SDRplay RSPdx導入

【この記事の所要時間: 433秒】

ふと、パソコンでリモート操作出来るワイドバンドレシーバーが欲しくなった。
ほぼ一年前に導入したKiwiSDRもパソコンでリモート操作出来、その操作がWebブラウザ経由のためパソコン以外にタブレットやスマホで使えて、インターネットを介して外からもアクセス出来る…が…受信周波数範囲は0〜30MHz、もう少し上のFM放送や航空無線も聴きたい。
⇒【KIWISDRでラジオサーバー構築

[FT-818] FT8運用環境をパワーアップ♪

【この記事の所要時間: 443秒】

今年5月にFT-818用USB-I/F「Pocke IF817Ⅱ」を入手出来、FT-818購入当初からの念願だったFT8運用のリベンジを果たした。
その後、FT-818本体に折り畳みアンテナ基台を装備し、モバイル運用環境の構築が更に進む。
⇒【[FT-818] FT8運用リベンジ♪
⇒【[FT-818] 折り畳みアンテナ基台作成

FT8運用に欠かせないPCには、既にIC-705との組み合わせで使うためにバッテリー運用に対応した専属のラズパイを構築済みで、FT-818との組み合わせでもミニマムながら使い勝手の良い環境に仕上がったと思う。
⇒【[RASPBERRY PI] GPIOの学習を兼ねて色々盛って作ってみた
⇒【[RASPBERRY PI] ラズパイとIC-705/IC-7300でFT8運用環境(JTDX)

[FT-818] 折り畳みアンテナ基台作成

【この記事の所要時間: 1214秒】

FT-818でラジオを聴いたりGAWANT等のコンパクトなアンテナで手軽に交信をする際に、アンテナを本体に直接装着してFT-818自体の傾き(ESCORTのスタンド使用/未使用)に応じて角度を可変して垂直に立てて固定出来、使わない時には(短いアンテナなら装着したままで)FT-818の側面に沿わせて倒しておけるアンテナ基台が欲しい。
更にそれほど嵩張らず見た目も良ければ言うことなし。

[FT-818] FT8運用リベンジ♪

【この記事の所要時間: 635秒】

アマチュア無線は永らくコールサインを維持するだけの開店休業状態だった。
それが実運用を再開する大きなキッカケになったのが、FT8というデジタル運用の存在。
無線機とPCをUSB接続し、PCにインストールしたアプリで交信するというもの。
無線への興味はすっかり薄らいでいたけれど、PCと連携して操作・交信するという点に面白さを感じて、早速試してみることにした次第。