マーカーライト … GLO-TOOB AAA PRO

【この記事の所要時間: 517秒】

そういえば、「県立地球防衛軍」というマンガにマーカライト・ファーブという登場人物が居たな。
東宝の特撮映画「地球防衛軍」に登場した光線兵器『マーカライト・ファーブ』が元ネタだろうか。
県立の方は超能力を使った芋掘りが得意な御仁だったが。

 

それはさておき、マーカーライト(標識灯)とは、その名の通り暗い場所で人や物の所在を知らせる明かりのこと。
身近なところでは、夜間にジョギングや散歩をしている人が身に付けている小型のライト、他に飼い犬の首輪やリードに付けている姿も良く見掛ける。

最近は日が沈むのが早くなり帰宅する頃には既に暗く、徒歩通勤路の半分ほどを占める河川敷では周りに街灯などの照明が殆ど無いこともあって真っ暗。
一応舗装はされているが所々かなり荒れて陥没している箇所もあり、月明かりすら無い夜は結構不安。
しかも、ジョギングや散歩をしている人や自転車(それも結構速度を出しているロードバイク)が少なくないため、後方にも注意が必要。
以前購入したウォーキングライト「STREAMLIGHT SIDEWINDER COMPACT II」で自分の足元から前方を照らしてはいるが、更には後方から視認性も向上したい。
それならマーカーライトを使って自己の存在をアピールすれば良いのではないか…と考えた次第。
(via;100MILE
(via;ウォーキング用LEDライト … STREAMLIGHT SIDEWINDER COMPACT II

 

バッグに付けたいのでキーホルダータイプで、防水が絶対条件。
電池は入手が容易な単三もしくは単四、当然ながら小型軽量が望ましい。
ストロボ(点滅発光)は無くても良いが、元々明るい物であれば輝度を下げられると尚良し。
あとは、通勤バッグに提げても違和感が少ないデザインを希望。

 

PA062436 20181006

そんなこんなで選んだのがGLO-TOOB GT-AAA PRO

 

 

外観

PA062429 20181006

単四電池一本使用のスリムな円筒形のボディでサイズは直径φ19×長76mm、重量約26.5g。
ピルケースのようなシンプルなデザインなのでバッグにも合わせやすいだろう。

ちなみに軍用としてミリタリーバッグに装着しているシーンも有り、一見ミリタリーっぽい通勤バッグ(AS2OV(アッソブ)・ウォータープルーフサコッシュ)にも似合う。
防水性についてはダイビングにも使用されるとあってかなり高く、水深200mまで耐えるとのこと。
(via;通勤バッグのミニマム化 … AS2OV(アッソブ)・ウォータープルーフサコッシュ

 

 

構成品

PA062427 20181006

付属品は取扱説明書類(全て英文)とネックストラップ、単四乾電池。

 

PA062428 20181006

パッケージには活用出来る様々なアクティビティが記されている。

 

 

構造

PA062431 20181006

中心に電池が入るアルミ製ボディが有り、その周りをやや厚手のボリカーボネート樹脂製カバーが覆っている構造。

 

PA062430 20181006

底部に組み込まれた四つの高輝度LEDからの光がアルミ製ボディの円錐状になった部分で反射され、ポリカーボネイト樹脂製カバーで導かれて全体が発光しているように見える。

 

発光パターンはHigh(100%…最大点灯4時間)/Low(25%…最大点灯15時間)/ストロボ(点滅)の3種類。
消灯状態で電池蓋を兼ねたテールキャップ(アルミ製)の中心部分(ダブルリングが通っている所)を上から見て時計回りに捻るとHighで点灯し、点灯状態で逆に反時計回りに捻ると消灯する。
また、点灯状態で反時計回り⇔時計回りの捻りを短時間で繰り返すと、High⇒Low⇒ストロボ⇒Highのように切り替わる。
時計回り/反時計回りともに機能する位置を過ぎても大きく動かせるため、止まるまで回しておけば振動などで変わってしまうことを避けられる。

 

 

点灯

PA042425 20181006

Highモード点灯

LEDが実装されているのは底部(写真左下)だけなのに全体が明るく光る。

 

PA042426 20181006

Lowモード点灯

尚、LowモードはLEDに流れる電流を下げて輝度を落としているのではなく、LEDを高速に点滅させて発光時間の割合を減らすことで発光色を変えずに発光量を変えているらしい。

 

 

テールキャップ/スイッチ

PA062432 20181006

PA062433 20181006

スイッチの構造は単純で、テールキャップ中心部を回すことで乾電池底部(マイナス側)への接触部分が出入りするだけ。

 

PA062434 20181006

但し、このような構造のため、乾電池底部の縁が絶縁されていないタイプ(写真右側)では常時接触してしまいスイッチが機能しないため、使用不可。
テールキャップ側の出入りする部分の周囲か乾電池底部の縁部分に絶縁テープを貼れば使用出来そうな気もするが…。

 

 

通勤バッグに装着

PA062435 20181006

通勤バッグに装着。
実際は歩行時の振動でKeySmart Proと接触して煩いのでKeySmart Proはバッグの中に収めている。
ちなみに、バッグの下に有るのはウォーキングライト(STREAMLIGHT SIDEWINDER COMPACT II)。

 

 

スタンダードモデル

尚、このPROモデルの他に通常モデル(GT-AAA、以下スタンダードモデル)も有る。
こちらも単四電池使用で形状とサイズはほぼ同一だが、テールキャップ(こちらは樹脂製)とLED発光部の位置が上下逆でLEDの数が少ない(二個)といった違いがある。
また、LEDの数が少ないこととポリカーボネート樹脂製カバーがやや薄いこともあって、PRO程の全体が光る感じは無い様子。
ちなみにスタンダードモデルは水深60mまで可…もちろん通常使用では必要十分の防水性だ。

廉価なスタンダートモデルではなくPROを選んだのはテールキャップの質感と操作性、全体が光る感じで。
またグリーンを選んだのは、5色(グリーン、ブルー、レッド、アンバー、ホワイト)の中で最も視認性が高いらしいのと、普段余り見掛けない色だから。(1) 
そういえば、昔サバゲでよく使ったサイリューム(ケミカルライト)の色合いにも似ている。

 

 

 

  1. 散歩中の犬に付けられているペットライトが実にカラフルで、よく見かけるのは白・赤・黄/橙・青で、中にはこれらの色が切り替わりながら光る物まで。 []

通勤バッグのミニマム化 … AS2OV(アッソブ)・ウォータープルーフサコッシュ

【この記事の所要時間: 54秒】

以前はA3書類が折らずに入るようなゼロハリ・アタッシェや30Lクラスのバックパックを通勤に使っていた頃がある。
それなりに携行品が有った故の選択だったが、今にして思えばその携行品自体が本当に必要だったかというと非常に謎。
少なくとも通勤=職場には大して必要が無い物がかなりの割合で含まれていたと思う。
その後、 携行品を取捨選択したり、必要品もサイズのコンパクト化を進めるにつれて通勤バッグ自体も段々と小型化し、最近ではワンショルダーバッグ/ボディバッグやポーチも使ってきた。
更にミニマム化を追求中。

この夏は本当に暑かった。
通勤バッグの大きさや重さはそのまま通勤時の苦しみ「痛勤」に直結する。
もっと軽く、もっと薄く、更には極力身体に触れないもの。
そして絶対条件は防水性…通勤路は徒歩区間が長く、割と吹き曝しのため傘を差していてもバッグが結構濡れる。
そのため、今まで使ってきたバッグも撥水/防水性を重視したり、後から撥水スプレーを塗布したり、レインカバーを加えたり…と雨対策が欠かせなかった。
出来ればバッグ単体で少々の雨に耐えられる物が欲しい。

これまで使ってきた様々な形態のバッグを振り返り、小型のショルダーバッグ…サコッシュみたいな物が良さそう。
以前購入して普段使いしている「袖形かばん」(簡便肩掛袋…サコッシュ)がサイズや機能的にかなりお気に入りで、通勤でも使おうかとも考えたが…デニム素材製で防水性は皆無のため、今回新調することにした。
(via;簡便肩掛袋(サコッシュ)… 袖形かばん

 

 

AS2OV(アッソブ)・ウォータープルーフサコッシュ

P9152343 20180915

サイズと防水性、そしてもちろんデザインで選んだ一品

・サイズ:幅280×高230×奥行30mm、180g
・素材:コーデュラナイロン 305d 3レイヤーマテリアル

水蒸気は通すが雨風は通さない、耐水性20,000mm以上というテントやレインウェア並みの透湿防水性を有する素材を使用。

 

P9152345 20180915

ファスナーは全て止水タイプが用いられ、閉じた時に僅かに隙間が空く末端部分にもカバーが設けられている。
ちなみにファスナーの引き手は金属製(メインルームのファスナーはループ装着)。

 

P9152352 20180915

ファスナー装着部や各縫製部分には裏側からシームテープ加工が施されて防水性が高められている。
とはいえ完全防水では無い(ファスナーの隙間などから浸水する)ので過信は禁物。
まぁ、通常の雨くらいなら大丈夫だろう。

 

P9152346 20180915

右端にはキーホルダー等を取り付けられるループが設けられており、デザインと表地保護を兼ねたラバーが貼られている。

 

P9152350 20180915

左上隅にはメインルームのファスナーを閉じる際に使える引き手が有る。
止水ファスナーは特に閉じる時がちょっと固いので便利。

 

P9152344 20180915

背面上部にはタオル等を掛けられるテープループが有り、ハンドキャリー時の取っ手にもなる。

 

P9152349 20180915

テープループの両端にはショルダーベルト(用のカラビナ…付属品)を装着するループがそれぞれ有る。

 

P9152351 20180915

ショルダーベルトは別途購入したフルクリップ・ジェットグライドに交換している。
サイズ違い品を袖形かばんで使っていて、伸縮操作が素早く滑らかなことに感心してこちらのバッグでも是非使いたい…と。
但し、袖形かばんでは幅25mmだったが、こちらはバッグの厚さや携行品の量を考慮してやや幅広(38mm)の物を選択。

 

P9152356 20180915

付属のショルダーベルト。
こちらも2段階の長さ調整が出来るとのことだが余りスムーズではなく、通常のショルダーベルトといった感じ。
尚、バックルのソケット(外)側は金属製。

 

P9152348 20180915

メインコンパートメントはA5サイズ(写真はiPad mini 4)が入る。
内部はもう少し余裕があるが、開口部(ファスナー)の幅に制限される。

 

P9152347 20180915

フロントポケットのサイズ感。
写真はiPhone8だが、やや幅広のバンパーを装着していてiPhone8 Plus相当のサイズになっている。

 

P9152353 20180915

通勤時の携行品一式…かなり絞り込めたかな。
折り畳み傘が入れば安心だけど、少しでも降りそうな気配の時は必ず長い傘を持ち回っているし、職場にも常に置き傘をしているから大丈夫かな。
それに途中で降っても、あちこちにあるコンビニ等で調達すれば良いし。
通勤時に欠かさず持ち回っていたラジオ(実態はハンディトランシーバー)は、通勤時にラジオを聴くことが無くなったため除外。
(via;Bluetoothヘッドセット買い換え … Jabra STEEL

 

P9152355 20180915

Kindleの下に置いているのはニコンのキルティングポーチ。
このサコッシュには内ポケットが無いので、クッション兼仕切りとして。

 

P9152354 20180915

携行品一式を収めた様子。
写真では割と盛り上がっている感じだけど実際はそこまで厚みは無い。

 

実際に一週間ほど通勤で使ってみて、サイズ感が本当に良い感じ。
身体の前後どちらに提げても邪魔にならないし、歩行時にはショルダーベルトを縮めて背中に密着させれば更に重さを感じない。
ショルダーベルト(ジェットグライド)の伸縮し易さは本当に素晴らしく、使用シーンに応じて片手で軽く伸縮出来るのは便利。
気になる防水性も、今週は雨に見舞われることが多かったが全く心配はなかった。
内部への浸水はもちろん皆無、表面の水滴も直ぐに弾いてくれるので電車内など混み合う場所でも他者への心配が無い。
防水素材だが表地も裏地もサラサラした手触りが心地好く、ナイロン系のような安っぽさは感じられない。

デザインとカラーがミステリーランチを彷彿とさせる点も気に入っている。
ちなみに左下にブランドロゴが有るが、表地と同色でシンプルなため殆ど目立たず。

 

 

小分け携帯燃料ボトル

【この記事の所要時間: 32秒】

湯沸かしセットに欠かせないのが水と燃料(アルコール)。
水は通常の水筒が使えるし現地調達(コンビニや自販機、所によっては湧き水)でも賄える。
燃料は基本的に持参になるが、専用ボトルを持っているもののちょっと使うには大きな容量の物ばかり。
また、アルコールストーブの場合は基本的に自然消火までの使い切りになるため、効率を考えれば適量を使いたい。

アルコールを入れられて、携帯性が良く、計量がし易いか使い切りの程良い容量の容器を探して見つけたのが、飲用アルコール(要するに酒)を持ち回る小型のフラスコ/スキットル。

 

P8262296 20180826

ステンレス製のヒップフラスコ(キーリング付き)。
Amazonで見つけた物で、一個300円未満(送料無料)と激安だが中国から発送のため届くまで二週間ほど掛かった。

 

P8262300 20180826

サイズは幅40×高43×厚20mm(突出部を除く)。
ジッポライターとほぼ同程度の大きさ。
側面はヘアライン仕上げ、上下面はポリッシュ仕上げになっている。

 

P8262299 20180826

内容量は1OZ(≒30ml)。
アルコールストーブでほったらかし炊飯をする際に使うアルコール量は30ml(燃焼時間は約15〜16分)なので、ちょうど使い切ることが出来る。(1) 
ちなみに、湯沸かし(コーヒーやカップ麺用に300〜400mlほど)ではアルコールの使用量は10〜15ml。
(via;メスティンとアルコールストーブでほったらかし炊飯

 

P8262297 20180826

キャップも金属製でネジ込み式。

 

P8262298 20180826

元々アルコール(酒)を入れて持ち回る容器なので漏れの心配は少ないと思うけれど、念のためネジ込み部分に手持ちのOリングを嵌めておく。
使用したOリングは外径10mm×内径8mm×線径1mm…一回り小さい方が良いかも。

 

P8262303 20180826

湯沸かしセットと一緒に。
(via;湯沸かしセット … 3セット目

 

P8262304 20180826

トランギア・メスティンの中に湯沸かしセットとボトルを入れた様子。
燃料は約90ml(炊飯三回分)、あと1〜2個は入りそう。
実際に使う際には、メスティン内部への傷付き防止や万が一アルコール(毒性)が漏れた場合に備えて密封袋に入れておく。
(via;NSメスティン新調

 

P8262302 20180826

燃料用アルコール、トランギア・アルコールボトル、小型ボトル(計量目盛付き)

 

P8262301 20180826

燃料用ボトルから移す際にはシリンジ(注入型計量容器)を使う。
ただ、このシリンジは本体が太く先端が短いため、ボトルから直接吸い上げるのが難しい。
先端に何か延長ノズルになる物(ストロー的な?)を取り付ければいいかな。

 

 

 

  1. 気温や風の状況に依るため、あくまでも参考値。 []

お出掛け珈琲セット

【この記事の所要時間: 620秒】

コンパクトな湯沸かしセットを組んだので出先でも淹れ立ての珈琲を飲める。
でも、せっかくなのでドリップ珈琲を飲みたい。
携帯用ドリッパーはコーヒーバネットを持っているが、これもコンパクト湯沸かしセット(初代)と一緒に実家置きしているため、二代目を組むことにした。
(via;湯沸かしセット … 3セット目

 

 

珈琲セット

P8252275 20180825

全部纏めてスノーピークの600mlマグカップ一個に収まるコンパクトさ。

 

P8252276 20180825

構成品

・チタンマグカップ(スノーピーク SP600 シングルウォール)…ケトル用
・チタンマグカップ(スノーピーク SP450 シングルウォール)…カップ用
・チタンカップ蓋(T’s-Stove SP600シングルウォール用注ぎ口付き
・ドリッパーセット(T’s-Stove UL Cafe Set
・メッシュポーチ(スノーピーク SP600付属品)

カップ用は保温性を考えるとダブルウォールの方が良いのだが、残念ながらドリッパーセットを収納出来ない。
まぁ、シングルウォールなら直接火に掛けられるのでクッカーとしても活用出来るかな。

ところで、最近のスノーピークのマグカップにはメッシュポーチが付属しなくなったのだろうか?
このSP600と一緒に購入したSP300にはそれぞれ付属していたが、モデルチェンジ(ロゴが変わった)後に購入したSP450には付属していなかった。

 

UL Cafe Set

P8252280 20180825

蓋付きプラカップの中に下記三点がセットになっている。
・チタン製ドリッパー
・チタン製丸棒
・ペーパーフィルター
そして別途用意した珈琲。

 

P8252281 20180825

組み立てた様子。
ドリッパーに開けられている穴に丸棒を挿してカップに載せ、ペーパーフィルターをセットする。

 

P8252282 20180825

適合するペーパーフィルターはカリタのウェーブフィルター155。
お弁当のオカズ入れみたいな形だが、この周囲のウェーブ形状が良いらしい。

 

P8252283 20180825

5枚付属しているが、補充用に別途購入(Amazonでも扱っている)。
購入した物は生成色きなりいろではなく白色。

 

P8252284 20180825

プラカップ内の空きスペースに珈琲粉(別途挽くなら豆でも良し)が収まる。
この容量で約50〜60g…珈琲5〜6杯分になる。

 

P8252285 20180825

プラケースはSP450(シングルウォール)内にスッポリ収まり、付属の蓋もきっちり被せることが出来る。

 

P8252286 20180825

しかもこの蓋の外周はSP600(シングルウォール)の内側にジャストフィット。
つまり、スタックしたSP450とSP600が触れ合うことが無くなり、傷付きやガチャガチャ音を避けられる。

 

注ぎ口付きチタン蓋

P8252292 20180825

SP600をドリップ用ケトルとして使うには注ぎ口が欲しい。
というわけで、T’s-Stoveでちょうど良い蓋(しかもチタン製)を見つけて早速購入。
つまみはチタン丸棒にシリコンチューブが被せられていて、湯が沸いた状態でも素手で持つことが出来る。

 

P8252291 20180825

つまみにはポリカーボネート樹脂製のナットとボルトが使われている。
このナットが厚くて、ドリッパーセットを収納した状態では半分ほど浮いた状態になる。
まぁ、メッシュポーチに入れておけば外れて落ちることは無い。

 

P8252277 20180825

当然ながらジャストフィット。
実際に使ってみて、懸念していたカップの縁と蓋の隙間からの水(湯)垂れは全く無かった。
ドリッパーに注ぐのはチタンケトルの方が流石に専門職だけあって得意だけど、こちらもなかなか使い易い。
(via;チタンケトル発掘

 

P8252295 20180825

ハンドルにはチタンケトルと同じくフッ素ゴムチューブを被せている。
但し、こちらのハンドルは線材の径が一回り太いため、チューブも一段階太い内径φ4mm/外径φ6mmの物を使用。
SP450にも被せてみたけど…SP600内に入らなくなってしまったためやむを得ず外した。
直接火に掛けるケトルほどには熱くならないから無くても素手で持てる。

 

P8252287 20180825

ポケットストーブ(中はアルコールストーブ)に載せた様子。

 

 

Super Low Ti Table

上の写真で下に敷いている金属板は…。

P8252288 20180825

P8252289 20180825

T’s-Stove Super Low Ti Table

チタンの一枚板で作られた超軽量コンパクトなミニ(マイクロ?)テーブル。
サイズは100×200×8.5mm、板厚0.8mm。
板厚は比較的薄いが、SP600に400mlほどの水を入れてポケットストーブ(&アルコールストーブ)に載せた状態で僅かに撓む程度。

 

P8252290 20180825

600mlと450mlのマグカップを置くとこんな感じ。
テーブルというよりもトレーに近いけれど、不整地で最低限の平坦面を確保するには必要充分なサイズ。
カップの底が汚れるのも避けられる。

 

 

珈琲ミル

P8252293 20180825

かなり永く愛用しているポーレックス コーヒーミル。
着脱式のハンドルは他社製のグリップバンドで固定。
最近は更に携行し易いコンパクトサイズ(径は同じで背が低い)も出ていて、こちらには標準でグリップバンドが付属している。

 

 

 

徒然に思うこと

コーヒーバネットやコーヒーミルは中国製の格安コピー品がこんなに有るのかって驚く(呆れる)ほどに出ていて、Amazonでも数多く見かける。
そりゃまぁ道具としては一般的なので類似品が有っても不思議は無いけど、特徴や形状、サイズなど細部に至るまでまったくコピーってのはどうなの?
ポケットストーブもエスビットの刻印が無いだけでサイズや形状が全く同じ中国製コピー品が大量に出回っている。
幾ら安くてもデッドコピー品には悪い印象(品質だけじゃなくてデッドコピーという行為自体がね…)しかないし絶対に買わない。

 

 

 

チタンケトル発掘

【この記事の所要時間: 331秒】

行方不明になっているメスティン(大小それぞれ一個)を未だに探し続けている。
どこかに紛れ込むようなサイズでも無いし、中にアルコールストーブ関連の小物を色々入れていたはずなので重さもそこそこ有ると思うのに、一体どこへ行ったやら…。
(via;NSメスティン新調

その探し物の途中で、昔使っていたチタンケトルを見つけ出した。
これを今頃見つけ出すんだから、メスティンもどこかに紛れ込んでいても不思議ではないかも。

 

P8192274 20180819

 

 

 

チタンケトル

P8182260 20180819

既に廃番になって久しい、ユニフレームのチタンケトル。
同じデザインのステンレス製モデルや、クッカーとのセットも有った。

 

P8182261 20180819

一部で流行っているらしいチタンの焼き色付けではなく、ガソリンストーブで使った際に炎が暴れて付いたもの。
ちょっとおちょぼ口な注ぎ口だけど、ドリップ珈琲を淹れる際にはクッカーや鍋型ケトルに比べて遙かに注ぎやすい。

 

P8182265 20180819

直径はシエラカップより僅かに大きく、高さはシエラカップを二つ重ねたくらい。
容量は500mlほど。

 

P8182266 20180819

底面のデザインとサイズはシエラカップとほぼ同じ。
縁が下向きに巻かれた形状なので炎の当たりが良く、湯沸かし効率も良さそうだが…実際に一般的な鍋型ケトルと比較したレポートによると同様量の湯を沸かした際の時間は殆ど変わらないとのこと。
ちなみに、シエラカップ底部の黒ズミはガソリンストーブでの使用で付いた煤…五徳中央にある十字板の痕もクッキリ残っている。

 

P8182262 20180819

折り畳み式のハンドル。
線材がやや細く(直径φ3mm)取り付け部分に遊びがあるため、水を多量に入れた際は少々心許ない感じ。

 

P8182264 20180819

P8182263 20180819

蓋のハンドルは一方向にのみ倒れる仕組み。
立てておけば熱くなった蓋を開ける際に引き起こす手間が掛からない。

 

 

ちょっと弄り

熱さ避け

使用時にはハンドル(本体、蓋)がかなり熱くなり、当然素手では持つことが出来ない。
一部のクッカーで見掛ける、シリコンチューブなどをハンドルに嵌めれば熱さが和らいで素手でも扱えるようになるかな。

 

P8182267 20180819

用意したのはフッ素ゴムチューブ(内径φ3mm/外径φ5mm)とシリコングリス。
シリコンゴムに比べてフッ素ゴムの方が耐熱性・耐炎性・耐摩耗性に優れていて、色が黒(現物は限りなく黒に近いグレー)ということで選択。
シリコングリスはワイヤーにゴムチューブを被せる際の滑りを良くするために用いる。

 

P8182268 20180819

ケトルからハンドルを外し、薄くシリコングリスを塗ったワイヤーをフッ素ゴムチューブに通していく。
素手では滑り易いので、軍手や布を介してチューブを持ち、少しずつずらす様にすればスムーズに通せる(はず)。

 

P8182269 20180819

P8182270 20180819

これで熱した状態でも素手で触れるし、特に本体側のハンドルがやや太くなり、また滑り難いので持った際の安定性が大きく増した。
ハンドルを畳んだ(倒した)際のガタつきも無くなって良い感じ。
このケトルの蓋は軽く載っているだけなので注ぐ時にケトルを大きく傾けても外れないように押さえるのだが、チューブ嵌めておけば素手で触れられるようになる。

 

蓋の紛失防止

上にも書いたが蓋が容易に外れてしまう。
ちょうど手持ちに良さそうなボールチェーン(玉鎖)が有ったので、落下や紛失防止のため蓋を本体に繋いでおこう。

 

P8192271 20180819

ステンレス製、長さ20cmほどで玉の径は約2mm。
両端を金具で繋いでリング状にする。

 

P8192272 20180819

P8192273 20180819

蓋と本体それぞれのハンドルに通して完成。
ちょうど良いくらいの長さかな。