[Mac/iPad/iPhone] AirPods Pro到着♪

【この記事の所要時間: 441秒】

AirPods(初代)を持っている。

iPhone、iPad mini、MacBookPro…Apple製品であれば最初に一台とペアリング(といっても機器の近くでAirPodsのケースを開くだけ)をすれば他の機器でも使用出来、各機器間の切替もシームレスと、かなり便利に使える。
音質もオーディオ専用機には及ばないものの、スマホやタブレット、パソコンで使うのであれば悪くは無い。

ただ…装着感だけはどうにも満足出来ず。
一般的なインイヤーホンと異なりイヤチップに相当する部分が無く、滑り易い硬質プラスチック素材が直接耳孔に接触するため、今一つ安定せず歩行時はもちろんジッとしていても抜け落ちそうな不安感が拭えない。
サードパーティ製のシリコンカバーが出ているが装着するとケースに収まらない、装着したままケースに収納出来ることを謳っているカバーも有ったが購入者のレポートは芳しくない。
その後、他社製のインイヤーホンを購入したこともあって、AirPodsはすっかり使わなくなってしまった。

 

そんなわけで、AirPods Proが登場した時も特に関心を持たなかった。

最近になってなぜかふと気になり、レビュー記事を眺めてみると、エコーキャンセル機能の優秀さや旧(非Pro)モデルからの音質向上と同じく装着感の向上が評価されていて、それなら試してみようかと思い立った次第。
なんといっても、Apple製品との相性の良さはやはり便利だしね。

 

PB233165 20191123122605

 

購入品

PB233154 20191123122537

AirPods Pro、充電ケースカバー、ダストガード。

AirPods Proへの興味が高まった一昨日に購入先を探したものの、いまだに品薄で在庫切ればかり。
AppleStoreでさえも入荷三週間待ちという状況。
そんな中、たまたま見掛けたネットショップ(Apple正規ディーラー)で在庫があり早速購入。
そして昨夜届いた。
欲しいと思ってから手にするまで正味一日という素早さ…たまたま運が良かったんだな。

 

AirPods Pro

PB233155 20191123122540

おなじみのAppleらしいパッケージング。
本体が収められた充電ケース、充電用ケーブル、交換用イヤーチップ。

 

PB233156 20191123122543

充電ケーブルはLightning⇔USB-C。
充電ケース側もUSB-Cになってくれれば尚良しなんだけどね。

 

PB233157 20191123122546

交換用イヤーチップ、サイズはSとL。
本体には出荷時点でMサイズのイヤーチップが装着されている。

尚、iOS13には、AirPods Proのイヤーチップ装着状態をテストする機能が搭載されており、自分の耳に合ったイヤーチップを選ぶことが出来る。

設定Bluetooth ⇒【対象のAirPods Proの情報を表示】⇒ イヤーチップ装着状態テスト

この機能を使うためにiPhone8をiOS12からiOS13にアップデートした。
バグだらけ、バグまみれと超絶不評でバグの多さを公式(Apple)も認めている禁忌のナンバー「13」を持つiOS。
アップデートを決心した時は冗談抜きで清水の舞台から飛び降りるような気持ちだった。
幸いに、いまのところ常用アプリは特に問題無く使えている様子(但し全ての機能を確認したわけではない)。

 

充電ケースカバー

PB233158 20191123122548

ヒンジ部分が無く上下が分離している。
薄い素材で作られていて、他製品で見られるキーホルダーやカラビナを装着するホール/リングも無いため、装着してもスッキリした印象。
装着には粘着材などは使わないが、一度装着すると容易には剥がれないしズレることも無し。
底部にLightning接続用の開口部があり、非充電時は充電端子をカバー出来るようになっている。
AirPodsでも購入直後からケースカバーを装着していた。

 

ダストガード

PB233159 20191123122550

AirPods Proの充電ケースには複数個の磁石が埋め込まれているが、そのため細かい鉄粉などを吸い寄せてしまう恐れがある。
そうした金属粉の侵入を防ぐため、ケースの開口部(ベース側・蓋側)に貼り付けるダストガード。
非Proモデル用も出ている。

買って開封してから2セット分入っていることに気付いた。

 

PB233160 20191123122553

蓋用(上)とベース用(下)。
厚さ0.04mmと極めて薄い金属製プレート。
台紙から剥がして貼るのだが…なかなか神経を使う。

 

 

装着

PB233161 20191123122556

PB233162 20191123122559

ケースカバーの素材が薄いのとダストカバーもブラックなので一体感が有る。

 

 

ワイヤレス充電

PB233164 20191123122602

やっぱりこれが便利。

ちなみに、充電ケースのLEDが赤色点灯しているのが分かるが、充電ケースカバーには特に穴が開いているわけではない。
素材が薄いので透けて見えるのだろう。

 

 

試用感

早速iPhone8とペアリングして音楽を聴いてみた。
音質は、低音が籠もり気味で高音が少々硬い…なんといってもまだまだ使い始めなので、これから聴き込むにつれて改善していくだろう。
どう変化(向上)するか楽しみ。

装着感は…非Proモデルよりはマシかな?というのが正直な感想で、けして満足はしていない。
これも耳が馴染んでくれば多少は印象が向上するかも。

そしてエコーキャンセル機能…これは確かに凄い。
今までにエコーキャンセル機能搭載のインイヤーホンやヘッドホンを幾つか使ってきたけれど、そのどれよりも優れていると思う。
これだけでも買って正解だった。

 

 

 

[Mac] MagSafe風USB-Cケーブル … MagaBolt MagX

【この記事の所要時間: 228秒】

以前使っていたMacBook Air(11インチモデルばかり三世代)は電源ケーブルが磁力吸着のMagSafeで、万が一ケーブルを引っ掛けても本体から外れるため、道連れにして落下などの事故が起きる心配が殆ど無かった。
MacBookシリーズにUSB-Cポートが採用されて給電もUSB-Cで行われるようになってからは、ケーブルを引っ張るとほぼ漏れなく本体も付いてくるため、今まで以上にケーブルへの引っ掛けに気をつけるようになった。
とはいえ、狭い場所や置き方によっては引っ掛ける恐れがあるし、ケーブルが繋がっていることを忘れて本体を移動させようとしてケーブルに引っ張られて手から落とす…なんてことも無いとは限らない。
転ばぬ先の杖として磁力吸着で接続したい。

探せばUSB-Cポートに対応した磁力吸着型プラグや接続アダプタは割と見つかる。
試しに幾つか買ってみた…が…サイズが大きくてMacBookPro/13に装着しているカバーと干渉する、大きく突出して却って引っ掛けやすい、磁力が強すぎて引っ張るとプラグ自体が抜ける…など満足出来る物が無い。
サイズや磁力の強さなどMagSafeのバランスの良さに改めて感心した次第。

さて、先日ふと見つけたケーブルがなかなか良さそうだったので試しに買ってみた。

 

P9083066 20190908130157

MagaBolt MagX USB-C  MagSafe Magnetic Cable

名前と見た目の通り、MagSafe風の磁気吸着型USB-Cケーブル。
給電能力:100W、データ転送速度:10Gbps
国内での取り扱いは未だ無さそうだが、上記のサイトから購入出来る(中国発送で日本への送料は無料)。

 

P9083067 20190908130200

被覆の色は白と黒、ケーブル長は1.5m。
径はやや太目だが、しなやかで引き回しし易い。

 

P9083068 20190908130202

P9083069 20190908130205

両端はUSB-Cタイプ、一方が磁気吸着型プラグになっている。

 

P9083070 20190908130208

データ通信にも対応しているため端子数が多い。
端子は金メッキが施され、先端は丸味を帯びている。

 

P9083071 20190908130210

P9083072 20190908130213

MacBook本体に装着する側。
こちらも端子は金メッキで、接触部分は凹面に加工されている。

 

P9083076 20190908143201

MacBookPro/13へ装着。
厚さ(高さ)はMacBookPro/13(の下側)とほぼ同じで、突出量は5mmほど。

 

P9083077 20190908143203

コネクタを装着した様子。
全体の突出量は約12mm、コネクタの高さは約10mm。
前後の向きは逆も可。

 

P9083078 20190908143206

MagSafe同様に給電/充電状態が点灯表示される。

 

 

実際に使ってみて、本家MagSafeに比べると突出量は多いがそれほど飛び出す感じは無く、むしろカバーと干渉しなくて良い感じ。
磁力の強さは本家とほぼ変わらず、しっかり吸着しつつも、万が一ケーブルを引っ掛けた時には容易に外れる。

購入したのは一本だけど、持ち回り用にもう一本買おうかな。
データ伝送にも対応しているので外付けドライブ用としても追加で欲しいかも。

USB-CなのでMacBook以外にも使えるのが良いね。

[Mac] 親亀子亀のモバイルモニター … Mobile Pixels DUEX

【この記事の所要時間: 62秒】

普段常用しているMacBookPro/13のディスプレイは物理サイズ13.3インチ。
最大解像度は2,560×1,600ピクセルだが、Retina表示では実質最大1,680×1050で、今の水準ではさほど広く無い。
そのため、MacBookAirの頃から常用している疑似ハイレゾ化アプリ「QuickRes」を使い、1,920×1,200ピクセルで使用している。
最大解像度まで上げることも出来るが、13.3インチでは流石に字が小さくなりすぎて実用が難しい。

表示拡充のため別画面を追加しようとiPad miniを外部ディスプレイとして使ってみたが、MBP/13との表示サイズの違いが大きいことや、机上で並べて置いた際に高さの差が大きく視点移動に違和感が大きいことから、結局最近は全く使わず仕舞い。
MBP/13のディスプレイに並べて装着するアイテムも有るようだが、使う度に着脱するのは少々手間なので試してはいない。

 

MBP/13のディスプレイとほぼ同サイズの外付けディスプレイとなるとフットプリントがそれなりに大きく、今使っている小さめのテーブルでは並べておくのは少々難しい。
調べてみると、ノートPCのディスプレイ背面に重ねて装着し、使用時には引き出し・未使用時には収納出来る構造のモバイルモニターが有ることを知る。
これなら机上からハミ出しても問題無いし、本体ディスプレイの真横に並ぶため視点移動も容易、サイズも12.5インチなのでほぼ同等だ。
ちょうどタイミング良くクラウドファウンディングで支援が始まり、最も割引率の高いコースに空きが有ったので、早速申し込んだ。
初物ではなく、既に海外のクラウドファウンディングでプロジェクト完遂したものに対して、サポーター達からのフィードバックを受けてアップグレードされた物なので、不安は無かった。

待つこと数ヶ月、ほぼ予定通り発送されて、先日到着。

 

 

Mobile Pixcels DUEX

モバイルモニター

P7273031 20190728153826

P7283037 20190728153836

モバイルモニター本体

  • モニターサイズ:12.5インチ IPSパネル(ノングレア)
  • 最大解像度:1,920×1080ピクセル FHD
  • 画素ピッチ:0.144mm
  • 表示面積:276.48 × 155.52mm
  • 表示色:1,677万色
  • 視野角度:上下 178°/左右 178°
  • 輝度:300cd/㎡(輝度調整有り)
  • コントラスト比:700:1
  • クロック:150MHz
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 信号入力(接続ポート):USB-C
  • 本体サイズ:約325×231×12mm
  • 重量:約735g
  • 消費電力:4.5W
  • 対応OS:Windows、macOS、Android、Chrom、Linux

 

P7283036 20190728153833

パッケージの蓋裏側には装着方法が図解されている。(1) 
磁力吸着式なので着脱自体は簡単。

 

外観

P7283039 20190728153842

素材はPC-ABS、造りは割としっかりしているが若干チープな印象は否めない。
中央にはシンプルなロゴが入っている。

 

P7283040 20190728153843

四ヶ所に強力な磁石が装着されている。
この磁石とノートPCに貼り付けたメタルプレートとの磁力吸着で固定する。
右端に少し見えているのが収納されているモニター本体で、引き出して使う。

 

P7283041 20190728153846

モニターの端には輝度調整ボタンと信号入力ポート(USB-C)が有る。

 

付属品

P7283047 20190728153904

付属品

  • 信号用ケーブル×2本(USB-C⇔USB-C、USB-C⇔USB-A)
  • 装着用メタルプレート×12枚(3セット分)
  • 取扱説明書(英文)
  • ドライバーソフトウェア導入マニュアル(日本語)

メタルプレートをノートPCのディスプレイ背面に貼り付け、そこにモバイルモニター背面の磁石で磁力吸着させる。
かなり強力に貼り付くので大きく傾けたり裏返しても外れることは無いが過信は禁物。
尚、位置合わせなど横方向へは割と動かしやすい。

 

サイズ感

P7283042 20190728153848

AndMeshのケース(カバー)を装着したMacBookPro/13を重ねてみたところ。
写真では判り難いが、縦横ともモバイルモニターが周囲約1cmほど大きい。
15インチクラスのノートPCであれば、バランス良く装着出来ると思う。

 

 

Portable Kickstand

P7273032 20190728153828

P7283038 20190728153839

同時入手した簡易スタンド。
モバイルモニターの背面に装着して使用する。

 

P7283043 20190728153852

P7283044 20190728153855

上部にはメタルプレートが有り、モバイルモニター背面の磁石に磁力吸着する。
スタンドというが、二枚のABS板を柔らかめの素材で繋いだ、まるでiPadのバスタブカバーのような簡素な造り。

 

P7283045 20190728153858

使用時には引き出したディスプレイ本体を180°回転させる。
スタンドにはロック機構などは無いので、不意の転倒に要注意。

 

 

Mobile Pixcels Sleeve

P7273033 20190728153831

最大15.6インチクラスのノートPCにモバイルモニターを装着した状態で収納可能なバッグ(外寸:約42×30×4cm)。
クッション素材が使用され、また、内側は起毛素材使用で傷が付きにくい。
前面には大きなジッパー付きポケット(マチ無し)が有り、Portable Kickstandや接続ケーブルも収納出来る。
上縁には持ち運びし易いようにハンドルが有る。

 

 

使用感

現在MacBookPro/13に装着しているAndMeshのカバーは、表面が抗菌処理や疑似ラバー風のようなサラサラした手触りなのに加えて全体が僅かに湾曲しているため、粘着テープ類の貼り付きが芳しくない。
また、モバイルモニターの重量約735gは単体ではそれほどでもないが、横方向に引き出した状態で傾けた場合は装着部分に対して結構な負荷になり、使用中に剥がれる恐れも十分考えられる。 

それになによりも、上の方でも記したがMacBookPro/13とのサイズ差が気になるところ。
そのまま重ねるだけなら周囲1cm程度の差だが、実際に使う際には下側の縁が設置面に干渉しないように持ち上げる必要があるし、モニター本体を引き出して手前に傾けるためには横方向に2cmほどずらさなければならない。
つまり、上方と側方にそれぞれ2cm程度ハミ出した状態になり、かなりバランスが悪く感じてしまう。

というわけで、MacBookPro/13への装着は保留し、簡易スタンドを使って外付けモニターとして使ってみることにした。
その軽量性と背面の強力な磁石を活かして、何か適当なグリップスタンドを流用し、テーブルの縁に固定することも考えてみよう。

そうそう、ディスプレイとしての性能は、発色・輝度・コントラスト・精細さ・反応速度のいずれも大変満足している。
MacBookPro/13との違いもさほど無く、並べて使っても違和感は無し。
尚、Windowsリモートデスクトップでも拡張ディスプレイとして認識されるし、MacBookPro/13のディスプレイで複数のデスクトップを切り替えながらモバイルモニター側はWindowsリモートデスクトップ固定で使うことも出来た。

 

 

 

  1. 取扱説明書も付属。 []

[iPad] R2-D2バーチャルキーボード … 今更だけども

【この記事の所要時間: 352秒】

PC242599 20181224

 

Luna DisplayでiPad mini 4をMacBook Pro/13のサブディスプレイとして使う際に、iPad mini 4側に外部キーボードを繋げば文字入力も出来て活用の幅が拡がる。
既にBluetooth接続の折り畳みキーボード(Microsoft Universal Foldable Keyboard)を持っているが、ふと以前から気になっていたバーチャルキーボードを試してみたくなった。

 

バーチャルキーボードはプロジェクションキーボードとも呼ばれ、レーザーで投射(投影)されたキーボードをタップするとセンサーが感知して文字入力をするというもの。
有線タイプ(USB接続)、無線タイプ(Bluetooth接続)、その両方に対応したものなど、調べてみると国内メーカーも含めていろいろ出ている様子。

その中で、これまた以前から気になっていたのが、名作STAR WARSに登場するR2-D2を象った「imp. R2-D2 バーチャルキーボード IMP-101」。
本来のキーボードとしての性能は他の製品と大きな違いはないが、あのデザインはフィギュアとして置いておくだけでも良い感じ。
ただね…高価(定価が3万超え、新品相場で2万半ば、中古でも美品だと2万弱)でなかなか手が出ない…。

それが、Amazonマケプレで1万未満の美品中古を見つけた。
ショップ評価は100%(もちろん高評価)、発送はAmazon、付属品完備で通常使用での擦れ程度とのこと。
冷静に考えれば1万未満でもお試し目的だと勿体ない気もするけれど、まぁいいか…とポチ(^^ゞ

 

 

開封

PC202575 20181224

シンプルでシックなデザインのパッケージ。
パッケージには擦れや剥がれ、破れなどは一切無く綺麗。

 

PC202576 20181224

R2-D2バーチャルキーボード本体と取扱説明書(日本語)。
取扱説明書も傷みは全く無し。

 

PC202577 20181224

付属品は充電用ケーブル(USB-A⇔microUSB)のみ。
ケーブルは未使用だった。

 

 

外観

PC242602 20181224

サイズは高97×幅69×奥行50mm。
デカール(シール、ステッカー)類は一切使われていなくて、色付け部分は全てエンボス&塗装されている。
但し、可動するのは頭部(電源スイッチ兼用でON/OFF操作時に約45°回転する)のみで、左右の脚は微動だにしない。

PC242603 20181224

PC242604 20181224

背面のパネルを開けると充電ポート(microUSB)と、その右横にBluetoothペアリングスイッチが有る。
充電時間は約3時間で、満充電状態で約2時間使用出来る。

 

PC242605 20181224

底面は思いっきり簡略化されている。
左右の脚は接地せず僅かに浮いており、写真では判り難いが黒い面に有る三つの小さな突起で接地しているため少々不安定で、使用時には打鍵の振動で左右に振れてしまうことがある。

 

PC242606 20181224

使用時の様子。

頭部中央の赤色LEDはバッテリー状態表示、その右横の青色LEDはBluetooth状態表示。
ボディ中央やや上の赤く灯っている部分はレーザーダイオード投影部(キーボードイメージ)。
ボディ中央やや下のスロットは読み取り用センサー部。
脚の部分にもスロットがあり内部にパーツが組み込まれているが、特に何か使われているわけではなさそう。

 

 

試用

PC242600 20181224

キーボードのサイズは幅240×奥行100mm、キー数は68(英語配列)。
キーピッチは19mmあり、サイズとしては申し分無し。

実際に文字入力してみたところ、キーボードを投影する面の素材や色にかなり左右される印象。
相性が悪いと誤入力や未認識、押してもいないのに勝手に入力される…など散々な結果だが、相性が良いと結構順調に入力出来る。
但し投影型の特性か、通常のキーボードのようにホームポジションに指先を置いた打ち方ではミスタッチが多発するため、指先をキートップ面から高めに置いてタイプライターのように垂直に打ち下ろす感じで、慣れないとかなり戸惑う。

正直なところ、まだまだ発展途上なジャンルだと感じる。
上に書いた打鍵法の他にも、物自体の高さがあるためデバイスの前に置いて使う際に気になるし(=邪魔)、コンパクトさでも折り畳みキーボードに対して有利性が低いし。

この製品で言えばフィギュアとしてもやや物足りないかな…せめて脚部(左右、下)が可動すれば良かったな。 (レーザー投影とセンサー感知の角度が変わるため難しいとは思うけれども。) 

 

 

 

その後のLuna Display

【この記事の所要時間: 415秒】

PC222596 20181222

 

iPad mini 4をMacBook Pro/13のサブディスプレイとして使おうと購入したアダプタ「Luna Display」。
先に紹介したRHA TrueConnectやMISTEL MD600のような日常使いはしていないけれども、たまに使うとその便利さに改めて感心する。

 

 

 

外部キーボード

PC222586 20181222

iPad mini 4側ではタッチ操作(タップやドラッグ)が可能だが、外部キーボードを接続(Bluetooth)することで更に文字入力も出来るようになる。
つまり、MacBook Pro/13から離れた場所での遠隔操作的な活用の幅が拡がる。

iPad mini 4用の外部キーボードとしてはMicrosoft Universal Foldable Keyboard(US版)を以前購入していたが、この左右に分かれたキーレイアウトが今一つ馴染めず、使用頻度は低かった。
久しぶりに使ってみたが、職場でMISTEL MD600を使う様になって分割キーボードに慣れたのか極普通に使えたので、今後は使用頻度が高くなりそうだ。

 

PC222587 20181222

サイズは横295.1mm(通常時)/147.6mm(折り畳み時)、縦125.3mm、厚11.5mm。
折り畳んだ状態でCDケースとほぼ同じ大きさになる。

開くと電源がONになり予めペアリングした機器と自動接続し、閉じると電源がOFFになる。
充電式バッテリーは一度の満充電で最大3ヵ月という長期間運用が可能。

 

PC222588 20181222

対応OSはWindows/Android/iOSで、 OS と記されたキーを押すことで(ローテーションで)切り替わる。
ふと思うが、こういうモバイルキーボードってMac非対応が多い…何故だろう?

US版での言語切替は Ctrl space

右上にはバッテリー充電ポート(microUSB)が有る。

 

PC222589 20181222

同時に二つの機器を接続(マルチペアリング)して、使用時に選択出来る。

 

 

USB-C L字アダプタとプラグキャップ

PC222590 20181222

MacBook Pro/13にはカバー(ケース)を装着していて、Luna Display実装時に干渉するのでは?という懸念は杞憂だった…と思ったが、やはり極僅かだけど干渉していた。
Luna Displayは角張っているため実装時にエッジがカバーに引っ掛かり、またカバーの縁が装着されたLuna Displeyを斜めに押し上げているのは、精神衛生上よろしくない。

Luna Displayやカバーを削るのは避けたいとなると…。
ふと目に入ったのがUSB-CのL字アダプタ。
MacBook Pro/13の給電/充電ケーブルをボディの後ろに回したくて購入していた物で、カバーと干渉しないのは当然確認済み。
二個セットだったので余っていた一個を使う事にした。

ついでに、一緒に出てきたプラグキャップも装着。

 

PC222591 20181222

約二倍のサイズになり、Luna Displayのコンパクトさがやや損なわれてしまったが、元々小さかったのでさほど気にはならず。
もちろん携行性には全く影響しないし、サイズと形状のおかげで紛失し難くなったかも。

 

PC222593 20181222

MacBook Pro/13に装着した際の突出具合は単体の時とほぼ変わらず。

 

PC222594 20181222

写真では判り難いが、単体装着時と比べて確かに余裕が有る。
実際は1mmにも満たない厚さの差とはいえ、意外と影響するね。

 

 

テザリング環境での使用

LunaDisplayは同じWi-Fi下にあるデバイス同士での使用に限られる。
自宅ではMacBook Pro/13とiPad mini 4は同一のWi-Fi下で使用しているため問題無いが、出先(モバイル)ではどうだろう。
モバイルルーター(一部を除く)はOKとのこと。
では、テザリング環境では?

 

PC222595 20181222

インターネット共有したiPad mini 4とMacBook Pro/13でテザリングして、LunaDisplayを使用中。
速度低下でさすがに重くなるが、文字入力程度なら特に不満無く使用出来る。

尚、ツールバーの表示が薄いのは、iPad mini 4側にフォーカスが移っているため。