LEDランタン新調そして電球色化 … ブラックダイヤモンド アポロ

【この記事の所要時間: 54秒】

手持ちのLEDランタンのうち小型の物(ジェントス EX-737NX)が破損してしまい、自力修理も難しいため新調しました。

 

 

LEDランタン

P8300056 20150830P8300057 20150830

購入したのはブラックダイヤモンドのアポロ。
発売当初から気にはなっていたのですが、やや高価なことから見送り、その後は明るくて使い勝手が良く安価な製品が国内メーカーから色々登場したこともあって、いつの間にか購入候補から外れていました。
今回購入を決めたのは名前の由来にもなっている独特な構造。
上から吊さずに直接テントフロアやテーブルの上に置いても発光点が適度に高く、且つ、携行し易いコンパクトな物…という条件にピッタリ合ったのが、このアポロでした。

 

電池ボックス

P8300061 20150830

使用電池は単三×4本、僅かに全長が長いエネループも問題無く使用出来ます。
電池ボックスは別体タイプになっていて、底蓋に負荷を掛けません。 

 

バッテリーインジケーターと電源スイッチ

P8300064 20150830

前面には、バッテリー残量インジケーターと電源スイッチがあります。

バッテリー残量インジケーターは右から緑色・黄色・赤色の三色が配置されていて、残量に応じて点灯します。
・緑色(右)… 残量 >50%
・黄色(中)… 残量 20〜50%
・赤色(左)… 残量 <20% 

専用のバッテリーを使用すると本体で充電出来、その場合は充電状態を通知します。
・緑色(右)… 充電量 85〜100%
・黄色(中)… 充電量 < 85%
・赤色(左)… 充電量 < 30%
ちなみに、二枚目の写真で下の方にある黒いボタン状のカバーを開けると充電用端子が現れます。

 

輝度調節(ディマー機能)

P8300062 20150830P8300063 20150830

電源ボタンを長押しすると光量を下げることが出来ます。 ((明⇒暗の一方向のみで、明るくする場合は再度電源を入れ直します。)) 
・最大輝度(点灯直後)… 80ルーメン/連続点灯時間:最大15時間/最大照射距離:10m 
・最小輝度 … 20ルーメン/連続点灯時間:最大60時間/最大照射距離:2m
最小輝度は常夜灯に良い感じです。

 

使い勝手の良いフック

P8300065 20150830P8300066 20150830P8300067 20150830

デザインの他にも特徴的なのがこの天面にあるフック。
独立して動く二つのフックが向かい合わせになっている構造のため、S字フックやカラビナ等を使う事なく、ループや張ったロープに確実に引っ掛けることが出来ます。

 

サイズ四変化

P8300058 20150830P8300059 20150830P8300060 20150830P8300080 20150830

使用時は三番目か四番目のスタイルですね。

 

サイズ比較

P8300070 20150830P8300069 20150830

手持ちのLEDランタン(大型の方…ジェントス EX-777XP)とのサイズ比較。
収納状態(直径φ75mm×高127mm)ではかなりコンパクトながら、使用状態(直径φ75mm×高240mm)では結構大きく感じますね。
但し、777XPの使用電池は単一×3本なので重量的にはかなり軽量化されます。

 

 

電球色化

一点惜しいのが発光色…白いというか青白くて寒々しい感じです。
自分の好みは電球色なので、ちょっと加工することにしました。
方法は最も手軽な色セロハン貼り付け。

 

P8300074 20150830P8300075 20150830

上部にある三本のマイナスネジを外して天面と反射板を取り外すと、発光部分が現れます。
この部分に色セロハンを貼り付けます。

 

P8300072 20150830P8300076 20150830

用意した色セロハン(カメラ用ストロボのカラーフィルター)と貼り付け用の両面テープ。
一円玉は型取り用です。
色セロハンを両面テープで一円玉に貼り付けて、一円玉の縁に合わせて切り抜きます。

 

P8300077 20150830

切り抜いた色セロハンを発光部分上面に貼り付けます。
尚、今回使った両面テープは透明性が高く、簡単・綺麗に剥がせます。 

後は、反射板と天面を元通り取り付ければ出来上がり。 

 

P8300078 20150830

発光色は写真ではかなり黄色味がかっていますが、実際は程良い感じの電球色です。

 

P8300073 20150830P8300079 20150830

ビフォー・アフター。

 

P8300081 20150830

なかなか良い感じになりました。

 

 

余談(LEDランタンの破損)

P8300054 20150830P8300055 20150830

破損内容は底蓋の破断。
ここは電池の押さえを兼ねているため結構な負荷が掛かります。

硬質ゴム(外側)と軟質樹脂(内側)という異なる素材が使われており、外側と内側が分離出来ない上に独立して回転する構造のため、 簡単には接着出来ません。
上の写真では両方の素材に対応した接着剤を使いましたが、接着後二週間以上経過しても固着していません。

既に廃番品ですが、ほぼ同じ後継モデル(ジェントス EX-837NX)が出ているので、もしかすると底蓋を流用して直せるかもしれませんね。
メーカーの修理窓口に問い合わせてみようと思います。
このLEDランタンも小型で明るくてお気に入りなんですよ。