遅い夏休みも終わり

【この記事の所要時間: 439秒】

巷より半月ほど遅れて取った夏休み(秋休み?)も今日で終わり。
長いようで短かった九日間…今回もいつものように帰省だったけど、とりあえずノンビリは出来たかな。

 

P9092341 20180909

 

旅の相棒

G.W.に続いて今回もリモワ・パイロットトローリーと袖形かばんが旅の相棒。
(via;これからの旅の相棒 … リモワ・パイロットトローリー
(via;簡便肩掛袋(サコッシュ)… 袖形かばん

パイロットトローリー…立てた状態で上が開く「箱」ってのは本当に使い勝手が良いね。
携行品はノートPCやタブレット、モバイルセット(電源アダプタやケーブル類一式)など平たい物や細長い物が多いので、収納性を考えると立てた方が入れやすい。
横長なので深さ(高さ)が程良い点も使い易さに貢献している。
傍らに立てて置いた際に中身の出し入れが容易なのも良し…一般的なスーツケースやトランク、キャリーケース/バッグでは平置きして大きく開かなきゃならないのでそれなりに場所を選ぶしね。
また、頑丈で防水性が高いため、モバイル機器などを安心して持ち運べるのも良し。
自宅に置いている時には普段使わない機器の保管庫としても活用している。

新幹線の網棚にはスッポリ収まり、座席足元に置いてもグリーン席なら全く余裕・一般席で若干狭いかな?と感じる程度のコンパクトさ。
コンパクトながら収納性は高く、帰省先で購入した雑誌を五冊ほど持ち帰ってきたが、元々けして少なくない携行品に加えても余裕で収まった。
トローリーなので少々重くなっても引いて歩けば楽…但し階段など提げなければならないケースも考えておかないとね。

袖形かばん…いわゆるサコッシュだけど、これもまた使い勝手が良い。
iPhone、Kindle、サイフ、キーケース、ヘッドホン(インイヤーホン)、ハンカチ、ティッシュ、チケット類など直ぐに使う物を入れておけば、パイロットトローリーは仕舞ったままでOK。
伸縮容易なショルダーベルト(ジェットグライド)のおかげで、中身を出し入れしない時は身体に密着させておけば軽く感じるし、屈んだ際の邪魔にならない。

ところで、上の写真のうち下側の小さいシエラカップ二個は今回購入した雑誌「BE-PAL」の付録。
購入先の大型書店ではこうした付録付き雑誌のバックナンバーが豊富で、左下のシエラカップが付いた号も結構前の発刊だが在庫があった(ラストだったけど)。
右下のシエラカップが付いた号は最新刊なのか山積みだった。
他にも、ディアゴスティーニなどの「組み立てる系」雑誌?のバックナンバーも結構揃っていたり、オーディオ系雑誌の大型付録(アンプ、DAC、スピーカー、エンクロージャーキット、ケーブル類、等)が付いた号も割と残っていたりする。

 

 

クロスカブ

今回の帰省では試走(後述)を除くと一度も乗れなかった。 
最初はバッテリー不調のため見送り、次は天候不順、体調不良、実家用事のため見送り。
(via;[CC110] 初バッテリー交換

まぁ、バッテリーの不調はあったものの経年劣化(納車から四年半一度も交換していなかった)だし、他には特に問題になるような箇所も無し…とはいえ実際に走ったのはバッテリー交換後の試走で10mほどだけども。(1) 

汚れや錆については、完全に覆うカバーを掛けてガレージ奥に置いていたので、カバーには細かい砂埃が付いていたものの、クロスカブ自体はほぼ埃程度で済んだ。

次は年末年始…今度は乗れるかな。
今度は珈琲(プチ)ツーに行こう。
(via;[CC110] 気分だけでも珈琲ツー(笑)

 

 

ブログ弄り

先日、ブログの見やすさや表示速度の向上を図っていろいろ見直しを行ったが、肝心のWordpress自身には手を付けなかった。
使用していたバージョンは3.9.x(末尾失念)…最新は4.9.8なので随分古い。
手を付けなかった理由は、これほどの差分を一気にアップデートするとテーマやプラグインなどで互換性の問題が出るのではないか?という心配から。
(via;RYO.NET 20周年♪

先日の見直しでプラグインを整理して全て最新版にしたし、テーマも自分で手を加えた部分があるが一応オリジナルは最新版なので大丈夫だろう…という見切り発車でWordpressを最新版(4.9.8)にしてみた。

結果はとりあえず問題無し。
ただ、プラグインは事前に全て最新版にしていたにも関わらず十数個に更新有りを通知された。
おそらく使っていた古いWordpressに対応しているものとしては最新だったが、Wordpressをアップデートしたことで更に新しい物が見えてきた…ということだろう。

あと、「とりあえず」というのは、JetpackをアップデートしたところWordPress.comとの連携やAkismetのアクティベートが再度行う必要が有ったため。

これでWordpressシステムとプラグインは全て最新版になったので、PHP 7.1への移行を考えてみてもいいかな…と考えてみたものの、改めて互換性をチェックしてみるとプラグインの幾つかが非互換。
いずれも欠かせないため、移行のメリットとデメリットを考えた結果デメリットが多いと判断して見送り。

ところで、この作業の際にうっかり使っていなかったプラグイン(記事投稿時にSNS…設定はTwitterのみ…へ自動通知する)を有効にしてしまい、先の記事を投稿した際にTwitterに投稿してしまった。
暫くして気付いて、プラグインを無効化するとともにTwitter投稿の方も削除しておいた。

  1. ヘルメットと免許証が手元になかったので…一応私道だよ。 []

[WP] ブログエディタ(MarsEdit) メジャーアップデート … 投稿チェックを兼ねて

【この記事の所要時間: 354秒】

ブログの記事はもっぱらMacで作成・投稿している。
iPad miniやiPhoneにも環境を構築しているけれど、本体のソフトキーボードでは文字入力が少々し難いので投稿後の修正くらいにしか使っていない。(1) 
デジカメで撮った画像の取り込みや加工もMacの方が作業し易いしね。

Macでの記事作成・投稿アプリは、ブログをWordPressへ移行して以来、MarsEdit 3を使い続けている。
昨夜、AppStoreを覗いてみると、メジャーアップデートされたMarsEdit 4がリリースされていた。
有償(二週間の無償試用期間有り)だが、MarsEdit3正規ユーザーであれば割安購入とのことなので、先ずは試してみることにした。
(via;[WP] ブログエディタ お試し中

 

 

PC101869 120171210

MacBookPro/13でこの記事を作成中。
四つのウィンドウのうち、右下はChrome(WordPressの新規投稿追加画面でApp Store Insertプラグインでアプリ情報を検索中、他にも関連情報を調べたり)、残りの三つがMarsEdit 4(左下:記事一覧、左上:記事作成、右上:プレビュー)。
QuickResで2,048×1,280の疑似ハイレゾ表示にして、これだけのウィンドウを1画面内に配置している。

 

MarsEdit 3からの移行は全自動

インストールしたMarsEdit 4を起動すると、直後に今まで使っていたMarsEdit 3の設定を全て自動で引き継ぎ、投稿済み記事の取り込みも自動で行われた。
自分のブログは使い始めから暫くしてGoogle認証を使っており、MarsEdit 3で認証の設定を変更する際に結構手間取った。
今回この点が一番の心配だったが問題無くクリア。
連携しているTextExpanderの動作もOK。

 

【悲報】TextExpanderってば、いつの間に…

ところで、TextExpanderといえばいつの間にか月額課金制になっちゃってたんだな。
しかも、これまたいつの間にかDropboxやiCloudでのスニペット同期も出来なくなっちゃってるし。
自分が使っているのは、OSX版はTextExpander 3、iOS版はTextExpander 2…当然買い切りだしスニペットの同期もDropBoxで出来ている。
使用頻度がさほど高く無いこともあって、バージョンがかなり古いことによる不具合には特に遭遇していない。
MarsEditとの連携も1処理(既公開記事への引用リンクの取得⇒上の画像の直前に表示しているような)だけだしね。
他のアプリに乗り換えても良いんだけど、スクリプトが使えることが必須条件なので、とりあえずは現状維持でいこう。

 

OK♪OK♪

インストール&自動移行直後、試しに既投稿記事の誤記修正&再投稿をしてみたところ全く正常に完了した。
また、以前の環境では、プレビュー画面への実際のブログ画面表示の反映が今一つうまくいかなくて保留していたが、それも難無くOK。

 

アップグレードでお得に購入

問題無く移行出来たし、全体に見易くなって若干の高速化も感じられたので、早速購入することにした。
AppStoreでの新規購入価格は$49.99(6,000円)…内容を考えると充分妥当だけども結構高価。
MarsEdit 3からのアップグレードは$24.99(3,000円)…もちろんこちらを選択。
アップグレード価格での購入手順については、幾つかのWebサイトで詳しく紹介されているので、そちらを参照して欲しい。
一度購入手続きを済ませるとアプリのメニュー表示に出て来なくなるため、自分の環境では画面を交えた説明が出来ないため割愛…言い訳(^^ゞ

 

さてと

これで少しはブログへの投稿頻度が上がるかな?
以前(といっても既に三年半も前のこと、当時は自宅サーバ運用のMovableType環境)は毎日1記事以上投稿していたが、今(自宅サーバの不調でレンタルサーバ運用のWordPressへ移行)は多くて週に1記事…平均すると2〜3週間に1記事の投稿だろうか。
雑記や日記みたいな呟き的な内容ならそれこそSNSで充分だし(2) 、一介の平凡な会社員にはネタなんてそう無いし、貴重なネタ元だったバイクは実家に置き・キャンプ用品も大断捨離したし…。

というか…何を目指してブログなんてやっているんだろう??? 

 

 

 

MarsEdit 4
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
  1. これら機器を使った長文打ちはまずしないので、外付けキーボードを持ち回ることは無い。 []
  2. SNSを卒業したので今後この手のネタなら増えそうだけど…わざわざ記事にして公開するようなものでもないしなぁ。 []

[WP] ブログエディタ お試し中

【この記事の所要時間: 252秒】

ブログ環境を一新したことによる大きなメリットの一つがブログエディタ(ブログクライアント)アプリの選択肢が一気に増えたこと。

以前の環境では、ブログシステムが古い(MovableType 2.x)ことに加えて自己流でのカスタマイズだし、更にはテキストコーディングも非主流のEUC-JPにしたため、MovableType対応を謳ったブログエディタ(OSX、Windows、iOS)でも大半が文字化け・投稿不可・カテゴリー未反映…などで殆ど実用になりませんでした。

結局、まともに使えるブログエディタはMacBookAir/11で使っていた”ecto2”と”ecto3”くらい。
WindowsPCで更新する場合はWebブラウザで管理モード内の簡易エディタを使い、iPadやiPhoneでの更新は早々に諦めました。

対して今はOSX、Windows、iOSで選ぶのに迷うほど。

まずは以前の環境で試行錯誤した際に入手しておいたブログエディタを片っ端から試してみて、OSX版(MacBookAir/11)とiOS版(iPad mini Retina、iPhone5S)でコレは!と思えるものに幾つか出会うことが出来ました。

 

OSX版(MacBookAir/11)

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥4,000

MacでWordPressの記事を書くなら定番…と言われるほど評判の良いエディタですね。

再度使い始めたばかりですし既に数多くのサイトで大変詳しく紹介されているのでインプレは割愛します。

実は前のブログ環境で使おうと買ったものの、試して直ぐに上述の通りブログシステム側の要因で使えないことが判明したため(1)、長らく お蔵入りしていました。
結構高価(2) だったので再度活用することが出来て本当に嬉しい♪

 

iOS版(iPad mini Retina)

Posts
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

デザインが良く、操作系が判りやすく、特にオフラインで出来る事が豊富なエディタ。
予約投稿や外部からのテキスト流し込みが出来ない点が若干弱いものの、全般的には無料でここまで出来るの!?と思わず感心してしまうほどの高機能さ。
iPadでは投稿済み記事の追記・修正を主に考えていたけれど、これなら新規投稿にも充分使えそう。

 

iOS版(iPhone5S)

WordPress
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

iPhoneでは誤記訂正やカテゴリ/タブの変更・追加など記事の軽い修正が主なのでブログ用としての単体エディタは使用していません。
このアプリならコメントの承認や返信、統計情報の確認など全般的な操作が出来るので便利です。
尚、iPad mini Retinaでも管理用に同じアプリを使用しています。

 

他にも気になるエディタが色々ありますので暫く行脚が続きそう。

また、画像の簡易編集など連携したいアプリが幾つも有るので、少しずつ試してみたいですね。

  1. 確かカテゴリが反映されない、表示が崩れる…という症状だったような。 []
  2. 購入した当時は¥3,000台だったと思う。 []