[Mac/iPad/iPhone] AirPods Pro到着♪

【この記事の所要時間: 441秒】

AirPods(初代)を持っている。

iPhone、iPad mini、MacBookPro…Apple製品であれば最初に一台とペアリング(といっても機器の近くでAirPodsのケースを開くだけ)をすれば他の機器でも使用出来、各機器間の切替もシームレスと、かなり便利に使える。
音質もオーディオ専用機には及ばないものの、スマホやタブレット、パソコンで使うのであれば悪くは無い。

ただ…装着感だけはどうにも満足出来ず。
一般的なインイヤーホンと異なりイヤチップに相当する部分が無く、滑り易い硬質プラスチック素材が直接耳孔に接触するため、今一つ安定せず歩行時はもちろんジッとしていても抜け落ちそうな不安感が拭えない。
サードパーティ製のシリコンカバーが出ているが装着するとケースに収まらない、装着したままケースに収納出来ることを謳っているカバーも有ったが購入者のレポートは芳しくない。
その後、他社製のインイヤーホンを購入したこともあって、AirPodsはすっかり使わなくなってしまった。

 

そんなわけで、AirPods Proが登場した時も特に関心を持たなかった。

最近になってなぜかふと気になり、レビュー記事を眺めてみると、エコーキャンセル機能の優秀さや旧(非Pro)モデルからの音質向上と同じく装着感の向上が評価されていて、それなら試してみようかと思い立った次第。
なんといっても、Apple製品との相性の良さはやはり便利だしね。

 

PB233165 20191123122605

 

購入品

PB233154 20191123122537

AirPods Pro、充電ケースカバー、ダストガード。

AirPods Proへの興味が高まった一昨日に購入先を探したものの、いまだに品薄で在庫切ればかり。
AppleStoreでさえも入荷三週間待ちという状況。
そんな中、たまたま見掛けたネットショップ(Apple正規ディーラー)で在庫があり早速購入。
そして昨夜届いた。
欲しいと思ってから手にするまで正味一日という素早さ…たまたま運が良かったんだな。

 

AirPods Pro

PB233155 20191123122540

おなじみのAppleらしいパッケージング。
本体が収められた充電ケース、充電用ケーブル、交換用イヤーチップ。

 

PB233156 20191123122543

充電ケーブルはLightning⇔USB-C。
充電ケース側もUSB-Cになってくれれば尚良しなんだけどね。

 

PB233157 20191123122546

交換用イヤーチップ、サイズはSとL。
本体には出荷時点でMサイズのイヤーチップが装着されている。

尚、iOS13には、AirPods Proのイヤーチップ装着状態をテストする機能が搭載されており、自分の耳に合ったイヤーチップを選ぶことが出来る。

設定Bluetooth ⇒【対象のAirPods Proの情報を表示】⇒ イヤーチップ装着状態テスト

この機能を使うためにiPhone8をiOS12からiOS13にアップデートした。
バグだらけ、バグまみれと超絶不評でバグの多さを公式(Apple)も認めている禁忌のナンバー「13」を持つiOS。
アップデートを決心した時は冗談抜きで清水の舞台から飛び降りるような気持ちだった。
幸いに、いまのところ常用アプリは特に問題無く使えている様子(但し全ての機能を確認したわけではない)。

 

充電ケースカバー

PB233158 20191123122548

ヒンジ部分が無く上下が分離している。
薄い素材で作られていて、他製品で見られるキーホルダーやカラビナを装着するホール/リングも無いため、装着してもスッキリした印象。
装着には粘着材などは使わないが、一度装着すると容易には剥がれないしズレることも無し。
底部にLightning接続用の開口部があり、非充電時は充電端子をカバー出来るようになっている。
AirPodsでも購入直後からケースカバーを装着していた。

 

ダストガード

PB233159 20191123122550

AirPods Proの充電ケースには複数個の磁石が埋め込まれているが、そのため細かい鉄粉などを吸い寄せてしまう恐れがある。
そうした金属粉の侵入を防ぐため、ケースの開口部(ベース側・蓋側)に貼り付けるダストガード。
非Proモデル用も出ている。

買って開封してから2セット分入っていることに気付いた。

 

PB233160 20191123122553

蓋用(上)とベース用(下)。
厚さ0.04mmと極めて薄い金属製プレート。
台紙から剥がして貼るのだが…なかなか神経を使う。

 

 

装着

PB233161 20191123122556

PB233162 20191123122559

ケースカバーの素材が薄いのとダストカバーもブラックなので一体感が有る。

 

 

ワイヤレス充電

PB233164 20191123122602

やっぱりこれが便利。

ちなみに、充電ケースのLEDが赤色点灯しているのが分かるが、充電ケースカバーには特に穴が開いているわけではない。
素材が薄いので透けて見えるのだろう。

 

 

試用感

早速iPhone8とペアリングして音楽を聴いてみた。
音質は、低音が籠もり気味で高音が少々硬い…なんといってもまだまだ使い始めなので、これから聴き込むにつれて改善していくだろう。
どう変化(向上)するか楽しみ。

装着感は…非Proモデルよりはマシかな?というのが正直な感想で、けして満足はしていない。
これも耳が馴染んでくれば多少は印象が向上するかも。

そしてエコーキャンセル機能…これは確かに凄い。
今までにエコーキャンセル機能搭載のインイヤーホンやヘッドホンを幾つか使ってきたけれど、そのどれよりも優れていると思う。
これだけでも買って正解だった。

 

 

 

[iPad] R2-D2バーチャルキーボード … 今更だけども

【この記事の所要時間: 352秒】

PC242599 20181224

 

Luna DisplayでiPad mini 4をMacBook Pro/13のサブディスプレイとして使う際に、iPad mini 4側に外部キーボードを繋げば文字入力も出来て活用の幅が拡がる。
既にBluetooth接続の折り畳みキーボード(Microsoft Universal Foldable Keyboard)を持っているが、ふと以前から気になっていたバーチャルキーボードを試してみたくなった。

 

バーチャルキーボードはプロジェクションキーボードとも呼ばれ、レーザーで投射(投影)されたキーボードをタップするとセンサーが感知して文字入力をするというもの。
有線タイプ(USB接続)、無線タイプ(Bluetooth接続)、その両方に対応したものなど、調べてみると国内メーカーも含めていろいろ出ている様子。

その中で、これまた以前から気になっていたのが、名作STAR WARSに登場するR2-D2を象った「imp. R2-D2 バーチャルキーボード IMP-101」。
本来のキーボードとしての性能は他の製品と大きな違いはないが、あのデザインはフィギュアとして置いておくだけでも良い感じ。
ただね…高価(定価が3万超え、新品相場で2万半ば、中古でも美品だと2万弱)でなかなか手が出ない…。

それが、Amazonマケプレで1万未満の美品中古を見つけた。
ショップ評価は100%(もちろん高評価)、発送はAmazon、付属品完備で通常使用での擦れ程度とのこと。
冷静に考えれば1万未満でもお試し目的だと勿体ない気もするけれど、まぁいいか…とポチ(^^ゞ

 

 

開封

PC202575 20181224

シンプルでシックなデザインのパッケージ。
パッケージには擦れや剥がれ、破れなどは一切無く綺麗。

 

PC202576 20181224

R2-D2バーチャルキーボード本体と取扱説明書(日本語)。
取扱説明書も傷みは全く無し。

 

PC202577 20181224

付属品は充電用ケーブル(USB-A⇔microUSB)のみ。
ケーブルは未使用だった。

 

 

外観

PC242602 20181224

サイズは高97×幅69×奥行50mm。
デカール(シール、ステッカー)類は一切使われていなくて、色付け部分は全てエンボス&塗装されている。
但し、可動するのは頭部(電源スイッチ兼用でON/OFF操作時に約45°回転する)のみで、左右の脚は微動だにしない。

PC242603 20181224

PC242604 20181224

背面のパネルを開けると充電ポート(microUSB)と、その右横にBluetoothペアリングスイッチが有る。
充電時間は約3時間で、満充電状態で約2時間使用出来る。

 

PC242605 20181224

底面は思いっきり簡略化されている。
左右の脚は接地せず僅かに浮いており、写真では判り難いが黒い面に有る三つの小さな突起で接地しているため少々不安定で、使用時には打鍵の振動で左右に振れてしまうことがある。

 

PC242606 20181224

使用時の様子。

頭部中央の赤色LEDはバッテリー状態表示、その右横の青色LEDはBluetooth状態表示。
ボディ中央やや上の赤く灯っている部分はレーザーダイオード投影部(キーボードイメージ)。
ボディ中央やや下のスロットは読み取り用センサー部。
脚の部分にもスロットがあり内部にパーツが組み込まれているが、特に何か使われているわけではなさそう。

 

 

試用

PC242600 20181224

キーボードのサイズは幅240×奥行100mm、キー数は68(英語配列)。
キーピッチは19mmあり、サイズとしては申し分無し。

実際に文字入力してみたところ、キーボードを投影する面の素材や色にかなり左右される印象。
相性が悪いと誤入力や未認識、押してもいないのに勝手に入力される…など散々な結果だが、相性が良いと結構順調に入力出来る。
但し投影型の特性か、通常のキーボードのようにホームポジションに指先を置いた打ち方ではミスタッチが多発するため、指先をキートップ面から高めに置いてタイプライターのように垂直に打ち下ろす感じで、慣れないとかなり戸惑う。

正直なところ、まだまだ発展途上なジャンルだと感じる。
上に書いた打鍵法の他にも、物自体の高さがあるためデバイスの前に置いて使う際に気になるし(=邪魔)、コンパクトさでも折り畳みキーボードに対して有利性が低いし。

この製品で言えばフィギュアとしてもやや物足りないかな…せめて脚部(左右、下)が可動すれば良かったな。 (レーザー投影とセンサー感知の角度が変わるため難しいとは思うけれども。) 

 

 

 

コレ一台で十分なモバイルバッテリー 2

【この記事の所要時間: 340秒】

何故か増えるモバイルバッテリー…自宅と職場にそれぞれ置いたり、持ち回りを重視したサイズの物だったり、ケーブル内蔵とかワイヤレス充電対応など機能重視だったり、手持ち機器の変更に合わせて容量や出力が高い物だったり…ついつい買い増ししてしまう。
今回新たに購入したモバイルバッテリーもその一つ。

以前、折り畳み式ACプラグと三種類(USB-C、Lightning、microUSB)の給電ケーブルが内蔵されたALL in ONEタイプのモバイルバッテリーを購入しているが、主な用途はiPhone8の充電なのでQi対応の方が使い易いかな…と。

 

 

 

PC092564 20181209

Super Mobile Charger √Ver2(CIO co.ltd.)
クラウドファウンディングで見かけて先行購入していたもの。
国内発送だが、このままクッション封筒に入れてポスト投函されていたので、箱が一部潰れてしまっている。

・容量:8000mAh(約3時間で満充電)
・入力:AC100-240V, 50/60Hz, 2.4A
・出力:USB-C(PD max18W) 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A / USB-A(QC3.0 max12W) 5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A
・サイズ:82×80×29mm / 241g

 

 

内容品

PC092565 20181209

本体と取扱説明書(日本語)。

フィルムで包装しプラスチック製のトレイに収まっていたので、本体へのダメージは特に無し。
ただ、フィルムで被われているのに本体に薄いスレ(外装が白っぽくなっている)が幾つか見られる。
他の購入者からも「傷だらけだった」というコメントもあり、その辺りの管理がイマイチな印象。(1) 

 

 

外観

PC092570 20181209

側面にメーカーロゴ。
上縁辺りに白い擦れ痕が見られる。

 

PC092566 20181209

反対側の側面にはQiのロゴ…そう、ワイヤレス充電に対応している。
こちらの面を上にして、Qi対応機器を載せて充電する。
Qi機能のみを使用した場合は7.5W/10Wの高速充電が可能、USB出力(別機器に充電)を併用した場合は最大出力5V/3AとなりQi側は5Wで充電される。

 

PC092567 20181209

PC092568 20181209

折り畳み式のACプラグが内蔵されていて、そのままコンセントに挿して充電出来る。
他にはUSB-C経由での充電にも対応しているので、カーチャージャー(シガー/USBアダプタ)経由でも充電可。

 

PC092569 20181209

表示と各ポート部分。

上から
・Qi充電表示…緑:待機中/赤:充電中
・USB-C入出力ポート
・USB-A出力ポート
・残量(%)表示
・電源ボタン…1回押し:電源ON/ON時には残量表示、長押し:電源OFF

電源ON後に30秒放置すると自動的に電源OFFになる。

充電表示LEDと残量表示LEDがズレているし外装の噛み合わせにも隙間が見られるなど、やはり作りの甘さを感じる。
まぁ、電気的性能に問題が無ければ、別に些細なことだけどね。

 

 

サイズ比較

PC092574 20181209

MacBook Pro/13の充電アダプタ(Apple USB-C 61W)より僅かに大きいくらい。
ちなみに、このモバイルバッテリーのUSB-C出力は最大18Wなので、MacBook Pro/13への給電には使えない。

 

 

ワイヤレス充電

PC092572 20181209

PC092571 20181209

OK♪

Qi充電器によっては、内蔵されたコイルの微振動が原因で載せたデバイスが動いてズレる場合あるが、これは大丈夫そうだ。
特に滑り止め無しでも動くことは無く、安定している。

 

 

手持ちのモバイルバッテリー

PC092573 20181209

とりあえず手持ちのモバイルバッテリーを集めてみたら…今回購入した物を含めて9個もあった。
他にもまだ2個ほど有ったような気がする(^^ゞ

この中で右上(上段の右から2番目)にもQiのロゴが記されたモバイルバッテリーが有るが、充電面が僅かな曲面になっている上に滑り易い表面仕上げのため、載せたデバイスが振動でズレて充電出来ていないことが結構有り、イマイチ使い難い。
ただ、microUSBケーブルとmicroUSB⇒Lightningアダプタが内蔵されているのは便利。

ちなみに、右上の角張ったモバイルバッテリーは防塵・防水・耐衝撃に優れているので、クロスカブで走行中に充電しようと入手したもの。

LEDライトが内蔵された物も良く見掛けるね。
手持ちの中にも3個有った。

  1. 中国製 []

通信費削減(^^ゞ

【この記事の所要時間: 37秒】

PB232512 20181123

現在契約しているネットアクセス(通信)手段は、フレッツ光(自宅・固定)/ドコモ(モバイル…iPhone/iPad)/UQ-WiMAX(モバイル)の三種。
トータルすると月々の費用が結構大きく、また以前に比べて使い方に変化(下方)が出てきたこともあって、見直すことを決めた。

上の写真は、左:WiMAX2+モバイルルータ(上:HWD15→下:WX03 機種変更)、右:iPhone8。
モバイルルータにはPDairのレザーケースを装着。

 

 

WiMAX解約

以前は帰省に加えて出張や勤務先でも多用しており、高速且つ(基本的に)データ量制限無しが便利だった。
しかし、最近は出張(長時間や宿泊込み)が殆ど無くなり、職場は勤務地異動の結果、電波状況が劣悪(アンテナ0〜1)になって使い物にならず…結局、年三回(G.W.、盆、年末年始)の帰省での使用のみでトータルの日数は1ヶ月分に満たない。

実質年に1ヶ月しか使わなくても利用料は当然毎月掛かる。
プロバイダ選択では格安利用料やキャッシュバックに拘らず、本家UQ-WiMAXを選んだため月々4千円台半ば、つまり年間で5万円を超える利用料が掛かっている…実際に使っているのは1ヶ月分なのにね(苦笑

実は以前から見直しを考えていたものの、二年間の縛り(契約期間)があるためやむを得ず。
その縛りが今月明けるので、いよいよ解約することにした。

解約手続きは電話一本掛けるのみ…受付の対応は非常に良かった。
こういう点はやはり大手だね。

 

 

ドコモのパケットパック変更

さて、WiMAXを解約したので、帰省時の代替通信手段を考えなければならない。
手っ取り早いのはやっぱりiPhoneでのテザリングかな。

現在契約しているパケットパックは「データMパック」なので月のデータ量は最大5GB。
iPadともシェアしていて通常月では平均して3〜4GBほど使用している。
このペースでは帰省時には明らかに超えてしまうため、上位のパケットパックへ変更することにした。

ちなみに、超えた/超えそうな時に1GB単位で追加することも出来るが、1GB=1,000円なので結構割高。
自分の使い方では帰省の度に追加課金だけで5,000円(+5GB分)以上掛かりそうだ。

さて、調べてみると「ウルトラデータパック」というパックが有った。(1) 
データ量20GBの「ウルトラデータLパック」なら月額定額料は「データMパック」に比べて1,000円上がるだけ(データMパック:5,000円⇒ウルトラデータLパック:6,000円)。
未使用パケットを翌月に繰り越し出来るので、現在の使用状況なら帰省時には20GB+10GB以上使えるだろう。
早速、パックの変更申し込みをして、来月から適用される。

尚、ドコモではテザリングを有料化するとの話もあったが、現在は無期限延期中

iPhoneでテザリングをした場合に気になる三つの点。

  1. バッテリーの持ち
  2. 通信速度
  3. iPhoneを使いたい(通話、他)時

1は、バッテリーには良くないけど給電しながら使うとか、iPadでテザリングをすればいい。
2は、通信状況次第だけど結構速いようだし、モバイル用途なら或る程度出ていれば必要充分。
3は、テザリング中の使用は問題無し、これも気になるならiPadでテザリングすれば良し。

そもそも、以前はテザリングばかりだったから、原点回帰みたいなものか。

 

比較サイトの殆どではスマホでのテザリングよりWiMAXの方が安上がりでオススメだとしている。
自宅での固定使用も含めて日常的に使うので有れば確かにそうだと思う。
ただ、自分のように年に限られた日数で集中的に使うのであればテザリングも良い選択肢になると思うよ。

  1. ホント知らなかったけど、いつの間にか増えてた。 []

トゥルーワイヤレスイヤホン … RHA TrueConnect

【この記事の所要時間: 548秒】

イヤホン…というかオーディオ機器自体を予約購入したのは初めてかもしれない。

 

PB092486 20181109

普段、Apple AirPodsとRHA MA750 Wirelessを使っている。
AirPodsはゲームやロケフリ視聴、動画視聴など手軽さ重視の時、そしてMA750 Wirelessは音質重視の時に常用していて、その「音」に大変満足していのだが、唯一の不満点…それも重箱の隅突きレベル…は、本体部分が首回りに当たる感触や本体からイヤホン部分に繋がるケーブルが僅かながら引っ張られる感触が気になるところ。

 

音とイヤホン自体の装着感には非常に満足しているだけに、その僅かな点だけが惜しい。

数ヶ月前、同じメーカーから新たに左右のイヤホン部分が独立した完全ワイヤレスのイヤホン(RHA TrueConnect)が出ると知り、発売を楽しみに待っていた。
当初、10月後半の予定が少し伸びたが発売日が確定し、幾つかのショップで予約受付が始まったので早速注文。
そして今日、発売日に届いた♪

 

 

開封

PB092487 20181109

漆黒過ぎて細部がさっぱり分からないな(苦笑

チャージングケース(上)とイヤホン本体(下)が綺麗に刳り抜かれたウレタンフォームのトレーに収まっている。

 

PB092488 20181109

蓋の内側にも同じく成形されたウレタンフォームが貼られている。

 

PB092489 20181109

トレーを取り外すと下にアクセサリーボックスがある。

 

 

内容品

PB092490 20181109

共にマットな質感が良い感じのチャージングケースとイヤホン本体。
いずれにもメーカー(RHA)ロゴが目立たないように(角度と光の加減によっては見えないほど)さりげなく入っている。
表面の艶消し黒は抗菌塗装に見られるようなゴム風仕上げだが、皮脂や汗の痕がつきやすいのが難点。
経年劣化でベタつく恐れがあるのもちょっと心配…。(1) 

 

PB092491 20181109

付属品は取扱説明書、充電ケーブル(USB-A⇒USB-C)、イヤーチップセット。

 

PB092492 20181109

MA750 Wirelessもそうだったけど、付属しているイヤーチップセットの充実度が素晴らしい。
イヤホン本体に既に装着されている物の他に3種類・3サイズのイヤーチップが付属していて、耳孔のサイズや音の好みに合わせて選べる。

 

 

イヤホン本体

PB092493 20181109

PB092494 20181109

PB092495 20181109

銀色のドットはチャージングケースに収めた際の充電端子。
イヤーチップと反対側が全面タッチスイッチになっていて、左右や押す回数の違いによって様々な機能が割り当てられている。

通常時(音楽再生時)
・右側…1回:再生/一時停止、2回:音量↑、3回:音量↓、1.5秒保持:外音を聞く、5秒保持:Blutooehペアリング
・左側…1回:再生/一時停止、2回:次曲へ、3回:前曲へ、1.5秒保持:外音を聞く

電話着信時
・右側…1回:通話開始、2回:通話終了
・左側…1回:通話開始、2回:通話終了

電話通話中
・右側…1回:通話終了、2回:音量↑、3回:音量↓
・左側…1回:通話終了、2回:音量↑、3回:音量↓

電源のON/OFFは左右どちらか一方のイヤホンだけを操作すればOK。
また、チャージングケースから取り出すとONになり、ケースに収納するとOFFになる。

 

 

チャージングケース

PB092496 20181109

PB092500 20181109

充電ポート(USB-C)とバッテリー残量インジケーター。
インジケーターは、イヤホン充電中とチャージングケース自身の充電時、チャージングケースを開いた時に点灯する。

 

PB092499 20181109

質感が高く、結構厚い金属(アルミ?)が使われていてかなり頑丈。

 

PB092497 20181109

PB092498 20181109

イヤホンを収納した様子。
磁力で吸着するため、開いた状態で逆さにしても飛び出ることは無い。
イヤーチップ部分は結構余裕があるため、(もし装着出来るのなら)他社製のイヤーチップでも充電は問題無さそう。
ただ、上の写真では向かって左側に右用のイヤホン、右側に左用のイヤホンを収納するのがちょっと違和感…まぁ、チャージングケースをどちら向きに開けるかによるんだけどね。

 

イヤホン本体は最大2時間で満充電出来、満充電状態で最大5時間使用可。
また、15分で約50%まで急速充電出来るので、もし充電し忘れていても、ちょっとした空き時間があれば充分使えるだけの充電が出来そう。
チャージングケースはイヤホンの満充電4回分…つまり最大20時間分のバッテリー容量を持つ。

 

 

試聴

早速、iPhone8とペアリングして聴いてみた。
ちなみに、TrueConnectとiPhone8は共にBluetooth 5.0に対応している。
尚、対応コーデックは公式ではSBCのみのようだが、AAC対応/aptX非対応という情報も有る。

まだ使い始めたばかりなので、やや硬めの音ながら既に好みの音になっている感じ。
正式販売前の試聴インプレでは中低域寄りで高域はややあっさりという評価が多かったが、確かにそんな印象かな。
iPhone8の再生アプリはKORG iAudioGateを常用していて、イコライザ設定で高域を少し強調すると更に好みの音になった。

これから使い続けて慣らし/鳴らしが進んでいった時の変化が楽しみだ。

さて、気になる装着感は…分厚くて大径な見た目からは意外なほど良く(2) 、少々動いた(頭を振った)程度では外れない安心感が有る。
先ずは最初から装着されているイヤーチップのままで使ってみたが、ジャストフィットではないもののユル過ぎずキツ過ぎずで、このままでも良いかと思えるほど。

 

 

外出時に使用

届いた翌日(2018/11/10)、買い物ついでの散歩で早速使用。
接続切れや雑音混入は一切無し、一部で見かけた「音量が記憶されない」という件も特に遭遇せず。
イヤーチップは最初から装着されている物のままだけど、抜け落ちたり耳に圧迫感を覚えることは無く、安定して耳に収まっていた。
実は、両耳を塞いだ状態で出歩くのは随分久しぶり(3) なので、周りの音が聞こえないことがやはり不安…その分、周囲を見回すことが増えた気がする。

ところで、左右分離タイプならではのデメリットがあった。
店の中など誰かと会話する際にはイヤホンを左右とも耳から外すように心掛けているのだが、左右分離だと外したイヤホンを手に持つかポケットなどに入れておく必要がある。
一般的な左右が繋がったイヤホン/ヘッドホンならそのまま首に掛けておけば良いんだけどね。
不便だけど、イヤホンをしたまま会話するのは不躾で嫌なので、受け入れるしかないかな。

 

 

  1. 手持ちの、この仕上げが施されている少し古い物は、いずれもベタついてしまった。 []
  2. 重さは僅か13g! []
  3. 通勤ラジオは片耳だったし、帰省時の両耳イヤホン使用は往復の新幹線車内のみ。 []