メスティンとアルコールストーブでほったらかし炊飯

【この記事の所要時間: 38秒】

湯沸かしセットとメスティンが揃ったら先ずやりたいこと…それはやっぱり炊飯♪
メスティン自体が炊飯にかなり向いている上に、アルコールストーブや固形ストーブとの組み合わせでは自動炊飯と呼ばれるほど簡単に炊飯出来るという。(1) 

早速、今日の昼食でこの組み合わせでの炊飯にトライしてみることにした。
ガソリンストーブ(コールマン・ピーク1)やガスストーブでは何度か経験があるので、それらと比べてどれくらいお手軽なのかも感じてみたい。

(via;湯沸かしセット … 3セット目
(via;NSメスティン新調

 

 

含水(浸水)

今回は無洗米を使用したので洗米は無し。

 

P8142214 20180814

一合の無洗米をメスティンへ入れる。
ちなみに、メスティン(小さい方)の蓋はすり切りで米一合が入る容量とのこと。
計量カップ代わりになるので便利。

 

P8142217 20180814

続いて水を入れる。
無洗米なので通常の白米を炊く場合の水量に対して約一割増しになるが、その辺りは炊き上がりのお好みで。

 

P8142216 20180814

米と水を入れた状態で水面がリベットの真ん中辺りになるのが米一合を炊く際の一般的な目安。

蓋をして30分ほど置く。

 

 

炊飯

P8142218 20180814

アルコールストーブに着火。
未だ本燃焼では無いので炎が見えにくい。
アルコールストーブは明るい場所での燃焼状態が判り難いので要注意。(2) 

 

P8142219 20180814

メスティンを載せて、その上にオカズの缶詰を重石代わりに置く。
炊き上がる頃には缶詰も程良く温まる。

 

P8142220 20180814

本燃焼へ移行。

 

P8142221 20180814

炎はメスティンの底を広く覆いつつも側面に高く上がることは無く、良い感じ。

 

P8142222 20180814

暫くすると吹きこぼれが始まった。

 

P8142224 20180814

着火から15分ほどで自然消火。(アルコールの量は30ml)

 

 

蒸らし

P8142225 20180814

保温のためタオルで巻いて15分ほど置く。
缶詰はここでも重石代わり…出来れば一緒に保温したほうが良かったけどね。

この際にメスティンを上下ひっくり返したり底を軽く叩くという手順も有るが、特にしなくても構わないようなので無し。(3) 

 

P8142226 20180814

吹きこぼれは一角に偏っているが結構な量。
この様に下にトレイを敷いておけば後片付けが楽になる。

 

 

炊き上がり

P8142227 20180814

写真では判り難いけれど、艶々していて米が立っている。
所々にカニ穴らしきものも見られる。

 

P8142228 20180814

軽くほぐす…焦げ付きは全く無し。
というか、NSメスティンでの炊飯で焦げ付かせること自体が難しいわけだが。

 

 

いただきます

P8142229 20180814

さんま蒲焼缶とインスタント味噌汁で簡単な昼食。
味噌汁のお湯は御飯を蒸らしている間に沸かしておいた。
御飯が美味しいとオカズはシンプルなほうがいい。

 

 

ごちそうさま

P8142230 20180814

ペロリと完食♪
メスティン内がやや水っぽいのは缶詰の汁を掛けたため。
御飯は水っぽさや芯残りは全く無く、本当に美味しかったと自画自賛♪

 

含水から蒸らしまで含めてトータルで約一時間。
道具の用意を除けば殆ど手間が掛からず、簡単に美味しい御飯が炊けるのはいいね。
着火すれば後は勝手に消えるまで放っておけばいい。
といいつつ、今回は最初から最後まで付きっきりだったわけだけども(^^ゞ

今度は屋外(クロスカブ散歩)での炊飯にトライしてみたいね。

 

 

 

  1. 自分的には「自動炊飯」ではなく「ほったらかし炊飯」だと思う次第。 []
  2. 火が消えてると思って手を近付けたり燃料を投入して火傷したという事例も少なくない。 []
  3. 底を叩くのはメスティンを傷めるだけで無意味なため、やらない方が良いという話も有る。 []

職場小物 … チェアハンガー2

【この記事の所要時間: 453秒】

今の時期、オフィス内は場所(自席周りや会議室、廊下/階段、洗面所、などなど)によって気温差が結構大きく、フリースカーディガンを着たり脱いだり。
周りを見ても同じくカーディガンだったり、ジャケットやスーツ、ダウンベストなど皆いろいろな羽織り物を着ている。
そんな羽織り物、自席周りは暖かいので脱いでいるが、その際は大体椅子の背もたれに掛けている。
わざわざロッカーにまで行くのは面倒だし(1) 、畳んで机の上に置いておくのも嵩張るしね。
ただ問題は、背もたれに掛けていると、もたれた際に身体で圧されて皺になったり襟が潰れたりすることと(2) 、身体を動かした際に引かれて落ちる場合が有ること。

それらが嫌で椅子の背もたれに取り付けるチェアハンガー「ナカバヤシ 服の神」を便利に使っていたが、先日オフィスの椅子が交換されて、フレームに薄いメッシュが張られた構造の背もたれになったため使えなくなってしまった。
(via;職場小物 … チェアハンガー、バッグハンガー

いや、全く使えないわけではないが、メッシュを傷めずにしっかり固定するためには服の神側(フック)の加工と椅子側に適当な保護を施す必要があって、それならこんな構造の背もたれに使えるチェアハンガーを探そう…と。

実際に探してみるとなかなか見つからない。
似た構造の椅子用オプションとしては幾つか見つかったが、いずれも切削加工が必要だったりかなり高価だったり。(3) 
職場で使っている椅子にも専用オプションとして用意されていたが、やはり高価…会社に購入希望を出してもまず無理だろうね(苦笑

調べている最中に見掛けたのが「ハーマンミラー アーロンチェア」純正オプションのジャケットハンガー(チェアハンガー)。
実はコレを持っていた(自宅のアーロンチェアに装着していた)ことを思い出した。
アーロンチェア自体は昨年初頭から春にかけての大断捨離で手放したけれど、このジャケットハンガーはたまたま取り外していたこともあって売らずに手元に残していた。
(via;自宅の大片付け … 山場を超えたか!?

 

そういえば、こんな物を持っていた

PC111870 120171216

PC111871 120171216

ハーマンミラー純正 アーロンチェア用ジャケットハンガー
サイズは幅450×高140×奥行40mm。
素材はハンガーワイヤー:スチール、クランプ:ポリマー。
ハンガーワイヤーはザラザラした表面仕上げが施されていて、掛けた服が滑り落ち難くなっている。
耐荷重は5kg。

 

PC111872 120171216

アーロンチェアの背面フレームにクランプを下から差し込んで挟み、背面フレーム下端のリブを滑り止めにして固定する構造のため、他の椅子への流用は難しい…と今回の検討では最初から思い浮かばなかった。

 

PC111874 120171216

PC111873 120171216

クランプは2ピース構造でそれぞれをボルトで締めており、取り付け幅の間隔調整が可能。
ハンガーワイヤーはクランプの両端を挟んで固定する仕組みで、ネジ留めなどはされていない。
服の神と異なりハンガーの高さは変えられないが、元々アーロンチェアは背もたれの高さが高いため、ハーフコート未満の身丈なら裾を擦る心配は無さそう。
職場の椅子もスーツ丈くらいなら大丈夫な背もたれの高さがある。

 

もしかして、流用出来るかも

PC111875 120171216

ということは…クランプを上下逆さにすれば、椅子の背もたれ上部を挟み込むことで固定出来るんじゃないかな。
試しにこの向きでハンガーワイヤーを取り付けたところ、問題無く・無理なく固定された。

 

PC111876 120171216

但し、付属のボルト(写真一番上、M5×30mm)では長さが足りなかったので、手持ちのM5ボルト(40mm/45mm/50mm)から現物合わせで40mmを選択。
ボルト頭(皿)のサイズはほぼ同じ。

 

PC111877 120171216

付属のボルトは六角レンチ(3mm)用で代用品は一般的なプラスドライバー用だけど、こちらのほうが手軽で良し。

 

PC111878 120171216

ボルトの受け側はスチール製の四角ナットが使われていて、強度的に安心出来る。

 

PC111886 120171216

背もたれのメッシュを傷めない様に滑り止めを兼ねてクランプの内面にゴムシートを貼り付けた。
現物合わせなので見た目がちょっと雑だけど、装着すれば隠れる部分なので無問題。

 

出来上がり

PC111887 120171216

PC111888 120171216

パッと見は特に変わらない。 

 

PC111889 120171216

ハーマンミラーのロゴは上下逆さま…といっても気付く人がどれだけいることやら。
クランプの噛み合わせで出っ張る部分が下側になるため、標準での使い方よりも見た目は良い感じ。
ハンガーワイヤーはしっかり固定出来ていてズレたりガタついたりはしない。

 

装着例はこんな感じ

PC111890 120171216

PC111891 120171216

作業をしていた会議室の椅子に装着してみた。
同僚曰く…FMアンテナみたいだな…と(笑

背もたれの上端が軽く後ろにカーブしている形状であれば、大抵の椅子で使えそうだ。(4) 
この状態ではクランプは締め付けていないが、服を掛ければ上からの圧が掛かるし滑り止めの効果もあって安定している。
ただ、服を取る際に持ち上がって外れてしまうため、自席の椅子への装着ではしっかり締め付けておいた。
自席の椅子に装着後、ハーフコート丈のマウンテンジャケットを掛けたところ、裾から床までの距離は充分余裕があり、擦ったり脚の車輪で踏む恐れは全く無し。

 

 

  1. そもそもロッカーは使用していない。理由は↓のリンク先記事に書いている通り。 []
  2. フリースカーディガンならそれほど気にすることはないけれども、ジャケットやスーツは気になるね。 []
  3. 服の神よりもシンプルな造りなのに10倍以上の価格…。 []
  4. カーブしていなくてもハンガーがやや後ろ上がりになるけれど実用上の問題は無いと思う。 []

職場小物 … チェアハンガー、バッグハンガー

【この記事の所要時間: 254秒】

PB080254 120151114

チェアハンガーとバッグハンガー。

 

 

チェアハンガー

肌寒くなって厚手の上着が必要なシーズンになりました。

さて、職場には一応ロッカーが有りますが、さほど広くないロッカーに1台当たり10人近くも割り当てられているため、厚着になる季節にはかなり窮屈になります。
後から出社した人が無理矢理押し込むため生地によっては皺になったりしますし、ハンガーから外れて落ちて埃まみれになることも。
また、雨の日には半ば濡れたまま突っ込まれることもあり、自分自身は全く利用していません。

そのため、脱いだ上着は空いた席(椅子)の背に掛けておくわけですが、丈の長い服の場合は裾が床に触れたり更には椅子のキャスターに巻き込まれる恐れも…。
そんなわけで、椅子の背に装着するハンガー「チェアハンガー」を使う事にしました。

 

PB080256 120151114PB080255 120151114

ナカバヤシ チェアハンガー「服の神」 ブラック(RCH-101BK)
サイズは幅260〜443×高240〜390×厚23mm。
冒頭の写真は組み立て前です。

二個のS字フックを装着して、椅子の背もたれ上部に引っ掛けます。
S字フックは太いながらアルミ製ですので、手で拡げたり狭めたりして背もたれの厚さに或る程度対応させることができます。
上部を左右にスライドさせることで肩幅のサイズを可変出来、また上下方向も6段階に調整出来ますのでハーフコートサイズでも裾が床に触れることなく掛けておけます。

 

PB080257 120151114

ちょっと散らかっていますが…装着例です。
アーロンチェアの背もたれはメッシュのため傷まないようにS字フックは軽く乗せているだけですが、実際は奥まで差し込んで使います。 

 

 

バッグハンガー

職場では足元に小さな棚を置いているので通勤バッグの置き場には困りませんが、出張先やちょっと飲食店に寄った際には結構不便。
特に雨で濡れていたり、埃っぽい床には直接置きたくないですね。
近くに空いている椅子が有ればそこに置けますが、混んでいるとそうもいかなくて…。
というわけで、テーブルなどに引っ掛けるバッグハンガーを持ち回ることにしました。

 

PB140282 120151114 

Orange Ideal バッグハンガー グリーン
サイズは横51×縦107×厚11mm。
隣はiPhone5S(バンパー装着)です。 

耐荷重は15kgとのこと。
樹脂素材(重さ的に内部に金属素材が使われているとは思えません)ということで、たとえ話半分だとしても7kg以上なら必要充分ですね。

 

PB140283 120151114

テーブルの天面に接する部分には滑り止めを兼ねたゴム素材が貼られていて傷が付きにくくなっています。(1) 

 

PB080258 120151114PB080259 120151114

使用例です。

掛けているバックパックには、MacBookAir/11、iPad mini Retina(ClamCase PROを装着しているため重量倍増)、Kindle Paperwhite、VX-8D、等が入っていて結構重くなっていますが、バッグハンガーは特に撓む様子も無くしっかり引っ掛けています。

 

 

  1. バッグを引っ掛けたまま引き摺ると、さすがに擦り傷がつくため要注意です。 []

あ、解除を忘れてた(笑)

【この記事の所要時間: 339秒】

久しぶりに自分のブログを覗いてみると…あら、真っ白(笑
一瞬、以前ブログが突然破損したことを思い出したが、今回は記事の投稿や編集などきっかけになりそうな作業は特に思い浮かばない。
(via;[WP] ブログ…突然の破損と復旧

 

DSC00740 20140825 Snapseed

画像は特に関係無し…。

 

なんでまた?

iPhone5Sでのアクセス(Safari、Mercury)だったため、試しにMacBookAir/11でアクセス(Chrome)してみるとこちらは普通に表示される。
ということは、スマートホン/携帯電話用に表示レイアウトを変換するプラグイン(WPtouch Pro)絡みかな?とも思ったけれど、iPad mini Retina(PCと同じ表示レイアウト)でアクセス(Mercury、Safari)してもやはり真っ白のため、このプラグインは全く無関係だと判明。

 

そうだった!

ふと思い当たったのが、MacBookAir/11では管理者としてアクセスしているのに対して、iPhone5SとiPad mini Retinaは一般アクセスしていること。
更に、MacBookAir/11のブラウザ最上部に「注意:メンテナンスモードは有効です!」という表示が有ることに気付いて、やっと原因に思い至った。

そういえば、先日Wordpressでメンテナンスモードの有効/無効切り替えを容易にし、メンテナンスモード時の表示をカスタマイズするプラグイン(WP Maintenance Mode)のお試しをしていたっけ。
どうやら最後に無効化(メンテナンスモード解除)するのを忘れていたらしい。

一般からのアクセスではメンテナンス中を示す画面が表示されるが、管理者(ログイン)としてアクセスしていると通常の表示になるため気がつかなかったらしい。
また、プラグインの設定上の問題でメッセージが一切表示されず真っ白画面になっていた様子。 

プラグインのお試しをしたのは先週金曜日の昼頃なので、さほど長い間放置していたわけではなさそうだ。

 

稀によくある

普段、自分のブログを見るなんて記事を投稿(新規、更新)した直後の表示チェックか、コメントを戴いた(メール通知)時くらい。
しかも、そのいずれもそう高い頻度では無いため、自ブログを見る機会は余り(というか滅多に)無いかな。
WordPressのカスタマイズも一段落して、今は手を加えることが無くなったこともある。 

その他、 アクセスログや統計情報的なものは余り興味が無いためチェックしていないし、ブログ・ランキング系も全く興味が無く不参加…これもブログの不調になかなか気付かない理由だろう。

 

いまひとつな〜

見る頻度が低い理由の一つが愛着が湧かないこと。

前のブログではどんなことであれ毎日その日の出来事を記事にしていたけれど、今のブログでは気が向いた時に書きためておいたネタを数日おきに小出し投稿するのみ。
ネタを探そう、早く記事を書こう、毎日続けよう、という気持ちはすっかり薄らいでいる。

記事に対する姿勢というか想いの変化も有る。
前のブログでは十数年毎日欠かさず記事を書いてきたという蓄積が有り、単なる覚え書きではなく日記(ライフログ)として、○年前の今日は何をしていたっけ?と当時を振り返る愉しさがあった。
今は…移行して日が浅いこともあるけれど、そもそも毎日書いていないし、内容的にも当たり障りの無いような書き方になってしまった気がして、自分自身振り返って読むほどの思い入れが感じられない。

書きっ放しに近い気がする。 

前のブログでは「雑記」が一番多かった。
内容はまさに雑記で、平凡な出来事や感じたことなど雑多な内容を書き連ねたものだけど、ライフログ的に(自分自身が)後から読み返して面白い・懐かしいと感じる記事はほぼこのジャンル。
今のブログでは何故か気分的に書き難い…もしかして無理に使っている「ですます調」文体のせいも有るかもしれない…。

そう、ブログを移行してから「ですます調」に変えたけど、普段滅多に使わないので文章が進まないんだよねぇ(苦笑
頭の中に有るコトをすんなり出すには、この記事で使っているような文体が一番書きやすい。
そろそろ戻そうかなぁ。

実際のところは、前ブログと合わせると十年以上やってきたのでいい加減飽きてきた、というのが正直なところかも。
書かなくなると書く気力や興味も無くなってくる、そして更に書かなくなる…悪循環だね。

 

快適なパソコン環境になった♪

【この記事の所要時間: 346秒】

MacBookAir/11をデスクトップ化したい!

そんな突発的な思い付きから始まって、器材(1) 購入やパソコン机周りの片付け…更には書斎(と呼んでいる書庫兼趣味用品の物置)の大々的な整理整頓にまで発展。
その合間には、PowerMacG4Cubeが壊れたり購入したばかりのThunderboltDisplayが不調になったり…と、トラブルにも遭遇しましたが、幸いに現在はいずれも復旧しています。(2)
(via;[Mac] MacBookAir/11 … デスクトップ化準備
(via;[Mac] Thunderbolt Displayの設置と書斎の片付け
(via;[Mac] Power Mac G4 Cube … 起動不能
(via;[Mac] Power Mac G4 Cube … 復活
(via;[Mac] Thunderbolt Display … 突然の故障
(via;[Mac] Thunderbolt Display … 突然の復活

DSC01704 20140718

 

作業性が向上!

画面サイズと解像度が大幅に向上し、一度に多くのウィンドウを開いておけるので、例えばブログの記事を書く際にプレビューを常に表示しておいたり、関連サイトを閲覧するなど効率が良くなりましたね。
MacBookAir/11の画面では重なり合ったウィンドウを坊主めくりのように開いては覗き見していたような感じでしたから。

反面、開いておくアプリやウィンドウの数が増えたため、今までは以上にメモリの空き容量不足が気になってきました。
メモリ解放アプリ(FreeRAM Booster)を使っているものの、時には空き容量が二桁MB…酷いと一桁MBまで減っていることがあります。
ちなみに、諸悪の根源はSafari…開いているだけでどんどんメモリを喰っていくのが判り、そうなるとSafariを再起動するしか解決策はありません。

FreeRAM Booster
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

 

身体が楽!

キーボードとトラックパッドをそれぞれ別にしたため、操作する際の自由度が上がり腕~肩がかなり楽になりました。
また、以前は画面を見る際に下向きだったのが真正面に正対するようになったので首の疲れも殆ど感じなくなりましたね。

これは、iPad miniをフレキシブルアームマウントでThunderboltディスプレイの横に空中設置したことでも向上しました。
ディスプレイを見ている目の端にiPad miniの画面が見えていますし、注視したい場合はそのまま真横に視線を移動するだけなので楽です。
(via;[iPad] iPad miniをアームスタンドで空中設置

一番大きな理由は自分自身の姿勢かな。
以前は狭い座卓にMacBookAir/11を置き、座椅子に座って時には片膝を立てたような格好で作業していました。
それが今はちゃんとした机と椅子(3) ですから、楽なのは当たり前かも。

 

入り浸り♪

書斎自体もあちこち片付けて、かなり居心地の良い空間になりました。
尤も、自分の場合は多用する物は手の届く範囲に置きたい性分なので、傍目には相変わらず散らかっているように見えそうですが。

おかげで最近はすっかり入り浸り。
殆どメディアプレーヤー専用機と化したiPad miniで録画消化(ロケフリ視聴)をしたり、音楽(CD取り込み、ネットラジオ)を聴いたり。
(via;自宅内ロケフリ視聴

趣味(バイク、アウトドア、自転車、ミリタリー)用品を弄ったり、書庫も兼ねているので読書もOK。

自宅に居る時間の大半をココで過ごしている感じです。

 

これからの予定

MacBookAir/11のデスクトップ化が完了したのでパソコン関係はひとまず打ち止め。
ただ、メモリ不足がネックになってきたので、MacBookAirの新モデルが出たら買い換えたいかな。
次はRetinaという噂もありますし。

その代わりに浮上してきたのがオーディオ関係。
Bluetoothヘッドホンですが、以前より音楽を聴くようになって、もっと高音質の物が欲しくなってきました。
既に幾つか候補が決まりましたので、明日からの三連休中にショップへ出掛けて視聴&試着をする予定です。

  1. ThunderboltDisplay、WirelessKeyboard-US、MagicTrackball、その他諸々。 []
  2. Cubeは外部電源モジュール交換で復旧、ThunderboltDisplayは電源を抜いて丸一日放置しておいたら自然復旧。 []
  3. アーロンチェア…改めて細部を調整し直しました。 []