[X-Pro2] ファームウェアアップデート & また増えた♪

【この記事の所要時間: 242秒】

久しぶりにX-Pro2のファームウェアがアップデートされた。
今回はVer.4.01からVer.5.0へのメジャーアップデートということで、結構盛り沢山の内容になっている。

 

P7212148 20180721

 

主な追加・更新内容…詳細は上記のリンク先を参照。

  1. 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
  2. フリッカー低減機能追加
  3. フォルダー選択・フォルダー作成機能追加
  4. 像面位相差AF性能の向上
  5. カメラ設定の保存・読み出し機能にカスタム登録/編集の設定内容を追加

情報表示内容の拡大とカスタマイズは撮影時の見易さ向上に大きく役立ちそう。
フリッカー低減機能は蛍光灯など照明によるちらつき軽減に有効だが、使用すると電子シャッターが使えなくなる。
フォルダー作成/選択は画像を分類する際に便利。
像面位相差AF性能は暗所でのAF速度と精度が大きく向上し、また、望遠レンズでも像面位相差によるAFが可能になった。
カスタム登録/編集の保存・読み出し対応は様々な設定を切り替えて使う場合に非常に嬉しい機能だ。

早速アップデートして、室内での物撮りで軽く使ってみた。
上に挙げたポイントの内、フリッカー低減とAF性能向上は使用環境(明るい昼間でMFレンズ使用)の関係で未確認。

一方、ちょっと気になった点がある。
それは電子ビューファインダー内表示のチラつき?カクつき?
覗きながらレンズの向きを変える(流す)と表示が結構遅れてカクつき、またテレビの画面に向けるとかなりチラつく。
以前(Ver.4.01)ではここまで目立たなかったと思う。
自分の場合は主に風景や物撮りなので実用上問題があるほどではないけど(それでも気にはなるが…)、動体撮影ではどうだろう?

 

それはさておき、久しぶりにX-Pro2を手に取ったついでにレンズと一緒に並べてみた。

 

P7212149 20180721

CONTAX Gレンズ三兄弟♪

他に純正レンズ「XF10-24mm/F4 R OIS」も居るけれど、今回はドライボックスで休眠中。
(via;[X-Pro2] 念願の超広角ズームレンズを手に入れた♪ … XF10-24mm/F4 R OIS
(via;[Photo] ドライボックス購入

 

 

CONTAX G Sonnar T* 90mm F2.8

P7212150 20180721

いつの間にか増えた一本。
(via;[X-Pro2] X-Pro2でツァイスレンズを使いたい!
(via;[X-Pro2] X-Pro2でツァイスレンズを使いたい!… 増えた

焦点距離は換算で135mmになり、中望遠として程良い距離感。
これもまた、metabones製マウントアダプタを追加購入し専用品として常時装着している。

 

P7212152 20180721

長いけど、ボディ自体の横幅があるのでそれほど突出した感じではない。

 

P7212151 20180721

フードを装着すると流石に長い。

 

P7212153 20180721

フードは逆向きにして被せておけるので、持ち回り時に邪魔になりにくい。
但し、フード内側の起毛素材による軽い抵抗だけで留まっているため、激しく振ると抜け落ちる恐れあり。

 

P7212154 20180721

フードを被せた状態でもレンズキャップを嵌められる。

 

 

そろそろ写真散歩にも出掛けたいけれど、この猛暑では無理。(1) 
被写体(花)も殆ど無いし。
紅葉のシーズンまでお預けかな。

  1. 今年は紫陽花の撮影にも出掛けなかったな…。 []

[Photo] マクロコンバージョンレンズ購入

【この記事の所要時間: 256秒】

草花の撮影をする際に欲しくなるのが「大きく撮れる」レンズ。
一般的にはマクロレンズになるが、流石にレンズ一本を新調するのは懐への負担が大きいので、お試し的な意味も含めて手持ちのレンズとコンバージョンレンズを組み合わせてみることにした。

幾つかあるコンバージョンレンズ/コンバージョンアダプタの中から評価が高く実売価格がお手頃な「raynox DCR-150」を選択。
Fujifilmのミラーレスデジカメ&CONTAX Gレンズとの組み合わせで使用されている方の紹介記事を目にしたことでも背中を押されたかな。

 

P7011464 120170701

 

 

raynox マクロコンバージョンレンズ DCR-150

P7011452 120170701

P7011453 120170701

一見すると海外製品のようなパッケージだけども…メーカーと製造(マクロ接写レンズ、フリーサイズアダプタ)、ついでにパッケージの印刷も全て日本。(1)

 

構成品

P7011454 120170701

樹脂製ケース(左上)にマクロ接写レンズ本体(右上)とフリーサイズアダプター(右下)が収納さている。
取扱説明書(左下)は英語と日本語で記載されている。

 

P7011456 120170701

取扱説明書に掲載されている構成図。
ベースレンズのフィルタ径がφ43mmならマクロ接写レンズを直接装着出来る。
上記以外でフィルタ径がφ52mm〜φ67mmならフリーサイズアダプタを介して装着する。 

 

マクロ接写レンズ

P7011455 120170701

マクロ接写レンズ本体と前/後キャップ。

 

P7011459 120170701

P7011460 120170701

マクロ接写レンズは直径53mm×厚18mm、自身のフィルタ径はφ49mm。
レンズ構成は2群3枚、鏡筒は金属製で重さは50g。

 

フリーサイズアダプタ

P7011457 120170701

P7011458 120170701

左右のノブを押して爪を狭めて、ベースレンズのフィルタやフードに合わせてノブを離すことで装着する。
一部のレンズキャップやフードで見られる仕組みだ。
爪を押さえるスプリングは結構強くて、ベースレンズにしっかり装着出来る。 

 

使用準備

P7011461 120170701P7011462 120170701

フリーサイズアダプタにマクロ接写レンズをネジ込むだけ。

 

P7011463 120170701

前レンズキャップは装着出来るが、後レンズキャップは装着不可。

 

 

装着

P7011465 120170701

P7011466 120170701

X-Pro2とCONTAX G.Planar T* 2/35(metabones製マウントアダプタ経由)に装着。

製品の推奨レンズは35mmフィルム換算値で75mm以上だけど、ユーザーの使用例ではより短い焦点距離のレンズでも特に問題は無いようなので大丈夫だろう。(2)

 

 

試し撮り

高さ5cmほどの鳥の置物を被写体にして撮り比べてみた。

 

DSCF0306 20170701

マクロコンバージョンレンズ未使用。
このレンズの最短撮影距離(レンズから被写体までの距離…約50cm)で撮影した。 

 

DSCF0307 20170701

マクロコンバージョンレンズ使用。
こちらも最短撮影距離(21cm)で撮影した。
ここまで寄れるので、より焦点距離が長いレンズであればかなり効果的だろう。

 

ベースレンズの先端に装着するで、単体のマクロレンズや、ボディとレンズの間に装着するコンバージョンアダプタと違って着脱の手間が掛からないのが良い。
フリーサイズアダプタ込みでもコンパクトなため、カメラバッグの片隅に常備しておける。
他の方の作例を見ると、画質の低下や周辺のケラレも殆ど気にならないのも良いね。

 

 

 

 

 

  1. raynox(レイノックス)はブランド名。 []
  2. G.Planar 2/35の換算焦点距離は52.5mm。 []

[X-Pro2] X-Pro2でツァイスレンズを使いたい!… 増えた

【この記事の所要時間: 330秒】

先日、マウントアダプタを購入して、手持ちのCONTAX G Planar 2/45をX-Pro2に装着した。
その姿や操作性(ピントリングの感触)に改めて惹かれて、試し撮りの結果にも大満足。
(via;[X-Pro2] X-Pro2でツァイスレンズを使いたい!
(via;[Photo] 写真散歩 @横浜・四季の森公園

 

そしてふつふつと沸いてきたのが同じGシリーズの他レンズに対する物欲。
CONTAX Gシリーズ用純正レンズには、このPlanar 2/45の他に16mm/21mm/28mm/35mm/90mm/35-70mmのラインアップが有る。
この内、16mmと35-70mmはmetabones製のマウントアダプタが対応しておらず、21mmと28mmは改造(後端のレンズガード切削)が 必要なため、手軽さ優先での選択肢としては35mmと90mm。
尤も16mm/21mm/28mmはかなりの高値相場だし35-70mmはレンズがやや暗いため元々対象外ではあるが…。 

90mmをX-Pro2に装着すると換算で135mm…中望遠として定番の画角なのが魅力。
一方、35mmの方は換算で52.5mm…これも好きな画角。(1) 
ちょっと迷ったものの、今回は標準距離域にしよう…というわけでG Planar 2/35を次期購入候補にして探し始めた。

ネットの中古ショップやヤフオク!を一通り眺めてみると玉数は割と豊富なものの、程度の良い物となるとやはり高値相場。
以前は格安だったんだけどね…ミラーレスデジカメでの活用が広まってから一気に相場が上がってしまった。
まぁ、おかげでマウントアダプタが一般的になって選択肢も増えたし、レンズ自体も相場は上がったものの程度の良い物が出てくるようになったわけだけども。

で、とあるネットショップで付属品(前後キャップ)とオプションの純正フィルタ/フード/被せキャップが揃っている美品を掲載直後に見つけて、価格も充分想定内だったので即購入。
元箱や説明書はあいにく無かったけれど、届いた物を精査すると外観・内部とも文句無し。
しかも半年保障が付いているので安心…この辺はやはりショップ購入のメリットだね。 
ちなみに2/45はヤフオク!入手だったけど、この2/35と同等の程度の良さで満足している。

 

 

P6181434 120170618

G Planar 2/45装着時の写真とほとんど変わらないので新鮮味は薄いかも(^^ゞ

実はブラックモデルも考えたけれど、滅多に見掛けないし、たまに有ってもかなり高額だし…ブラックボディとシルバーレンズの組み合わせは好きなのでこれでいいかな。 

 

P6181436 120170618

2/45とツーショット。

こちらもmetabones製のマウントアダプタ。
他社製のマウントアダプタであればアダプタをボディに装着したままでレンズだけを容易に交換することが出来る。
対してmetabones製はボディからマウントアダプタごと取り外さないとレンズの固定レバーが操作出来ないし、ピントリング連動軸の噛み合わせが微妙なため、レンズを着脱する度に調整が必要になってくる。(2)
実際、2/45の時も今回の2/35でも最初の内は引っ掛かりや擦れなどが多発し、何度か装着し直した結果絶妙な感触に出来たため、付け替えでの調整やり直しはしたくないという気持ちが大きい。
着脱を繰り返すことでレンズ(特にマウント)への影響も気になるしね。
なので、けして安価な物では無いけれど、使い勝手を考えてレンズ専用として追加購入した次第。 

 

P6181440 120170618

ちょっと判り難いけどサイズ比較。

2/35のレンズ(内筒)を全て伸ばした状態で、レンズを全て縮めた2/45とほぼ同じ長さになる。
上の写真はいずれも全て縮めた状態。

 

 

 

 

  1. 銀塩の頃から50mm前後が好きで、F3/Tを使っていた頃は定番の50/1.4、GN-Auto 45/2.8、Noct 58/1.2の三本を同時期に持っていた。 []
  2. 一度調整が仕上がると後は安定して快調だけどね。 []

[Photo] 写真散歩 @横浜・四季の森公園

【この記事の所要時間: 151秒】

DSCF0239 20170603

 

そろそろ紫陽花の季節、通勤路でも既に満開状態で見掛けるようになってきた。
紫陽花といえば身近なのが横浜・四季の森公園…先日マウントアダプタを購入してX-Pro2に装着したCONTAX G-Planar 2/45の試し撮りを兼ねて、写真散歩へ出掛けてきた。
菖蒲も咲いている頃だろう。
(via;[X-Pro2] X-Pro2でツァイスレンズを使いたい!

 

 

いつものようにX-Pro2での撮って出しにLightroomでリサイズと電子透かしを追加したのみ。
今回は他社製レンズをマウントアダプタ経由で装着しており、レンズ情報(名称、絞り値)が記録されないため電子透かしに表示されないが、名称のみLensTagger(Lightroomプラグイン)とExiftoolで書き換えている。
絞り値は撮影の度に手作業でメモしておくしかなさそうで今回はおサボり(^^ゞ

 

 

レンズの感想

緑色の出方がまさしく昔から好きだったこのレンズの味。
重なり合った葉の奥行き感や丸くなった花の立体感など、改めてこのレンズの描画に惚れ直した♪
もう少し寄れれば…と思うことも有るけど、換算68mmの焦点距離で多少は補ってくれるかな。 

 

 

マウントアダプタの使用感

噛み合わせ調整の結果、元々かなり滑らかだったが、今日暫く撮っているうちに、初めほんの微か感じていた僅かな擦れ感も解消して実にスムーズ。
また、妙な粘りが無く、かといってスカスカというほど軽くも無い絶妙な感触で、細かいピント合わせがし易かった。
ただ、X-Pro2のフォーカスピーキングで合焦色を水色にしているが、被写体が青系統の場合ちょっと判り難かった。
合焦色を簡単に変更出来れば便利かな。 

他には、マウントアダプタのフォーカスリングは幅広でやや太目のため、レンズを持った際の安定性が良かった。
CONTAX Gレンズは小振りなため、X-Pro2のようなやや大きめのボディとの組み合わせだと持った際のバランスが今一つなのだが、このマウントアダプタでちょうど良い感じになっている。

 

[X-Pro2] X-Pro2でツァイスレンズを使いたい!

【この記事の所要時間: 437秒】

以前、マイクロフォーサーズのボディで使いたくてCONTAX G Planar 2/45を再入手した。(1) 
(via;Lumix DMC-GX7 … マイクロフォーサーズでツァイスレンズを使いたい!

その後X-Pro2へ乗り換えた際にボディ(E-M1、DMC-GX7)とレンズ一式を手放したものの、このレンズだけはまたいつか使いたいと残しておいた。
X-Pro2に対応したマウントアダプタを購入したので、早速装着♪

 

P5271397 120170528

 

 

metabones製マウントアダプタ

P5271387 120170528

CONTAX G⇒Fujifilm Xに対応したマウントアダプタとしてメジャーなのはKiponとmetabonesの製品。
他にKipon製と良く似た格安製品(デッドコピー?)が幾つか出ているが、評価がかなり芳しくないため当初から検討対象外にした。

Kipon製は以前マイクロフォーサーズで使っていたが、肝心のフォーカス操作で三点ほど不満が有ったため今回は選外へ。
・フォーカスリングが薄い上にボディに接近しているため掴み難い。
・レンズリリースレバーがフォーカス操作の際にちょうど指に干渉する位置に有り回し難い。
・フォーカスリングの回転で引っ掛かりは無いものの妙な粘りがあって細かい調整がし難い。

そして選んだのが、metabones製のマウントアダプタ(MB_CG-X-BT1)

 

P5271388 120170528

付属の説明書は至極簡単な内容。
このマウントアダプタは装着に若干コツが必要なので、上記のショップサイト内からリンクされている着脱動画などを参照した。

 

P5271389 120170528

レンズ装着側。
刻印末尾の「T」が新型の証し。

 

P5271390 120170528

ボディ装着側。
切削やメッキは結構良い感じ。
ちなみに香港製。(2)

 

P5271392a 120170528

レンズ装着側の細部。
レンズ側の凹部に掛かる固定爪と、レンズ側のフォーカス機構と連動する軸が有る。
また、下部(ボディ側寄り)の内面には光の乱反射を抑えるフロックコーティングが施されており、これが新型での変更点。

 

P5271391a 120170528

固定爪の位置を合わせた後、このスイッチをLOCK側にスライドしてロックする。
この位置合わせとロックが不十分だとマウントからレンズが脱落する恐れがあるため要注意。

 

 

レンズを装着

P5271393 120170528

P5271394 120170528

CONTAX G Planar 2/45を装着。
マウントアダプタの仕組み上、先にレンズを装着し次にボディへ装着する。
装着自体は割と簡単に出来たが、 フォーカスリングとの結合調整(連動軸の噛み合わせ)で数回試行錯誤した。
初めて装着した時はフォーカスリングを回すと全体に重く、また数ヶ所で妙な引っ掛かりを感じてとても実用に耐えず。
マウントアダプタを外し、フォーカスリングを僅かに回して(連動軸の角度を変えて)再装着…まだ僅かに引っ掛かりや擦れを感じる。
これを数回繰り返したところ、上手く噛み合ったらしく見違えるほど動きが滑らかになった。

 

 

ボディへ装着 

P5271395 120170528

P5271396 120170528

ブラックボディにシャンパンゴールドのレンズがいいね♪
他機種用のマウントアダプタにはシャンパンゴールドのモデルも有るけど、個人的にはブラックの方がスッキリまとまる感じ。
レンズの長さや太さなどサイズのバランスも良いかな。

 

さて、マウントアダプタを介してレンズを装着した場合にはボディ側で幾つか設定をする必要がある。

P5271422a 120170528

焦点距離の登録。

メニュー ⇒ 撮影設定(2/2) ⇒ マウントアダプタ設定 ⇒ レンズ登録

レンズ1から4までは固定設定のため、レンズ5か6に登録する。
尚、焦点距離はレンズに記載されている数値を入力する。
実際の焦点距離は1.5倍になるため、このレンズ(45mm)では67.5mmになる。 

 

P5271424a 120170528

レンズなしレリーズの設定。

メニュー ⇒ セットアップ ⇒ 操作ボタン・ダイヤル設定(1/2) ⇒レンズなしレリーズ

ON(有効)に設定する。

 

 

注意点

P5271415a 120170528

P5271416a 120170528

このマウントアダプタはフォーカスリングの外径が大きく、ボディの底面から2〜3mm飛び出している。

 

P5271418a 120170528

また、カメラのマウント面に接するリングも外径がやや大きい。

 

このため、ボディ底面に被さるタイプのカメラベースやクイックシュー、ボディケース類が干渉する恐れがある。

 

P5271417a 120170528

愛用のJ.B. Camera Designs製グリップ付きカメラベースも僅かに干渉して削れてしまった。
まぁ、マウントアダプタに隠れて見えなくなるので気にしなきゃ気にならないけれども。 

 

 

 

試し撮り

DSCF0228 20170527

右下の撮影情報には焦点距離の換算値(67.5mm)が表示されているが小数点以下が四捨五入されている。
また、絞り値がレンズから伝わらないため「1」固定になる。 

フォーカスリングの動きがとにかく滑らかで小指一本でも難無く回せるほど。
粘りも程良くて、以前E-M1で使っていたNOKTONと比べてもけして見劣りしない…というと少々言い過ぎだろうか(^^)
(via;[E-M1] 念願のマニュアルレンズを手に入れた♪ … NOKTON 25mm F0.95

他のCONTAX Gレンズも欲しくなるね。
とはいえ、このマウントアダプタは着脱(噛み合わせ調整含む)の手間が掛かり、レンズ毎に専属品が欲しくなるので、レンズと合わせるとそう簡単には買い足せないけれども。

  1. 大昔、CONTAX G2を使っていた時に常用していたレンズ。 []
  2. 旧型の紹介記事では日本製という説明もあったが、本新型ではケースにMade in Chinaの記載がある。 []