントを合わせて撮る、というもの。
既にコンパクトデジカメ(OLYMPUS TG-4 Tough) で使っていますが、E-M1なら更に綺麗に撮れる…と期待大。
尚、特定レンズのみ対応しており、現時点では60/2.8 MACRO、12-40/2.8 PRO、40-150/2.8 PROのみです。 

 

早速、深度合成撮影を試してみました。

PB290285 20151129

まずは通常撮影。
三脚を使用し、絞りF2.8で左(写真では向かって右)ヘッドライトにピントを合わせて撮りました。

 

PB290304 20151129

そして深度合成撮影。
絞り値とピントの位置はそのままで、フォーカスステップを10に設定して撮影。
シャッターを押すと自動的にフォーカス位置を10段階で変えて撮影し、最後に合成します。 
合成時に若干トリミングされるようですね。 

 

PB290359 120151129

久々に三脚を使いました。

・三脚…ジッツォ マウンテニア G1228
・雲台…アルカスイス モノボール B1 クイック

いずれも前世紀末に購入したもので、既に17〜18年になるものの依然シッカリしています。
当時結構無理をして買いましたが、良い物は長く使えるので結局はお得なんですよね。

E-M1にはアルカスイス互換のRRS製プレートを装着しているため、雲台への着脱が簡単に出来ます。
(via;[E-M1] RRS製プレートが届いた

 

[Photo] NOKTON 25mm F0.95のフィールドデビュー @横浜・四季の森公園

【この記事の所要時間: 254秒】

先日新調したレンズ”NOKTON 25mm F0.95”のフィールドデビューを兼ねて、神奈川県立四季の森公園へ写真散歩に出掛けてきました。
(via;[E-M1] 念願のマニュアルレンズを手に入れた♪ … NOKTON 25mm F0.95

四季の森公園(最寄り駅はJR横浜線の中山駅)は、フィルムカメラを使っていた頃から器材を新調するとフィールドデビューで最初に訪れてきた場所です。
昔、この公園から徒歩数分の所に住んでいたことが有り、気軽に草花の撮影が出来る場所として選んだのが最初のきっかけでした。
転居した今は電車で10分少々、徒歩含めて30分ほどの距離でしょうか。(1)  

 

今回の目的は今が見頃の紫陽花。
公園内では紫陽花を殆ど見掛けませんが、中山駅から公園に向かう途中から続く遊歩道(四季の森プロムナード)沿いに植えられていて、かなり見応えがありますね。
ちなみに、公園内には花菖蒲が多く咲いていて、撮影している人も多かったです。 

中山駅前の中山商店街主催の「紫陽花まつり」という催しが有り、今年(第三回)の開催日は6/20(土)とのことで、遊歩道にも幟が幾つか立っていました。 
余談ですが、「ほたるの夕べ」というイベントもあり、公園内にはほたるが見える場所を記したり、露店(かき氷、クレープ、他)も出ていて、結構賑やかでした。(2) 

 

 

P6140271 20150614

 

というわけで、今回撮った写真です。

使用器材はE-M1&NOKTON 25mm F0.95。
現像はAdobe Lightroom 5.7を使い、リサイズしてウォーターマークを付加したのみです。

 

単焦点のマニュアルレンズをメインに使うのは随分久しぶりなので、勝手が違って戸惑いました。
ただ、手でリングを回して絞りやピントを合わせてシャッターを切る、そのノンビリじっくりの雰囲気が何とも言えず良いですね。(3) 
普段はズームレンズばかりなので、自分の足で被写体との距離を調整するのも久々の新鮮な感覚です。
ただ、中腰やら不安定な姿勢で撮ったためブレがありますね…。 

 

さて、今日は同じく以前新調したカメラバッグ”東京カメラ部 オリジナルカメラバッグ TMB2014”のフィールドデビューでもありました。
(via;[Photo] カメラバッグ新調 … TMB2014

 

P6140281 20150614

先日と言っても手元に届いたのは今年の二月。

なかなか使う機会が無くて 、やっと実用しました。

使った感じは非常に良いですね。
持ち回り易く、また、器材の出し入れもし易い。
各部にあるポケットの使い勝手も良くて、これからも写真散歩で常用出来そうです。 

ショルダーベルトは付属品ではなく”OP/TECH USA S.O.S. Curve Strap”を使っています。
ネオプレーン製素材が身体に掛かる負担を大幅に和らげてくれます。
今までも他のカメラバッグや、時には重量物(ノートPC)を携行する通勤/出張時にも常用していました。

 

 

  1. クロスカブで出掛けることも有ります。 []
  2. ほたるが見られるのは午後七時過ぎ頃からとのこと。 []
  3. これで巻き上げチャージが有れば…R-D1の様な。 []

[E-M1] 念願のマニュアルレンズを手に入れた♪ … NOKTON 25mm F0.95

【この記事の所要時間: 336秒】

今持っているE-M1の前にE-M5を使っていた頃から一本のレンズが気になっていました。
コシナ(COSINA)のマイクロフォーサーズ用マニュアルフォーカスレンズ ”フォクトレンダー(Voigtlander)NOKTON 25mm F0.95”。
焦点距離25mm(35mm換算で50mm)…いわゆる人間の眼に近い画角、そして開放F値0.95という明るさ。

フィルムカメラを使っていた頃から明るい標準(画角)の単焦点レンズが好みで、最後に使っていたNikon F3/Tでは50mmや45mm(GN Auto Nikkor 45mm F2.8)など数本に加えて、終盤では最後の散財とばかりに ”Ai Noct Nikkor 58mm F1.2” の美品中古を探し回ってまで入手していました。
まぁ、実際にはNoctは勿体なくてなかなか持ち出すことがありませんでしたが(苦笑
⇒「ニッコール千夜一夜物語 第十六夜 Ai Noct Nikkor 58mm F1.2

 

前置きはさておき、長らく気になっていたNOKTON 25mm F0.95 TypeⅡ(後継モデル)を入手しました。

DSC02600 20150608

 

 

NOKTON 25mm F0.95 TypeⅡ

DSC02601 20150612

購入したのは、レンズ本体、メタルフード、保護用フィルター。

 

装着比較

DSC02602 20150612

最大径φ60.5mm×全長70.0mm/重量435g。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(最大径φ69.9mm×全長84mm/重量382g)と比べると一回り小さく、僅かに重いです。

 

レンズの付属品

DSC02603 20150612

レンズには、レンズフード(金属製)とレンズキャップ(二種…φ52mmとφ67mm)。
φ52mmのレンズキャップはレンズに直接装着する他にメタルフード(内側)にも装着出来、φ67mmのレンズキャップはフード用で、メタルフードの先端に装着出来ます。

 

レンズフード

DSC02604 20150612DSC02605 20150612

レンズフードが付属していることは事前に知っていましたが、平行タイプが好みなので(付属のフードは先が僅かに窄んでいる)、いわゆる「ライカ風」と称されている安い社外品のメタルフードを別購入しました。
社外品は付属品に比べて5mmほど短く、また、表面仕上げは付属品が艶有りなのに対して社外品は艶消しです。

 

レンズキャップ

DSC02606 20150612DSC02607 20150612

社外品フードも内側(レンズ側)にネジが切ってあるものの、その周りにある縁状の僅かな盛り上がりが干渉してφ52mmのレンズキャップは装着出来ません。
φ67mmのレンズキャップは問題無く装着出来ます。 

 

 

軽〜く試してみた感想

DSC02608 20150612

細さのせいか一層長く見えて、50mm単焦点レンズには見えないかも。

 

操作感触

フォーカスリングはユーザーの評判通り、適度な重さのあるしっとりした感触で、微妙なピント合わせも無理なくこなせそう。
絞りリングはクリックの有り/無しを切り替えることが出来ますが、もっぱらクリック有りで使う事になりそうです。
そのクリック感も程良い感触です。

 

ピント合わせ

以前から手持ちレンズで時々マニュアルフォーカス(MF)を使っていますが、E-M1のEVF(電子ビューファインダー)はピントの山が割と掴み易い印象です。
加えて、MFアシスト機能(二倍の拡大表示、ピントが合っている箇所を白/黒で強調表示)を活かせば比較的 MF撮影がし易いカメラだと思います。

 

まだ室内で小物を幾つか撮ってみただけですが、リングを回してピントと絞りを手動操作するという撮影にまた熱中しそうです。
さて、フィールドデビューが楽しみ♪ 

 

 

[E-M1] ファームウェアアップデート(⇒ Ver.3.0)

【この記事の所要時間: 216秒】

先日、OM-D/E-M1のファームウェアがVer.3.0へメジャーアップデートされました。

 

[note]・連写HモードでC-AF連写中のAF追従に対応しました。
 従来は連写Lモードで6.5コマ/秒でしたが、連写Hモードで最大9コマ/秒が可能になりました。
  * C-AF使用時、AFロックオンを標準に設定することを推奨します。
・OI.Share Ver.2.5 に対応しました。
 ムービー撮影においてライブビュー表示を可能にしました。[/note]

連写撮影やムービー撮影は今のところ殆ど需要はありませんが、まぁ、適用しておこうかな…と。

尚、ファームウェアVer.1.xからのアップデートでは、AF微調整以外のカメラ設定が全てリセットされますので、予めメモしておくことをお勧めします。
ファームウェアVer.2.xからのアップデートでは、カメラ設定は保持されます。

前回のアップデート(⇒Ver.2.0)では設定が全て初期化されてしまい、再設定が少々手間でしたね。
(via;[E-M1] ファームウェアアップデート(⇒ Ver.2.0)
(via;[E-M1] 設定の再カスタマイズ

 

 

アップデート

DSC02494 20150228

E-M1とMacBookAir/11をUSB接続し、「オリンパスデジタルカメラアップデーター」アプリを使ってアップデートを実施。
ちなみに、MacOSX版の対応OSバージョンとして記載されているのは10.3〜10.9ですが、10.10.2でも問題有りませんでした。 

 

DSC02495 20150228

アップデート中。

 

DSC02496 20150228

アップデート完了。

 

今回、レンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 Pro)のファームウェアアップデート(⇒ Ver.1.1)も有りましたので、併せて適用しておきます。
昨年12月に公開されていましたが、殆ど需要の無い更新内容のため先送りしていました。 

[note]・動画撮影時のレンズ絞り動作の安定性を向上しました。[/note]

 

 

特別カタログ

DSC02478 20150228

先日、兄妹機種のE-M5がモデルチェンジしてE-M5 MarkⅡになりました。
その特別カタログです。
オリンパスからは、他にもE-M1(発売前とシルバーモデル登場時の二回)、E-Penシリーズ等、特別カタログを戴いています。
(via;[E-M1] 特別カタログが届いた

一見さほど変わった風には見えませんが、細部が結構変更されていますね。
一部の機能はE-M1にかなり迫って、もしかすると追い越しているかも…。

デジタル物は技術の進化とコストダウンの流れが速いため、後発の廉価モデルのほうが上位にくるのも珍しくなくなりました。
良い意味で競争しあって互いに高め合っていけると良いな。

[Photo] カメラバッグ新調 … TMB2014

【この記事の所要時間: 428秒】

昨年秋にE-M1用のレンズ「40-150/F2.8 PRO」購入し、写真散歩での持ち回り器材が増えました。
(via;[E-M1] 新レンズが届いた♪ … M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

既存の器材(E-M1&12-40/F2.8 PRO)と共に収納出来るカメラバッグは、幸いに未使用のまま仕舞い込んでいたカメラバッグを自宅内で発掘したものの…少々不満が…。
(via;[Photo] 新調レンズも入るカメラバッグを自宅内で発掘♪ … ロープロ イベントメッセンジャー150

比較的コンパクトなE-M1ですが意外と背が高く、RRS製プレートを装着しているため更に10mmほど増加し、発掘したカメラバッグに内寸を僅かに越えてしまいます。
(via;[E-M1] RRS製プレートが届いた

緩衝材が有るとはいえ圧迫されるのは不安ですし、iPad mini Retinaを追加で入れる余裕が無いのは惜しい。
また、メッセンジャータイプのためフラップ(蓋)が比較的大きい(長い)うえに、自分の身体側に開くため器材の出し入れがし難く感じました。 

やはりカメラバッグを新調しよう。
嵩上げしたE-M1とiPad mini Retinaが無理なく収まり、他の携行品…例えばモバイル機器(バッテリー、ルーター、ケーブル類)や財布、等…もそこそこ入り、それでいて余り大きく無くて出来れば軽量の物。
ちょっと欲張り過ぎですが(笑

そんな時に見つけたのが「東京カメラ部 オリジナルカメラバッグ TMB2014」です。
昨年とあるイベントで限定販売され、その後アスキーストアで限定再販(予約受付)されているのを見つけました。
商品紹介や初回販売時に購入された方達のインプレを参考にして、 良さそうと判断し予約していました。

 

 

TMB2014

DSC02460 20150201

 

前面

DSC02446 20150201

・サイズ…外寸:幅400×高245×奥行170mm、内寸:幅270×高230×奥行120、重量:約890g。
・材質…外装:PU+1680Dポリエステル、内装:210Dナイロン ※外装は防滴加工済み

製造元はガードフォースジャパンで、同社のカメラバッグ「VANGUARD Sydney II 27」がベースらしいですが、カラーリングの他にも内外装の材質や防滴加工の有無、細部の仕様(ショルダーベルト…Sydney IIは着脱不可、等)が異なっています。

 

DSC02448 20150201

前面(フラップ表)にはパンチングレザー風のラインでアクセントが付けられた幅広のポケットが一つ有ります。
マチは余り有りませんが割と深く、広がりますので文庫本程度なら入りそうです。

尚、内張りやジッパータグは鮮やかな紫色(東京カメラ部のシンボルカラー)なのですが…デジカメの特性なのか上手く再現出来ていません。

 

背面

DSC02447 20150201DSC02449 20150201

背面にはオープンポケットが一つ有ります。
こちらもマチは有りませんが、パンフレット類(A4不可)を入れるのに良いでしょう。 

上部には手提げ用のハンドルが装備されています。
ちょっと移動させる際に便利なんですよね。

 

内側

DSC02450 20150201DSC02451 20150201

フラップ(蓋)を上げると前面に深めのポケットが有り、内部にはペン差しが二つとメッシュポケットが二つ装備されています。

 

DSC02452 20150201DSC02453 20150201

フラップの裏側にも二つに仕切られたメッシュポケットが有ります。
予備バッテリーやフィルター類、レンズキャップを入れて置くのに良さそうです。

 

メインコンパートメント

DSC02454 20150201

ベルクロ(マジックテープ)で着脱出来る仕切り板は三枚(全て同サイズ)付属しています。
背面側にはタブレット用のポケットが有り、フルサイズiPad程度まで収納可能です。 
仕切り板を全て外せばMacBookAir/11程度のノートPCが収納出来るとのこと。
通勤バッグとしても使い勝手が良さそうですね。

 

DSC02455 20150201

フラップにはジッパー留めの開口部が有り、フラップを開ける(上げる)ことなくメインコンパートメントにアクセス出来ます。

 

ショルダーベルト&パッド

DSC02457 20150201DSC02458 20150201

ショルダーベルトは自動車のシートベルトと同じ素材で作られており、強靭ながらしなやかで使用感が良いです。
ショルダーパッドはやや薄手ですがクッション性が有り、また裏側には滑り止めが施されています。

 

DSC02459 20150201

左右とも、ショルダーベルト装着用Dリングの下にもう一つ小さめのDリングが用意されていて、キーホルダーやポーチ等を吊り下げられます。

 

梱包箱

DSC02437 20150201DSC02438 20150201

この箱が更にアスキーストアの箱に入っていました。

ちょっとしたことですが、梱包箱のステープラー留め部分に上からテープが貼られていて、バッグ(ビニール袋梱包)に傷が付かないようにされていました。
こういう配慮が嬉しいですね。

 

 

収納例

DSC02456 20150201

E-M1&12-40/F2.8 PROと40-150/F2.8 PRO、そしてタブレット用ポケットにiPad mini Retina(キーボード一体型ケースを装着しているため二倍以上の厚さ)を入れてみました。
(via;[iPad] キーボード一体型ケース … ClamCase Pro for iPad mini【使用編】

窮屈感は有りません。
バッグ自体が比較的軽量なこともあって、この状態で肩に掛けてみても殆ど気にならない重量感です。

ジッパーは止水タイプが使用されていますが、どれも滑らかに動き、開閉し易いです。
この部分の動きで使い勝手が大きく違ってくるんですよね。