遅い夏休みも終わり

【この記事の所要時間: 439秒】

巷より半月ほど遅れて取った夏休み(秋休み?)も今日で終わり。
長いようで短かった九日間…今回もいつものように帰省だったけど、とりあえずノンビリは出来たかな。

 

P9092341 20180909

 

旅の相棒

G.W.に続いて今回もリモワ・パイロットトローリーと袖形かばんが旅の相棒。
(via;これからの旅の相棒 … リモワ・パイロットトローリー
(via;簡便肩掛袋(サコッシュ)… 袖形かばん

パイロットトローリー…立てた状態で上が開く「箱」ってのは本当に使い勝手が良いね。
携行品はノートPCやタブレット、モバイルセット(電源アダプタやケーブル類一式)など平たい物や細長い物が多いので、収納性を考えると立てた方が入れやすい。
横長なので深さ(高さ)が程良い点も使い易さに貢献している。
傍らに立てて置いた際に中身の出し入れが容易なのも良し…一般的なスーツケースやトランク、キャリーケース/バッグでは平置きして大きく開かなきゃならないのでそれなりに場所を選ぶしね。
また、頑丈で防水性が高いため、モバイル機器などを安心して持ち運べるのも良し。
自宅に置いている時には普段使わない機器の保管庫としても活用している。

新幹線の網棚にはスッポリ収まり、座席足元に置いてもグリーン席なら全く余裕・一般席で若干狭いかな?と感じる程度のコンパクトさ。
コンパクトながら収納性は高く、帰省先で購入した雑誌を五冊ほど持ち帰ってきたが、元々けして少なくない携行品に加えても余裕で収まった。
トローリーなので少々重くなっても引いて歩けば楽…但し階段など提げなければならないケースも考えておかないとね。

袖形かばん…いわゆるサコッシュだけど、これもまた使い勝手が良い。
iPhone、Kindle、サイフ、キーケース、ヘッドホン(インイヤーホン)、ハンカチ、ティッシュ、チケット類など直ぐに使う物を入れておけば、パイロットトローリーは仕舞ったままでOK。
伸縮容易なショルダーベルト(ジェットグライド)のおかげで、中身を出し入れしない時は身体に密着させておけば軽く感じるし、屈んだ際の邪魔にならない。

ところで、上の写真のうち下側の小さいシエラカップ二個は今回購入した雑誌「BE-PAL」の付録。
購入先の大型書店ではこうした付録付き雑誌のバックナンバーが豊富で、左下のシエラカップが付いた号も結構前の発刊だが在庫があった(ラストだったけど)。
右下のシエラカップが付いた号は最新刊なのか山積みだった。
他にも、ディアゴスティーニなどの「組み立てる系」雑誌?のバックナンバーも結構揃っていたり、オーディオ系雑誌の大型付録(アンプ、DAC、スピーカー、エンクロージャーキット、ケーブル類、等)が付いた号も割と残っていたりする。

 

 

クロスカブ

今回の帰省では試走(後述)を除くと一度も乗れなかった。 
最初はバッテリー不調のため見送り、次は天候不順、体調不良、実家用事のため見送り。
(via;[CC110] 初バッテリー交換

まぁ、バッテリーの不調はあったものの経年劣化(納車から四年半一度も交換していなかった)だし、他には特に問題になるような箇所も無し…とはいえ実際に走ったのはバッテリー交換後の試走で10mほどだけども。(1) 

汚れや錆については、完全に覆うカバーを掛けてガレージ奥に置いていたので、カバーには細かい砂埃が付いていたものの、クロスカブ自体はほぼ埃程度で済んだ。

次は年末年始…今度は乗れるかな。
今度は珈琲(プチ)ツーに行こう。
(via;[CC110] 気分だけでも珈琲ツー(笑)

 

 

ブログ弄り

先日、ブログの見やすさや表示速度の向上を図っていろいろ見直しを行ったが、肝心のWordpress自身には手を付けなかった。
使用していたバージョンは3.9.x(末尾失念)…最新は4.9.8なので随分古い。
手を付けなかった理由は、これほどの差分を一気にアップデートするとテーマやプラグインなどで互換性の問題が出るのではないか?という心配から。
(via;RYO.NET 20周年♪

先日の見直しでプラグインを整理して全て最新版にしたし、テーマも自分で手を加えた部分があるが一応オリジナルは最新版なので大丈夫だろう…という見切り発車でWordpressを最新版(4.9.8)にしてみた。

結果はとりあえず問題無し。
ただ、プラグインは事前に全て最新版にしていたにも関わらず十数個に更新有りを通知された。
おそらく使っていた古いWordpressに対応しているものとしては最新だったが、Wordpressをアップデートしたことで更に新しい物が見えてきた…ということだろう。

あと、「とりあえず」というのは、JetpackをアップデートしたところWordPress.comとの連携やAkismetのアクティベートが再度行う必要が有ったため。

これでWordpressシステムとプラグインは全て最新版になったので、PHP 7.1への移行を考えてみてもいいかな…と考えてみたものの、改めて互換性をチェックしてみるとプラグインの幾つかが非互換。
いずれも欠かせないため、移行のメリットとデメリットを考えた結果デメリットが多いと判断して見送り。

ところで、この作業の際にうっかり使っていなかったプラグイン(記事投稿時にSNS…設定はTwitterのみ…へ自動通知する)を有効にしてしまい、先の記事を投稿した際にTwitterに投稿してしまった。
暫くして気付いて、プラグインを無効化するとともにTwitter投稿の方も削除しておいた。

  1. ヘルメットと免許証が手元になかったので…一応私道だよ。 []

[WP] ブログエディタ(MarsEdit) メジャーアップデート … 投稿チェックを兼ねて

【この記事の所要時間: 354秒】

ブログの記事はもっぱらMacで作成・投稿している。
iPad miniやiPhoneにも環境を構築しているけれど、本体のソフトキーボードでは文字入力が少々し難いので投稿後の修正くらいにしか使っていない。(1) 
デジカメで撮った画像の取り込みや加工もMacの方が作業し易いしね。

Macでの記事作成・投稿アプリは、ブログをWordPressへ移行して以来、MarsEdit 3を使い続けている。
昨夜、AppStoreを覗いてみると、メジャーアップデートされたMarsEdit 4がリリースされていた。
有償(二週間の無償試用期間有り)だが、MarsEdit3正規ユーザーであれば割安購入とのことなので、先ずは試してみることにした。
(via;[WP] ブログエディタ お試し中

 

 

PC101869 120171210

MacBookPro/13でこの記事を作成中。
四つのウィンドウのうち、右下はChrome(WordPressの新規投稿追加画面でApp Store Insertプラグインでアプリ情報を検索中、他にも関連情報を調べたり)、残りの三つがMarsEdit 4(左下:記事一覧、左上:記事作成、右上:プレビュー)。
QuickResで2,048×1,280の疑似ハイレゾ表示にして、これだけのウィンドウを1画面内に配置している。

 

MarsEdit 3からの移行は全自動

インストールしたMarsEdit 4を起動すると、直後に今まで使っていたMarsEdit 3の設定を全て自動で引き継ぎ、投稿済み記事の取り込みも自動で行われた。
自分のブログは使い始めから暫くしてGoogle認証を使っており、MarsEdit 3で認証の設定を変更する際に結構手間取った。
今回この点が一番の心配だったが問題無くクリア。
連携しているTextExpanderの動作もOK。

 

【悲報】TextExpanderってば、いつの間に…

ところで、TextExpanderといえばいつの間にか月額課金制になっちゃってたんだな。
しかも、これまたいつの間にかDropboxやiCloudでのスニペット同期も出来なくなっちゃってるし。
自分が使っているのは、OSX版はTextExpander 3、iOS版はTextExpander 2…当然買い切りだしスニペットの同期もDropBoxで出来ている。
使用頻度がさほど高く無いこともあって、バージョンがかなり古いことによる不具合には特に遭遇していない。
MarsEditとの連携も1処理(既公開記事への引用リンクの取得⇒上の画像の直前に表示しているような)だけだしね。
他のアプリに乗り換えても良いんだけど、スクリプトが使えることが必須条件なので、とりあえずは現状維持でいこう。

 

OK♪OK♪

インストール&自動移行直後、試しに既投稿記事の誤記修正&再投稿をしてみたところ全く正常に完了した。
また、以前の環境では、プレビュー画面への実際のブログ画面表示の反映が今一つうまくいかなくて保留していたが、それも難無くOK。

 

アップグレードでお得に購入

問題無く移行出来たし、全体に見易くなって若干の高速化も感じられたので、早速購入することにした。
AppStoreでの新規購入価格は$49.99(6,000円)…内容を考えると充分妥当だけども結構高価。
MarsEdit 3からのアップグレードは$24.99(3,000円)…もちろんこちらを選択。
アップグレード価格での購入手順については、幾つかのWebサイトで詳しく紹介されているので、そちらを参照して欲しい。
一度購入手続きを済ませるとアプリのメニュー表示に出て来なくなるため、自分の環境では画面を交えた説明が出来ないため割愛…言い訳(^^ゞ

 

さてと

これで少しはブログへの投稿頻度が上がるかな?
以前(といっても既に三年半も前のこと、当時は自宅サーバ運用のMovableType環境)は毎日1記事以上投稿していたが、今(自宅サーバの不調でレンタルサーバ運用のWordPressへ移行)は多くて週に1記事…平均すると2〜3週間に1記事の投稿だろうか。
雑記や日記みたいな呟き的な内容ならそれこそSNSで充分だし(2) 、一介の平凡な会社員にはネタなんてそう無いし、貴重なネタ元だったバイクは実家に置き・キャンプ用品も大断捨離したし…。

というか…何を目指してブログなんてやっているんだろう??? 

 

 

 

MarsEdit 4
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
  1. これら機器を使った長文打ちはまずしないので、外付けキーボードを持ち回ることは無い。 []
  2. SNSを卒業したので今後この手のネタなら増えそうだけど…わざわざ記事にして公開するようなものでもないしなぁ。 []

[WP] ブログ…突然の破損と復旧

【この記事の所要時間: 430秒】

一昨日(7/22)の夜、ブログへ記事を新規投稿した後、ブラウザでリロードすると…見慣れたブログの表示ではなくエラーメッセージらしき文字列。
投稿した記事に何か記述のミスでもあったのかと管理画面で記事一覧にアクセスすると…こちらも同様のエラーメッセージが表示されるばかりで管理画面にすら入れません。
投稿した記事には別に特殊な記述は無く、数枚の画像(いずれも800×600前後の中解像度)を掲載しているだけなので、記述に問題があったとは考えにくいです。

 

これは大変そう…

まずは表示されているエラーメッセージで検索してみました。
すると、そっくり同じ現象の事例が幾つか見つかり、いずれも私の場合と同じく普通に操作(殆どは記事の投稿/更新)をしていて突然遭遇したとのこと。
バックアップから復旧した人も居れば、WordPressを新規インストールし直した人も…つまり何かを修正する程度の簡単な方法での復旧は難しそう。

尚、ftpでのファイルアクセスとphpmyadminでのデータベースアクセスは問題無く出来ます。

 

運良くバックアップを取っていました!

実は直前(当日の朝)にバックアップを取っていました。
BackWPup”というWordPressのプラグイン(無料版)を導入し、試しに取っておいたものです。

Backwpup

早速、Dropboxに残っていたバックアップファイルを展開(tar.gz)して、 ファイル群をftpで丸ごと転送し、データベースをphpmyadminでインポートしました。

祈るような気持ちでブログへアクセスすると…開けました!
管理画面にも問題無くアクセス出来ます。

ちなみに、BackWPupには有料版($75〜)の”BackWPup Pro”も有りますが、無料版で充分だと思います。
ただ、差分バックアップは欲しいかも…フルバックアップだと圧縮してもかなり大容量になりますから。

 

でも、なんだか変だぞ?

これでOK…と思いきや、なんだか様子が変。

部分的にレイアウトが崩れていて、リンク部分にマウスを触れても変化しないし(本来は色が変わる)、一部のウィジェットが無反応…。
どうやら、テーマとプラグインの一部が壊れている様子で、管理画面からそれぞれの設定ページを開くとページ上部にエラーメッセージが表示されます。(1)

また、試しに記事を投稿してみると、MarsEdit上ではWordPressからのレスポンスが無いというエラーになり、WordPressでは投稿出来ているもののカテゴリが反映されず。

思えば今回の破損が起きる前日辺りから、投稿した記事のカテゴリが反映されない、pingが送出されない、等の挙動不審が有り、もしかするとその頃から既に部分的な破損が起きていたのかも。
となると、その状態で取ったバックアップデータからリカバリしても無駄…やはりWordPressをインストールし直さないとダメかな…。

 

一条の光が!

そんなこんなで復旧させる気力が失せてしまい放置を決め込んでいたわけですが、昨日職場で何気なくDropbox(2) の中身を整理していたところ、上述のバックアップファイルとは別のフォルダ内に似たようなファイル名とサイズのアーカイブファイル(tar.gz)を発見。

もしや?と開いてみると、まさしく自ブログのバックアップファイル(データベース内容を含む)でした。
タイムスタンプは7/20の夜…挙動不審に遭遇する前の日付…恐らくプラグイン(BackWPup)を導入した直後でしょう。
これを使って戻せば正常復旧出来るかも!

それともう一つ、先の復旧作業では、ftpは「上書き」・データベースは「そのままインポート」していました。
正しくは、いずれも古いファイル/データを完全に消去してから転送しなければならないはず。
なので、今回はサーバ内の全データ(ファイル群、データベース)を完全に削除してから転送をおこないました。
これは当然の注意を怠った凡ミスですね…。

 

今度こそ直った♪

レイアウトやウィジェット、その他の挙動を含めてOK。
管理画面内で一通り操作してみても特に異常は見られず。

バックアップ時点(7/20夜)以降にテーマやプラグインを改変した部分は僅かでしたので再修正の手間は殆ど無し。

ただ、記事を投稿しただけでブログが破損したというトラウマのせいで投稿確認は未だ。
この記事が上手く投稿出来ればOKということになりますね。

 

転ばぬ先の杖

今回はたまたまフルバックアップを取っていたおかげで救われましたが、テーマやプラグインを安易に取っ替え引っ替えしていると、いつまた遭遇するか判りません。
救いの神”BackWPup”を正式導入することにして早速自動バックアップのスケジュールを組みました。
この記事の投稿に先立って手動でバックアップを実行したのは言うまでもありません(笑

そうそう、念のためキャッシュ関係のプラグインは最初の復旧作業時から全て無効にしておきました。
今後、完全復旧が確認出来るまで引き続き無効にして、再び使うかどうかは改めて考えることにします。
目先の高速化よりも安定動作が最優先ですから。

もちろん、高速化プラグインを否定するものではありません。
いずれ正常復旧が確認出来たらまた徐々に試してみたいと思っています。

 

  1. テーマは明確に破損のメッセージ有り。 []
  2. iPhoneで撮影した業務関係の写真をPCへ移す…などの用途で活用しています。 []

[WP] お色直しは何回まで?

【この記事の所要時間: 257秒】

WordPressは見た目を簡単に変えられるので、つい着せ替え感覚でいろいろ試してしまいますね。

公開されている多種多様なテーマの中から選んで、インストールと有効化をすれば即反映される…ウィジェットの再配置など多少の手間は有りますが、実に手軽です。
お気に召さなかったら、再度元のテーマを選び直せば見た目もそのまま戻るので安心。
但し、テーマによってはウィジェットの再配置や再設定が必要な場合もありました。

 

プレビューだけでは掴めない部分

テーマはインストール前にプレビューでおおよその見た目を確認出来ますが実際に有効化して適用しないと判らない部分も多いです。
例えば、ウィジェットや各種修飾系(目次、段落、メモ、等)プラグインとの相性など。

一見良い感じに見えても、

  • ウィジェットの表示が崩れる
  • 目次でページ内ジャンプすると表示が崩れる
  • 段落やメモの表示がおかしくなる
  • 部分的に表示されない

など、幾つかのテーマ/ウィジェット/プラグインの組み合わせで遭遇しました。
もちろんテーマだけに原因が有るわけではなく、それぞれの相性でしょう。

 

スタイルシートを勉強し直そう…

スキルが有る人ならテーマやウィジェット、プラグインのソースに手を加えて修正出来ますし、中には一から自分で作っている方も見掛けます。

あいにく、私はそこまでのスキルは無いので、出来合いの物を活用させて戴いて如何に仲良く(相性少なく)同居させられるか、を試行錯誤しています。

ウィジェットの表示をテーマに合わせて調整するためスタイルシートに手を加え始めました。
ただ、オリジナルを変更するとアップデートの度に再変更が必要になりますので、子テーマ化していますが…なかなか難しいものですね。
本気でスタイルシートの勉強をし直そうと考えています。

 

閲覧時の表示サイズも重要

それともう一つは、見る際の表示サイズ。

PCの場合は閲覧環境(ノート、デスクトップ、大画面)によってブラウザの横幅が様々です。
幅が広い分には余り問題はありませんが、狭いと特にサイドバー内が圧縮されて表示が大きく崩れる恐れがあります。

タブレットの場合はPC向けのテーマを同じですが、サイドバー部分が全て本コンテンツの下に配置されるため、圧縮による表示崩れは無いものの間延びした感じになりバランスに影響します。(1)

スマホ向けには”WPtouch Pro“(プラグイン)を使って専用のテーマで表示しているため今回の試行錯誤の影響は出ていない(はず)です。(2)
ちなみにWPtouch Proでは、最初に設定されていた”BAUHAUS”というテーマが気に入ってそのまま使い続けています。

 

ひとまず、このテーマでいこう!

見た目弄りは雰囲気が変わるので極たま~になら新鮮味も有って良いですが、余り頻繁に・大幅に変えると見る側にとってはただ見難いだけになる危険が有ります。

今(本記事の投稿時)使っているテーマ”Follet”は、PCの比較的狭い横幅表示でもレイアウトの崩れが無く、タブレットでの縦画面表示時にサイドバー部分がページの下の方に配置されることも無くてPCと同じレイアウトで表示してくれます。
まだ細部の調整が残っていますが、大いに気に入りました。

 

  1. iPad mini Retina(Safari、Mercury)で確認。 []
  2. 手持ちはiPhone 5sのみなので他機種は未確認。 []

[WP] WordPressの使い勝手は非常に良し♪

【この記事の所要時間: 313秒】

ブログ移転に伴ってWordpressを使い始めて二週間近く経ちました。
(via;⇒ ブログ移転のご挨拶
(via;⇒ [WP] ブログ事始め(再)

 

取っ付き易さ

移転理由は、それまでブログを運用していた自宅サーバ(PowerMacG4Cube)が突然の不調に陥ったため。
それが無ければ手間の掛かる移転をしようなんてまず考えなかったでしょう。
なので、移転を考え始めた時にはWordpressに対する予備知識は全く無く、自宅サーバで使っていたMovableTypeの最新版にしようか、それともこの機会にWordpressを試してみようか…決めかねていたほどでした。

急遽、軽く情報収集した際に興味が有る機能やカスタマイズに関したキーワードで検索したところ、Wordpressの方がヒット率が高かったことからWordpressに決めた次第です。
予備知識に乏しく、特に下調べも無しで決めたにも関わらず、いざ決まると後は比較的すんなりと導入出来、少なくとも初期段階での敷居は低いと感じました。

 

デザイン弄りの容易さ

初期設定を済ませた後の最初の関門がデザイン作りですが、豊富に用意されているテーマの中から好みの物を選んでインストールすれば基本的にはOK。
もちろん細かい部分を変えたい場合はソースファイルやスタイルシートに手を加える必要がありますが、大まかな外観作りなら非常に簡単に出来ました。
反映が速いので結果をチェックしながら微調整出来るのが楽ですね。

 

カスタマイズの容易さ

機能やコンテンツの追加・変更も様々なプラグインやウィジェットを使う事で容易に対応出来る点にも感心しています。
設定は全てWebブラウザ上からGUIなので判りやすいのが良いです。
見た目を変えるためにスタイルシート(子テーマ化)には少しずつ手を加えていますが、ソースファイル(PHP)は一切加工する必要がありませんでした。

 

速い!

記事の投稿がとにかく速いのが嬉しいです。

旧ブログも構築当初は非力なマシンパワーの割りには反応が速く、記事の投稿もサクサク出来ていましたが、記事数が数千になると明らかに遅くなり、数年ほど前からはほぼ毎回、記事の投稿中にタイムアウトエラーになってしまうようになりました。
エラーになっても再構築(これも時間が掛かる)すれば投稿自体は反映されているものの、投稿操作から反映完了まで十数分〜数十分掛かるのもザラ。 
修正はもちろん新規投稿でさえ億劫に感じてしまうほどでした。

対して新ブログでは大袈裟では無くアッという間に反映されるため、投稿後に誤字脱字に気付いても修正再投稿がし易いです。(1)

 

弊害?

余りに簡単に弄れてしまうため、頻繁にデザインやコンテンツを弄ってしまいそうになります。
プラグインも今の状態に落ち着くまで結構試行錯誤してきました。
頻繁な変更は訪れた方々に見難い印象を与えてしまいますので要注意ですね。
まぁ、今はほぼ落ち着いたので、もう頻繁に変えることは無いでしょう。

 

結果として

自宅サーバの不調というキッカケが無ければブログを移転することもWordpressに触れることも恐らく無かったでしょう。
ブログが途切れてしまったのは残念ですが、結果としてより良い環境になったことは歓迎です。
これで旧ブログのコンテンツを全て移行出来れば言うこと無しですけど…難しいでしょうね。

 

謝辞

取っ付き易くて弄り易いシステムとはいえ、素人が短い期間でほぼ思った通りの出来映えに仕上げることが出来たのは、詳しく・そして判りやすい解説を公開して下さっている数多くのサイトのおかげです。
こんな場で恐縮ですが、本当に有り難うございます。

いずれは使っているプラグインの紹介もしたいですね。

  1. プラグイン(WordPress ping Optimizer)で短時間内の再投稿ではPingを飛ばさないようにしています。 []